CORISMトップレビュー一覧 > トヨタ

レビュー一覧 【トヨタ】

記事数: 82件
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
なんと61.0㎞/L!【トヨタ プリウスPHV試乗評価】
まだまだ高価だが、EVとガソリン車の間を...

なんと61.0㎞/L!【トヨタ プリウスPHV試乗評価】
まだまだ高価だが、EVとガソリン車の間を埋める最良の手法が充電プリウスPHV

『まだまだインフラに依存するEVよりも、現実的な選択がPHV』  次世代の環境性能車と言われるプリウスPHV(プラグインハイブリッド車)が、一部の法人向けリースに続いて一般ユーザー向けの販売を始めた。  プリウスPHVの基本はプリウスで、プリウスをニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変更した上で、搭載量を増やした。これによって、日常的な走りなら充電された...
【トヨタ】2012/05/28
MTに乗る男子(オジサンも)はカッコいい!【トヨタ86試乗評価】若者のクルマ離れは、私が止める!?女...

MTに乗る男子(オジサンも)はカッコいい!【トヨタ86試乗評価】若者のクルマ離れは、私が止める!?女子高生、海野良子が助手席でチェック!

『夢見てたトヨタ86に乗る自分の姿』  みなさん、こんにちは! 女子高生自動車レポーターの海野良子です。今回は、「今か今かと待っていた86!!ついに試乗してきました!」  なぜ、"今か今かと待っていた"のかと言いますと・・・、東京モーターショーで展示されていたトヨタ86に一目惚れなんです(*⌒∇⌒*)テヘ♪。とにかく、早く実際に走っている...
【トヨタ】2012/05/06
オヤジ世代の懐古主義的スポーツカー【トヨタ86試乗評価】

オヤジ世代の懐古主義的スポーツカー【トヨタ86試乗評価】

『派手でもなく地味でもない、オヤジ心をワシづかみする絶妙なスタイル』  86と言えば私の年代はAE86のレビン、トレノを連想し、ラリーやレース・シーンでの活躍が懐かしい。漫画のイニシャルD(しげの秀一作)で主人公の乗る86がドリフトで強敵に勝つシーンを見て、86のファンになった平成生まれの若い人もいるだろう。その86が「トヨタ86」として復活し、我々のオヤジ世代に...
【トヨタ】2012/04/23
待望のハイブリッド車が登場! 圧倒的な静粛性【トヨタ アルファード/ヴェルファイア ハイブリッド試乗...

待望のハイブリッド車が登場! 圧倒的な静粛性【トヨタ アルファード/ヴェルファイア ハイブリッド試乗評価】

『待望の最高級ハイブリッドミニバンがデビュー! だが、重い・・・』  とにかくデカくてインパクトのあるミニバンとして人気を誇ってきたアルファード/ヴェルファイア。しかし、イッキに迫り来るエコの波には勝てず、このクラスのミニバン人気も徐々にかげりを見せてきた。  2トン級ボディのクルマを買うという時点で、あまりエコなイメージはしないのだが、マーケットのニーズは...
【トヨタ】2012/03/08
【トヨタ アクア試乗評価】女子高生レポーター、世界最高燃費のアクアを助手席で評価する!

【トヨタ アクア試乗評価】女子高生レポーター、世界最高燃費のアクアを助手席で評価する!

『トヨタ アクアの試乗評価レポート』  世界トップの「JCO8モード走行燃費35.4km/l(10・15モード走行燃費40km/l)」、「車両価格169万円から」、「スタイリッシュなボディ」、「エコカー減税・補助金」などアクアは売れるキーワードが満載である。実際にアクアの注目度は高く、発売1ヶ月で受注台数が10万台を越えた。  操縦性は一言で言えば「とてもイ...
【トヨタ】2012/02/08
燃費とハンドリングを楽しむスポーティなプリウス【トヨタ プリウスG's試乗評価】

燃費とハンドリングを楽しむスポーティなプリウス【トヨタ プリウスG's試乗評価】

『高年齢層のプリウスイメージを大きくイメチェンさせる若々しいスタイリング』  G’s(ジーズ)はトヨタのスポーツシリーズの名称である。「意のままに操る喜びを」を掲げ、テストドライバーがサスペンション、ボディ剛性、シート、ペダルまで手を入れてトータルにチューニング。今回試乗したプリウスG’sはS“ツーリングセレクション”をベースにチューニングした特別のプリウスである...
【トヨタ】2012/02/07
2月2日発売決定! 走りを楽しみドライバーを育む懐の深いスポーツカー【新型トヨタ86 プロトタイプ試...

2月2日発売決定! 走りを楽しみドライバーを育む懐の深いスポーツカー【新型トヨタ86 プロトタイプ試乗評価】

『ついに発表! トヨタ86、その概要と価格は?』 ■200万円を切ったグレードも? 10年後の名車を目指し、期待を背負ったFRスポーツカー【新型トヨタ86新車情報】 『アフターマーケットがトヨタ86を成長させる?』  トヨタ86(ハチロク)は、伝説の名車ともいえるAE86型トレノ・レビンの型式に由来している。もちろん、それだけを意識しているわけではなく、水平対向エ...
【トヨタ】2012/01/10
隙のない完成度と低燃費を誇るハイブリッドシステム【トヨタ カムリ ハイブリッド試乗評価】

隙のない完成度と低燃費を誇るハイブリッドシステム【トヨタ カムリ ハイブリッド試乗評価】

『大きなアメリカ向けの設定で、国内では売れないトヨタ カムリ』  カムリがフルモデルチェンジを受け、ハイブリッドのみのバリエーションになって登場した。従来のモデルては北米ではガソリン車とハイブリッド車があったが、国内ではガソリン車だけの設定、今回は国内をハイブリッド車だけに変更してきた。  カムリは世界的にトヨタの稼ぎ頭ともいえるクルマで、アメリカでは長くベ...
【トヨタ】2011/11/01
トヨタ アベンシス試乗評価 圧倒的なコストパフォーマンス!

トヨタ アベンシス試乗評価 圧倒的なコストパフォーマンス!

『イギリス生まれのトヨタ車』  トヨタ アベンシスと聞いて、すぐにどんなクルマか分かる人は、かなりのクルマ好きだ。それほど、先代モデルも地味だった。しかし、イギリスで生産され主戦場をヨーロッパとしているだけあり、走りの質感は他のトヨタ車とは違うヨーロピアンテイストあふれていた。    今回投入された3代目トヨタ アベンシスは、ワゴンのみ。セダンが売れない日本に...
【トヨタ】2011/08/12
【トヨタ 新型 ヴィッツ 試乗評価】万人ウケ狙い、しかし没個性のキャラは「吉」と出るか「凶」と出るか...

【トヨタ 新型 ヴィッツ 試乗評価】万人ウケ狙い、しかし没個性のキャラは「吉」と出るか「凶」と出るか!?

『個性的というよりもデザインはごく普通』  ヴィッツは今回のモデルが3代目。初代から2代目になるときにもボディサイズを拡大したが、今回のモデルでもさらにボディを大きくしてきた。ボディの拡大でラゲッジスペースは大きくなり、後席空間も膝回りが少し広くなるなどの改良が行われた。  ボディの拡大には最小回転半径が大きくなるなどのデメリットもあるので、今回のボディの拡大が...
【トヨタ】2011/03/15
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |