CORISMトップニュース・トピックス一覧トヨタ > トヨタ カムリ(ハイブリッド)...

トヨタ カムリ(ハイブリッド)新車情報・購入ガイド
23.4㎞/Lという超低燃費を誇るハイブリッド グローバルセダンのカムリがマイナーチェンジ!

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【トヨタ】2014/09/23

日本では隠れたベストセラーモデル、カムリ。より精悍なフロントフェイスに大変身!

トヨタ カムリ(ハイブリッド)
 トヨタ は、ハイブリッド セダンカムリ をマイナーチェンジし発売を開始した。

 現行カムリは、2011年9月にフルモデルチェンジ。カムリは、人気の無いセダンカテゴリーに属することもあり、日本ではそれほど話題にならないが、北米を中心としたグローバルセダンとして、トヨタの基幹車種ともいえる重要なモデルだ。北米では直4 2.5LとV6 3.5L、そして2.5Lハイブリッドという3つのパワーユニットが用意されていた。

 しかし、セダンが売れないマーケットに、それほど燃費の良くないガソリンエンジンを投入しても売れないとの予測もあってか、日本マーケットに投入されたカムリは、2.5Lのハイブリッド車のみとなった。

 当時、この最新の2AR-FXE型エンジン搭載した2.5Lハイブリッドシステムは、23.4㎞/Lという低燃費を誇った。現在も、やや排気量の小さい2AZ-FXE型2.4Lエンジン搭載したハイブリッドシステムを使うトヨタ サイの22.4㎞/Lを上回る低燃費性能を誇っている。

 価格も304万円からと、一見安く見えるため、セダンとしては久しぶりのヒットモデルになる予感もあったが、トヨタの月販販売目標は500台と控えめだった。発売からしばらくは、月販販売台数は1,000台を超えていたので、トヨタの予想を超えたハイブリッドセダンとなった。マイナーチェンジ直前でも500台程度を売っていたので、隠れたベストセラーモデルともいえるだろう。

 今回のマイナーチェンジでは、主に内外装の変更や安全装備の追加設定が中心。ハイブリッドシステムそのものには手が入れられていないようで、燃費は23.4㎞/Lのままだ。ただし、カムリのエントリグレードでオプションの16インチアルミホイールを選択すると燃費が25.4㎞/Lへと向上している。上級グレードは、17インチホイールになっていることから、タイヤの違いと車重によるものが燃費に影響している。

 同じクルマなら、当然、燃費の良いグレードを選びたいところだが、カムリのエントリグレードは、装備がやや貧弱な上に、追加された安全装備をオプションで選べないなど、300万円を超える高級車としては、あまりお勧めできない仕様となっている。

 さて、外観部分の変更点は、まず顔が大きく変化した。もはや、違うクルマかと思うほどの大胆チェンジだ。変更箇所は、ヘッドランプ、フロントバンパー、ラジエーターグリルを変更。台形の形状をしたバンパーと、細くシャープなグリルに細めとなったヘッドライトが組み合わされ、スッキリとした精悍さと安定感あるフォルムがアピールされている。また、LEDクリアランスランプを採用することで、先進性を強調した。

 リヤビューは、マイナーチェンジ前とそれほど変わらない印象。コンビネーションランプ、バンパー、ガーニッシュを変更。リフレクターを下端に配置することで踏ん張り感を強調している。

 インテリアでは、マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)を採用し、瞬間燃費やエコドライブレベルなど様々な情報を表示することでドライバーの運転をサポート。また、オーディオスイッチの形状や、ヒーターコントロールパネルの液晶表示、スイッチ形状を変更した。立体的なセンタークラスター構造を表現している。夜間のスイッチ照明をブルーに変更したほか、フロント足元照明を新たに採用している。その他、新デザインの3本スポークのステアリングホイールが採用されるなど、内装材を変更するなどでして、高級セダンに相応しい質感にしている。

 高級ハイブリッドセダンとしての魅力をさらにアップするために、足回りにチューニングを施し、高速安定性を高めたほか、路面からの振動を低減することで上質な乗り味を実現。あわせて、ドアの防音材追加やカーペットの改良を行うことで静粛性を向上した。
トヨタ カムリ(ハイブリッド)

高い安全装備を用意したものの、全グレードにオプション設定という現実

トヨタ カムリ(ハイブリッド)
 カムリのマイナーチェンジで、最も進化したのは安全装備だ。衝突する可能性が高いと判断した場合に、警報やプリクラッシュブレーキアシスト、プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)などにより衝突回避、または衝突被害の軽減を支援するプリクラッシュセーフティシステムが用意された。測定距離の長い高性能なミリ波を使ったシステムだ。コンパクトカー軽自動車 が多く使う赤外線タイプは、測定距離が短いこともあり、作動速度域が30㎞/h以下と限定されるのに対して、より高い速度域から自動ブレーキが作動する。全車との相対速度が大きいほど、大きな事故になる可能性が高まるので、より高度な安全装備と言える。

 また、このミリ波レーダーからの情報によって先行車を認識、設定車速内において先行車との車間距離を走行速度に応じて維持するブレーキ制御付のレーダークルーズコントロールも設定された。

 その他、車線の逸脱を検知してブザーとディスプレイ表示でドライバーに警告するレーンディパーチャーアラート(LDA)や、夜間走行時に室内カメラが前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え、ドライバーの前方視界確保を支援するオートマチックハイビームも用意されている。
 
 さらに、セダンを好む高齢ドライバーなどにもお勧めしたいのが、ブラインドスポットモニター(BSM)。視界が狭くなったり、暗いトンネルや夜間、雨など、クルマの周辺が分かりにく時により効果を発揮する。隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯。その際にサイドターンランプを点滅させると、LEDインジケーターも点滅し、ドライバーに接触注意の喚起を行う。ウッカリミスをフォローしてくれる実用性が高い安全装備だ。

 こうした安全装備で、新型カムリは高い安全性能を得たことになる。しかし、いつものことながら、これらの安全装備はすべてオプション。さらに、エントリグレードには、オプションでも装備できない状態。特別先進技術という訳でもなく、オプション価格は122,040円/132,840円という金額。この程度の金額のオプションが選べないとなると、トヨタの営業部門は意図的にこうしたグレードを設定しているとしか思えない。300万円を超えるような高級車なのだから、これくらいの安全装備は標準装備化するべきだろう。ちなみに、フォルクスワーゲン ポロはマイナーチェンジでミリ波を使った追突被害軽減自動ブレーキを標準装備化している。ポロの価格は2,239,000円からとなっていて、新型カムリより100万円以上安い。置くだけ充電という装備を標準装備化するグレードを設定するくらいなら、まずは安全装備の充実が先。優先順位が違う。

 さて、新型トヨタ カムリの選び方は、パワーユニットが1種類だけなので、欲しい装備をベースにグレード選びをすることになる。まず、上記でレポートした通り、エントリグレードは安全装備が装着できないので選ばない方がよい。そうなると、Gパッケージかレザーパッケージという選択になる。両グレードとも、ミリ波の追突被害軽減自動ブレーキなどのオプションは、絶対に装備したほうがよい。グレードの違いは、大きなところで、レザーシートと純正ナビといったところ。価格差は約61万円。その内、ナビのオプションが約34万円なので、レザーシートとその他の装備差分が約27万円ということになる。そう考えると、レザーパッケージがややお得な印象。予算に余裕があるのなら、レザーパッケージがよいだろう。

トヨタ カムリ、松田聖子CM動画

トヨタ カムリ価格

■トヨタ カムリ価格
・カムリ 3,207,600円
    “ Gパッケージ ” 3,413,782円
    “ レザーパッケージ ” 4,026,437円

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】