【トヨタ ノア/ヴォクシー 試乗記】メーカー直系のチューニングミニバン「ノア G’s/ヴォクシー G’s」の走りを試す[CORISM] [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【トヨタ】2010/08/24

トヨタ ノア G’s

GAZOO Racing(ガズーレーシング)プロジェクトの第一弾はノア/ヴォクシー

トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's エンブレム
 トヨタのGAZOO Racing(ガズーレーシング)と言えば、豊田章男社長の思い入れも強いプロジェクトで、テストドライバーなども参加する本格的な内容がウリでもある。すでにiQでGAZOO Racingバージョンが限定発売されているが、いよいよ本格始動。第一弾として選ばれたのは、ノア/ヴォクシーだ。その名もノア G’sとヴォクシー G’sとなる。
 まず驚くのはその手抜きのない内容。通常、市販車として販売する場合、どうしてもぬるいものになってしまうのは、「自動車メーカーが作り、ディーラーが売る」という点で致し方ないのだが、このG’sたちは違う。
 ラインナップはふたつで、スタンダードなノア/ヴォクシーG’sのほかに、さらにホットバージョンのノア/ヴォクシーG’s バージョン エッジというグレードも用意されている。まずG’sだが、まず足回りは専用のサスペンションキットが入れられ、なんと30mmもローダウン。ホイールも18インチとなる。驚くのは根本であるボディ剛性を高めるべく、サイドシル裏などにスポット増しが施されているとのこと。ちなみにちょっと知った方だとスポットはもっとあちこちに打つもんだ、と思うかもしれないが、さまざまな解析をした結果、サイドシルの裏だけでも十分な効果が得られるとのことだと評価できる。
 そして上級のバージョン エッジ。こちらはチューニングカーでよくやる、ロアメンバーなどを入れてボディ要所を連結することで、モノコックボディ自体の動きを抑制。さらにお馴染みのヤマハ製パフォーマンスダンパーも付き、高速走行時の安定や上質なフィーリングの実現にも力を入れている。そのほか、フロア下にディフューザーも装着されるなど、全方位的に手が加えられている。ただし、エンジンとミッションはノーマルだ。
トヨタ ヴォクシー G's フロントビュー
トヨタ ヴォクシー G's リヤビュー
トヨタ ヴォクシー G's 走り

トヨタ ヴォクシー G’s

トヨタ ノア G's フロントビュー
トヨタ ノア G's リヤビュー
トヨタ ノア G's 走り

トヨタ ノア G’s

トヨタ ノア G's フロントマスク
トヨタ ヴォクシー G's フロントマスク
トヨタ ヴォクシー G's LEDランプ

メッキのフロントグリルや専用バンパーなどを装備し、通常モデルとは異なる存在感を放っている。LEDランプはドレスアップだけでなく、安全装備としても役に立つアイテムだ。

トヨタ ヴォクシー G's リヤビュー
トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's マフラー
トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's 18インチタイヤ&アルミホイール

リヤもディフューザー付きの専用エアロバンパーやエンブレムで、標準車との差別化が図られている。エンジンはノーマルだが、専用マフラーはスポーティなサウンドを味わえる。タイヤ&アルミホイールは18インチの大径タイプを装着する。

本格的なチューニングでミニバン離れした走りを楽しめると高評価

トヨタ ノア G's 走り
 その効果は走ればすぐにわかる。最初にバージョン エッジから乗ったのだが、とにかくボディが硬い。硬いどころでなく、カチカチといってもいいほどなのだが、ボディが硬い分には安心感は増すので問題なかろう。ただ、足回りも同様に硬くなっており、段差などの入力があった場合、タイヤ→サスペンション→ボディとダイレクトに伝わってくるのは、少々疲れる点ではある。
 ただし、それ以上に曲がるのが楽しい。「ボディがしっかりとしているサスペンションが仕事をしやすい」とはよく言うけど、まさにそれ。ボディのよじれがないので、スッと切った分だけ曲がっていくのは快感ですらある。やはりボディ剛性というのは基本だな、と改めて思い知らされるのだが、そこまでハイレベルに走りを追求しなくてもいいという人はバージョン エッジでなくて、ベーシックなG’sで十分。それでもしっかりとしたボディだから、チューニングモデルに乗っている気分にはなれるし、約30万円プラスでここまで違うなら満足度は高い。ちなみにバージョン エッジだと約60万円プラス(車両価格はグレードや乗車定員などにより261.5万円〜315.0万円)となってしまう。他にはないという点では安いと思うが、エスティマが買えてしまうのもまた事実である。
 そもそもなぜここまでミニバンでやらないといけないのかと思ってしまうし、他の自動車雑誌などを見てもその論調が目に付く。「ミニバンでここまでやるのはどうか?」と開発陣に問いかけてみると「そもそも最適なスポーツカーがない」というのがあるし、さらに「売れているモデルでやるのは販売上自然なこと」という答えが返ってきた。確かにこのご時世、マニアックを追求しても厳しくなるのは当然で、売れているクルマの変わったグレードというほうが訴求はしやすかろう。ただし最後に「まぁ、そう言わないで見ててくださいよ」と言っていたのも事実。ボディ剛性の手法というのは確実に市販車にフィードバックされているというし、パート1、パート2と期待したいと評価したい。
トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's インテリア
トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's シート
トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's シート&フロアマット

インテリアのデザインやシートアレンジなどの使い勝手に変更はない。だが専用のシート地やフロアマットでスポーツマインドを高めている。

トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's プッシュスターター ボタン
トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's シフトレバー
トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's シート表皮

プッシュスターターのボタンやシフトレバーもG’s専用タイプとなる。この他にもG’s専用のアイテムが数多く採用されているのだ。

トヨタ ノア G's 走り
トヨタ ノア G's 走り
トヨタ ノア G's 走り

トヨタ ノア G’s

トヨタ ヴォクシー G's 走り
トヨタ ヴォクシー G's 走り
トヨタ ヴォクシー G's 走り

トヨタ ヴォクシー G’s

代表グレード トヨタ ヴォクシー ZS G’s(7人乗り)
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4640×1720×1820mm
車両重量[kg] 1610kg
総排気量[cc] 1986cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 158ps(116kW)/6200rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 20.0kg-m(196N・m)/4400rpm
ミッション CVT
定員[人] 7人
税込価格[万円] 283.5万円
発売日 2010/6/30
レポート 近藤暁史
写真 オフィスマッシュルーム

【関連記事】

(レポート:近藤暁史

【オススメ記事】