CORISMトップニュース・トピックス一覧トヨタ > トヨタ、「第87回箱根駅伝」に...

トヨタ、「第87回箱根駅伝」に『プリウス プラグインハイブリッド』21台ほか運営車両34台を提供

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【トヨタ】2010/12/10
「第87回箱根駅伝」運営管理車『プリウス プラグインハイブリッド(PHV)』[前大会優勝校:東洋大学/イメージ]

沿道のトヨタ販売店21店舗では観戦グッズも配布

 トヨタは、2011年の正月1月2日(日)~3日(月)に開催される「第87回 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」に協賛し、運営車両として『プリウス プラグインハイブリッド』21台ほか、全運営車両34台を提供する。
 車両は、各大学に配備される運営管理車および広報車としてプリウス プラグインハイブリッド21台を配備するほか、緊急対応車として燃料電池ハイブリッド車「トヨタ FCHV-adv」2台、大会本部車として「ヴィッツ」1台、その他「ラクティス」「SAI」など全ての運営車両を提供するとともに、運行するドライバー27名も併せて派遣する。
 さらに、箱根駅伝のコース上となる東京~箱根間の沿道沿いにあるトヨタ系車両販売社21店舗が協力し、大会当日は店頭で観戦グッズを配布。また箱根・芦ノ湖畔の往路ゴール付近にブースを設け、観衆に募金形式で軽食を提供する。なお募金は地元の箱根町の児童養護施設に寄付する予定となっている。

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】