トヨタ エスクァイア試乗記、評価 ノア&ヴォクシー同様、自動ブレーキなどの安全装備が無い以外は完璧!? 2015年箱根駅伝の先導車、伴走車にも登場! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【トヨタ】2015/01/01

 

 

アルファード&ヴェルファイアが予算的に厳しい人向けがエスクァイア?

トヨタ エスクァイア ハイブリッド

 新型トヨタ エスクァイア は、ノアヴォクシー をベースに作られた姉妹車だ。ガソリン車とハイブリッド 車をラインナップするなど、基本メカニズムの部分は共通で、外観デザインや内装の仕様や装備の面で違いが設けられている。

ノア/ヴォクシーが真っ向からミニバン 市場の中心を狙ったモデルであるのに対し、新型エスクァイアはやや高級な仕様を備えた5ナンバーサイズのミニバンとして明確な差別化が図られている。

大きく異なるのは外観デザイン。堂々たる感じのフロントグリルは、上級ミニバンであるアルファード /ヴェルファイアに匹敵する迫力を持つ。いかにも、アルファード/ヴェルファイアを買いたいが価格が高くて手が出ない、というユーザーが飛びつきそうなデザインである。

メーカーの狙いは、必ずしもそうしたところではなかったようだが、結果としてそのような売れ方になるのは間違いないだろう。アルファード/ヴェルファイアがなくてもエスクァイアがあれば間に合うと考えているユーザーも多いはずだ。

ノア/ヴォクシーとの違いを明確にしたデザインながら、エスクァイアには3ナンバーサイズのエアロボディは設定されていない。迫力いっぱいの標準ボディのみの設定だ。イメージが拡散しすぎることを避けた仕様である。

トヨタ エスクァイア ハイブリッド
トヨタ エスクァイア ハイブリッド
トヨタ エスクァイア ハイブリッド

トヨタ エスクァイア ハイブリッド

 

エクステリアだけでなく、内装なども豪華にすることでノア&ヴォクシーと差別化

トヨタ エスクァイア ハイブリッド

 内装の仕様にも大きな違いがあり、外観デザイン以上にエスクァイアとノア/ヴォクシーが差別化されているのがこの部分だ。

上級グレードのGiは、シート表皮やインパネ、ドアトリムなどに合成皮革が使われ、高い品質感が表現されている。

新型エスクァイアに採用された合成皮革は、本革に匹敵する肌触りを持つほか、夏に熱さを感じにくく、また冬場でもシートに座ったときに冷たさを感じにくい仕様とされている。クッションを工夫することで滑りやすさも抑えているので、並みの本革シートよりデキが良い印象だ。

Giにはほかに、本革と黒木目調のステアリングホイールやシフトノブが採用され、質感が追求されている。このほか、ヒーターコントロールパネルの部分にピアノブラックを使ったり、随所に金属調の加飾を加え、ステッチ処理を施したことなども質感を高める要素になっている。

多くのユーザーが、新型エスクァイアのデザインなら少々高くても良いと考えて買っているようだが、デザインの違いで高い価格は設定できないというのがメーカーの考え方。価格の違いは内装の仕様や装備などの面で生じている。

新型エスクァイアはノア/ヴォクシーに対してざっと15万〜20万円くらい高い印象だが、この分はシート表皮がファブリックから合成皮革になるなどの仕様の違いから生まれている。15万円高くらいの価格差は十分にリーズナブルなものといえるだろう。

トヨタ エスクァイア ハイブリッド
トヨタ エスクァイア ハイブリッド
トヨタ エスクァイア ハイブリッド

 

自動ブレーキなどの安全装備に物足りなさを感じるものの、非常に高い完成度をもつミニバンになったエスクァイア

トヨタ エスクァイア ハイブリッド

 基本メカニズムやパッケージングなどは共通なので、低床プラットホームによる乗降性の良さ、超ロングスライドが可能な7人乗り仕様の2列目シートによる快適性など、ミニバンとしての機能や使い勝手は上々のレベルにある。

新型エスクァイアに搭載されている3ZR-FAE型の2.0Lガソリンエンジン車は、吸排気効率を高めるバルブマチックの採用やスーパーCVT-iとの組み合わせなどにより、スムーズかつ力強い走りを実現し、このクラスのガソリン車でトップとなるJC08モード走行燃費で16.0km/Lを達成している。

セレナのSハイブリッドと同等の数字をガソリン車で達成しているのだから、新型エスクァイアの燃費の良さは相当なものだ。

1.8Lのアトキンソンサイクルエンジンと、電気モーターを組み合わせたエスクァイアハイブリッドの走りは、静かさや滑らかさなど、ハイブリッドの良さを感じさせるものだ。

ミニバンボディのエスクァイアは、プリウス に比べると車両重量が重いので、本当ならエンジンもプリウスと同じ1.8Lではなく2.0Lにしたいところだが、新しいパワートレーンを開発して価格が高くなることを考えたら、プリウス用を流用するほうが正解なのだろう。JC08モード燃費と23.8km/Lを達成していて、5ナンバーミニバンとしては群を抜く数値である。

タウンモードで街中を走らせていると、20km/Lを超えるような実用燃費を示していたから、このハイブリッドの燃費の実力は相当なレベルにあると考えていい。

エスクァイアがセレナ に負けているのは、追突軽減ブレーキの設定がないこと。2015年中からトヨタセーフティセンスと呼ぶ新安全システムの搭載が始まるので、エスクァイアにもそう遠くない時期に設定されることになるだろう。

エスクァイアは、たくさん売れているノア/ヴォクシーとは少し違ったクルマが欲しいと考えるユーザーに最適の1台だ。ただ、エスクァイアもけっこう良く売れているので、すぐに街でたくさん見かけるようになるかも知れない。

トヨタ エスクァイア ハイブリッド
トヨタ エスクァイア ハイブリッド
トヨタ エスクァイア ハイブリッド

トヨタ エスクァイア価格、燃費、スペックなど

トヨタ エスクァイア ハイブリッド

■トヨタ エスクァイア価格

Xi 2WD(FF) 7人乗り  2,622,857円 8人乗り 2,592,000円
Xi 4WD 7人乗り 2,828,571円 8人乗り 2,797,714円
Xiハイブリッド 7人乗り 2WD(FF) 3,043,543円

Gi 2WD(FF) 7人乗り 2,823,428円 8人乗り 2,792,571円
Gi 4WD 7人乗り 3,029,142円 8人乗り 2,998,285円
Giハイブリッド 2WD(FF) 7人乗り 3,204,000円

定員[人]7人

代表グレード トヨタ エスクァイアGiハイブリッド 2WD(FF) 7人乗り
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,695×1,695×1,825mm
ホイールベース[mm] 2,850mm
車両重量[kg] 1,620kg
総排気量[cc] 1.797cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm] 73(99)/5,200rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 142(14.5)/4,000rpm
モーター最高出力[kw(ps)] 60(82)
モーター最大トルク[N・m(kg-m)] 207(21.1)
システム全体[kw(ps)] 100(136)
ミッション 電気式無段変速機
JC08モード燃費[km/l] 23.8km/l
バッテリー 種類/容量(Ah) ニッケル水素/6.5
価格 3,204,000円
レポート 松下 宏

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】