CORISMトップニュース・トピックス一覧トヨタ > トヨタ アルファード/ヴェルフ...

トヨタ アルファード/ヴェルファイア新車情報・購入ガイド
ギラギラ&ラグジュアリー感をより鮮明にした特別仕様車TYPE BLACK/GOLDEN EYES登場!

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【トヨタ】2016/07/08

圧倒的な人気を誇るアルファード/ヴェルファイア。売れ筋グレードは、2.5Lのエアロモデル

トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
 トヨタ高級ミニバン であるアルファード /ヴェルファイア に、それぞれ特別仕様車を設定し発売を開始した。

 トヨタ アルファード/ヴェルファイアは、2015年1月にフルモデルチェンジした。先代のアルファード/ヴェルファイアは、大人気モデルで新車だけでなく中古車でも高い人気を誇る高級ミニバンだ。このクラスには、日産エルグランドがあるが、大差を付けて圧勝状態。まさに一人勝ちといった状態で、フルモデルチェンジ直前まで良く売れた。

 新型アルファード/ヴェルファイアは、そうした先代モデルの魅力を継承。とにかく大きく見えるデザインとしながらも、フロア高を下げ使い勝手も向上させている。また、先代モデルの弱点ともいえる乗り心地性能もダブルウイッシュボーン式のリヤサスペンションを採用し克服。高級ミニバンらしい乗り心地となった。

 そして、注目はデザイン。比較的ファミリー層向けにも見えた先代アルファードも、ヴェルファイア同様、迫力重視の威圧系デザインとなった。これは、先代アルファードの販売台数が強面のヴェルファイアに負けていたこともあり、同等の販売台数にするためのものだ。

 新型アルファード/ヴェルファイアには、新グレードである新グレード「Executive Lounge」が新設定された。シート幅を約100mm拡大。広くゆったりとした専用シートが採用され、後席に乗る顧客に高い満足感と快適な空間を提供。この「Executive Lounge」の価格は、約652万円からと非常に高価。かなり高価なモデルにもかかわらず、人気グレードになるほど支持されている。最近では、高級車セダン という選択ではなく、こうした高級ミニバンの最上級グレードが選ばれる傾向も強い。

 高級ミニバンとなるアルファード/ヴェルファイアだが、安全装備面では物足りない。未だに歩行者検知式の自動ブレーキは、用意もされていない状況。2トンを超える重量級車なので、歩行者との接触事故は大きな事故につながる。トヨタは、すでに自動ブレーキ関連の安全装備としてトヨタ セーフティセンスをもっている。いずれアルファード/ヴェルファイアにも装備された後が、本当の意味で買い時になる。

 新型アルファード/ヴェルファイアには、ハイブリッド 車が用意されている。世代の2.4Lハイブリッドから、2.5Lハイブリッドに変更された。先代同様にE-Fourと呼ばれる電気式4輪駆動式のみの設定だ。このハイブリッド車が、意外なほど売れていない。全体に占めるハイブリッド車の比率は2~3割程度と低く、ハイブリッド車をウリとするトヨタとしては、やや低めの数値。これは、ハイブリッド車の価格が高価なためと、4WDの設定しかないことが理由。それ以上に売れていないのが3.5Lガソリン車。アイドリングストップ機能が無く燃費性能も物足りない上に、ハイオク仕様となることで人気が無い。売れ筋は、やはり2.5Lガソリン車。アイドリングストップ機能もようやく装備され燃費も向上。この2.5L車のエアロモデルが人気の中心だ。
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車

ギラギラ&高級感をプラスして、アルファード/ヴェルファイアらしさをアピールする特別仕様車

トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
 今回投入されたアルファード/ヴェルファイアの特別仕様車は、ガソリン車のみの設定でハイブリッド車には設定されていない。

 アルファードに設定された特別仕様車は、S“Aパッケージ・TYPE BLACK(タイプブラック)”。「S」をベースに“Aパッケージ”の装備を加えたアルファード特別仕様車S“Aパッケージ・TYPE BLACK”および、「SA」をベースにしたアルファード特別仕様車SA“TYPE BLACK”を設定。

 特別装備内容は、専用ゴールドエンブレム(フロント)やダークメッキガーニッシュ付フロントフォグランプ、専用シート表皮など。シート表皮は、メイン材に滑らかな風合いのウルトラスエードを採用。ブラックをベースにブラウンのドットがのぞくパーフォレーションを施し、ブラウンステッチとあわせた。全体的にアルファードのもつ高級感をより高めた仕様といえる。

 ヴェルファイアは、「Z」をベースに“Aエディション”の装備を加えたヴェルファイア特別仕様車Z“Aエディション・GOLDEN EYES”および、「ZA」をベースにしたヴェルファイア特別仕様車ZA“GOLDEN EYES”を設定した。ゴールド加飾を施したヘッドランプやダークメッキを施したフロントグリル、専用シート表皮などを特別装備。シート表皮は、ブラックをベースにゴールドのドットがのぞくウルトラスエードのメイン材に、肩部にはダークブルーのクロコ調柄の合成皮革を組み合わせるなど、独特のラグジュアリ感を表現している。ヴェルファイアらしいギラギラ感ある仕様だ。

 また、アルファード/ヴェルファイアの共通装備として、高輝度塗装の専用アルミホイール、黒木目調本革巻き4本スポークステアリングホイール、ブラックのルーフヘッドライニングなど用意。便利機能では、パワーバックドア(挟み込み防止機能付)、アクセサリーコンセント(AC100V・100W/1個)などを特別装備した。
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車

アルファード/ヴェルファイアの魅力をさらにアップする特別仕様車。ただ、お勧めはやはりハイブリッド車

トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
 ヴェルファイア特別仕様車Z“Aエディション・GOLDEN EYES”の価格は3,926,291円。ベース車に対して、約17万円高という設定だ。特別装備内容なりの価格アップといった印象で、お買い得な特別仕様車ではない。

 アルファード/ヴェルファイアは、元々価格が高い。何が何でもアルファード/ヴェルファイアというのであれば問題ないが、この特別仕様車になると、約400万円弱という価格になる。この価格帯になると、ホンダ オデッセイハイブリッド も買えてしまう。日産エルグランド 上級モデルでさえも購入できる。値引きの少ないアルファード/ヴェルファイアに対して、エルグランドは、大幅値引きが可能なので、価格差はさらに広がるだろう。

 また、ハイブリッド車が当たり前。すでに水素を燃料としているFCV 「ミライ」 まで販売しているトヨタ車で、今更単なるガソリン車というのは選びにくい。とはいえ、ハイブリッド車は高価過ぎる。となると、オデッセイハイブリッドという選択もありだろう。

 アルファード/ヴェルファイアは、リセールバリューも高いので短期での乗り換えには向いている。ただし、すでにハイブリッド車が当たり前の時代。リセールバリューを決める中古車マーケットのニーズが、ハイブリッド車に移っていく傾向がある。そうなると、アルファード/ヴェルファイアとはいえガソリン車の場合、楽観視できない状況。予算に余裕があるのなら、やはりハイブリッド車を選んだ方がいいだろう。
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車
トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車

トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車価格

■トヨタ アルファード タイプ ブラック/ヴェルファイア ゴールデンアイズ特別仕様車価格
・アルファード特別仕様車S“Aパッケージ・TYPE BLACK” 7人乗り 2.5L 2WD 3,926,291円/4WD 4,176,655円
・アルファード特別仕様車SA“TYPE BLACK” 7人乗り 3.5L 2WD 4,317,055円/4WD 4,511,455円
・ヴェルファイア特別仕様車Z“Aエディション“GOLDEN EYES” 7人乗り 2.5L 2WD 3,926,291円/4WD 4,176,655円
・ヴェルファイア特別仕様車ZA“GOLDEN EYES” 3.5L 2WD 4,317,055円/4WD 4,511,455円

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】