【フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 試乗記】正常進化した正統派ワゴン[CORISM] [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【VW】2009/12/06

先代モデルの長所を受け継ぎ熟成を重ねた

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント リヤコンビランプ
 ゴルフ6 に続いて、ワゴン ボディをもつゴルフ ヴァリアント もフルモデルチェンジして登場した。ゴルフ3をベースにしたのがゴルフ ヴァリアントとしては初代なので新型は4代目となるのだが、3代目の完成度がとくに高く、印象に強く残っているだけに、どう進化しているか興味津々だ。
 といっても、ベースとなるゴルフ6自体が、ゴルフ5と比べて大きな進化(というか新鮮味)を遂げたというよりも、地道な熟成といった感じだっただけに、ヴァリアントもそれを受けた形。正直、フルモデルチェンジしたなぁ、という感じは薄い。先代から販売が好調なだけに、手堅くまとめたという感じではある。このまま実際のところ、引き続き売れ続けるのだろうと評価。
 もちろんその内容自体はかなりの充実ぶり。最近のフォルクスワーゲン は、まずなにはともあれエンジンラインナップチェックだが、なんと3種類のTSI ユニットが用意され、組み合わされるミッションもDSGが2種類にもなる。グレードも含めてザッとグレード体系を紹介すると、1.4リッター シングルターボ(122ps)=トレンドライン/1.4リッター ターボ+スーパーチャージャー(160ps)=コンフォートライン/2リッター シングルターボ(200ps)=スポーツラインとなっている。ミッションは1.4リッターに組み合わされるのが7速DSGで、2リッターは6速DSGとわかりやすいことはわかりやすい。購入時もあまり選ぶことなく、迷うこともあまりないのではないだろうか。
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フロントビュー

シンプルで飽きのこないフォルムが印象的。ウインドーの周囲やルーフレールはメッキ加工が施され、上質感も漂う。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント リヤビュー

前後に流れるような伸びやかなルーフラインが特徴。リヤは丸みを帯びた、塊感のある立体的な造形となっている。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フロントマスク

先頃フルモデルチェンジされたゴルフ6と共通のフロントマスクが与えられている。ツリ目のヘッドライトが精悍な印象。


フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 2リッター ターボエンジン

ゴルフ ヴァリアントには2リッター(写真)と2種類の1.4リッターエンジンが搭載される。燃費もよく全車エコカー補助金の対象だ。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント シフトレバー

ミッションはフォルクスワーゲンではお馴染みのDSGを採用。滑らかで素早い変速が特徴で、効率もよく燃費向上にも貢献する。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 17インチタイヤ&アルミホイール

2リッターのTSIスポーツライン(写真)は17インチ、1.4リッターのTSIトレンドラインとTSIコンフォートラインは16インチとなる。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 走り

しっとりとした感触のエンジンは燃費も最大11%向上!

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント ステアリング
 新型フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントの走りに関しては、従来のTSIに慣れてしまったのだろうか、かなりマイルドになった。とくに1.4リッターのツインチャージはキビキビとした走りが楽しめたものだが、それよりも新型ではしっとり感のほうが先に立つ。それはほかのエンジンでも同様だ。ただ、不満はないかというと、これがまたまったくないのがさすがフォルクスワーゲン。どこがどうとかいうのはまったくない。キビキビしていないというだけでエンジンはストレスなく吹けるし、ミッションも多段を存分に使いって適切なシフトをしてくれる。走りの質における完成度は確実に高まっているし、サスペンションの懐も深い。コーナーの大小に合わせて、ボディをうまく沈み込ませてしっかりと支えてくれるのはなにものにも代えがたい安心感だろう。
 シートに座って、車内を見渡しても全体の質感もかなり向上していて、高級車とまではいかないものの、落ち着いた雰囲気が漂う。それは別に悪いことでもなく、じっくりと使い込める逸品感は逆に増していると思う。いつの間にか大人になってしまった感じで、ちょっとヤンチャなほうがよかったのに……、という人は今なら程度良好の中古車を見つけることもたやすいだろうから、そちらのほうがいいかもしれない。
 ちなみに今回、燃費が最大で11%も向上しており、エコカー補助金の対象となるのはうれしいところ。また今回から購入後のメンテナンスフィーが3年間無償になる「Volkswagen Professional Care」が付くので、ランニングコストもかなり軽減でき、間接的にもお買い得感アップしている。
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント インテリア

エクステリア同様、シンプルで実用的なインテリア。細部の作り込みもしっかりしており、上質感も増している。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント フロントシート

シートの出来はよく、長時間乗っていても疲れにくい。サイドのサポートも十分で、スポーティな走りも楽しめる。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント リヤシート

足元や頭上の空間にも余裕があり、ゆったりとくつろげる。後席用のエアコン吹き出し口もあり、快適性は高い。


フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント メーター

シンプルなデザインのメーターは、とても見やすい。中央のインフォメーションディスプレーも表示がはっきりしている。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント ラゲッジ

もともとパッケージングの優れたゴルフがベースなだけに、フル乗車時でもこれだけのラゲッジスペースが確保されている。

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント ラゲッジ

後席は左右別々に倒すことができ、中央にはトランクスルー機構もある。荷物の量や形状に合わせたアレンジが可能だ。


フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 走り
フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 走り
【フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 試乗評価】正常進...

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント 走り

実用的なワゴンらしい、しなやかで快適な乗り味がゴルフ ヴァリアントの特徴だ。それでいてコーナーでもしっかりと踏ん張る安定感の高さはさすがだ。

代表グレード フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント TSIトレンドライン
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4545×1785×1530mm
車両重量[kg] 1370kg
総排気量[cc] 1389cc(ターボ)
最高出力[ps(kw)/rpm] 122ps(90kw)/5000rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 20.4kg-m(200N・m)/1500〜4000rpm
ミッション 7速DSG
10・15モード燃費[km/l] 16.8km/l
定員[人] 5人
税込価格[万円] 272.0万円
発売日 2009/11/17
レポート 近藤暁史
写真 近藤暁史

【関連記事】

(レポート:近藤暁史

【オススメ記事】