フォルクスワーゲン T-Cross新車情報・購入ガイド 日本市場にジャストフィットするコンパクトSUV

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【VW】2020/01/01

フォルクスワーゲン T-Cross

 

 

フォルクスワーゲン車の中で、最も小さなSUV

フォルクスワーゲン T-Crossフォルクスワーゲンは、フォルクスワーゲンのSUVシリーズの中で最も小さなコンパクトモデルとして「T-Cross(ティークロス)」の発売を開始した。日本でのキャッチコピーは「TさいSUV」とのこと。サイズは小さくてもいろいろな面で余裕を持つT-Crossの特徴を表現したという。

導入を記念して特別仕様車のT-Cross TSI 1st(ファースト)と、これをベースに装備の充実化を図ったT-Cross TSI 1st Plus(ファーストプラス)の2モデルの受注を開始した。

 

 

扱いやすさが際立つボディサイズをもつT-Cross

フォルクスワーゲン T-CrossT-Crossはフォルクスワーゲンが提唱するMQBと呼ぶ自由度の高いモジュール方式の開発手法を採用して作られた。合理性を追求したMQBによって、コンパクトなサイズのSUVモデルながら、室内には広い空間と余裕の荷室スペースを持つのが特徴だ。

T-Crossは、ボディサイズは全長が4115mm、全幅が1760mm、全高が1580mmというサイズ。先に発表されたロッキー/ライズほど小さくはないが、外国車としては相当に小さいクルマである。全長は十分に短いし、全幅も1800mmを超えていないのが良い。強いていえば、日本の立体駐車場事情を考えると、全高が1550mm以下であればさらに良かったが、そこまで要求するのは無理だろう。最小回転半径も5.1mと、まずまずといった数値。まあ、日本でも扱いやすいクルマであるのは間違いない。

T-Crossは、ボディサイズがコンパクトな割には前後の居住空間は十分に確保されている。ホイールベースは2550mmで、最大5人の乗員がリラックスできる室内空間だ。ラゲッジスペースの容量も標準状態で455Lを確保。後席のシートバックを倒せば最大で1281Lの容量になり、実用性の面でも文句のないところである。(ラゲッジスペースの容量はいずれもVDA方式)

さまざまな用途に合わせて、車内のレイアウトを素早く簡単に変化させることも可能。リヤシートは最大で140mmも前後にスライドさせることができ、背もたれは60:40の分割可倒式で、どちらか一方を倒すことも、全部倒してフルフラットすることもできる。乗員数や荷物に合わせて柔軟にアレンジできるのだ。

フォルクスワーゲン T-Cross

 

  ■新車販売低迷で中古車不足!無料アイミツ査定で高値売却のチャンス到来!!■  

 

ひと目でフォルクスワーゲン車と分かる精緻なデザイン

フォルクスワーゲン T-CrossT-Crossのエクステリアは、見るからにフォルクスワーゲンブランドのクルマらしいデザインを採用。同時に、SUVらしい力強さを備えるスクエアなものとされた。存在感のあるボンネットフード、ヘッドライトと一体化したワイドなラジエーターグリル、ボディサイドを水平に走るキャラクターラインなどを特徴とする。

力強いショルダー部がパワフルな外観を強調し、リヤエンドの横幅一杯に広がるブラックトリムフレームを備えたリフレクターバンドが、クルマの幅広さを視覚的に演出する。

T-Crossの室内は、SUVらしい高めの着座位置により、前方視界が開けた仕様を基本とする。インパネデザインなどは、コンパクトクラスのSUVらしいシンプルなものだが、これもアクセントカラーを採用することで、独自の個性を表現している。

導入特別仕様車のT-Cross TSI 1st Plusでは、内外装のカラーを個性的に彩る3色のデザインパッケージを標準設定とししている。ドアミラーやアルミホイールに加え、インテリアカラーも〈ブラック〉〈オレンジ〉〈グリーン〉の3色から選択できる。

T-Crossのエクステリアカラーは、新色のマケナターコイズメタリックやダークペトロールをはじめ、全8色の展開で、デザインパッケージとの組み合わせによって合計21種類のバリエ―ションの中から、個性な好みに合った1台を選べる仕組みだ。

フォルクスワーゲン T-Cross

少々物足りない予防安全装備

フォルクスワーゲン T-CrossT-Crossは、上級モデルに匹敵する先進安全・快適装備を採用。T-Crossは、欧州の自動車安全アセスメント「ユーロNCAP」で最高評価となる5つ星を獲得している。

国内での導入記念特別仕様車「T-Cross TSI 1st」、「T-Cross TSI 1st Plus」には、先行車を完全停止状態まで自動追従して走行するアダプティブクルーズコントロール"ACC" (全車速追従機能付)、プリクラッシュブレーキシステム"Front Assist"(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)、駐車支援システム"Park Assist"、車両後方の死角を監視し、ドライバーに警告を発するブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)などを標準装備とした。こうした予防安全装備は、もはや当然といえるもの。歩行者だけでなく、自転車などへの対応も求められる。300万円オーバーという価格のモデルとしては、やや物足りなく感じる。また、輸入車はドライバーの操作を重視することもあり、国産車のようなアクセルとブレーキの踏み間違い防止装置は用意されていない。

快適性では、ナビゲーション機能やオーディオシステムに加え、コネクテッドカーとしてフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム"Discover Pro"、スマートエントリー&スタートシステム"Keyless Access"、ケーブルに接続せずにスマートフォンを充電できるスマートフォンワイヤレスチャージングなど標準装備した。

フォルクスワーゲン T-Cross

 

 

ポロよりパワーアップした直3 1.0Lエンジン

フォルクスワーゲン T-CrossT-Crossに搭載されるエンジンは、直3 1.0LターボのTSIエンジンが用意された。最高出力 85kW(116PS)、最大トルク 200Nm を発揮。7速DSGと組み合わされている。基本的にポロと同じエンジンだが、T-Cross用に再セッティングされている。ポロの出力は、70kW(95PS)&175Nmだが、T-Crossはやや車重が重くなっていることから、大幅にパワーアップされている。

T-Crossの燃費は、16.9㎞/L(WLTC モード)とまずまずの数値。ただ、燃料にハイオクガソリンを使うため、燃料費はやや高めになる。

 

フォルクスワーゲンT-Cross価格

T-Cross TSI 1st 2,999,000円

T-Cross TSI 1st Plus 3,359,000円

 

価格.com 自動車保険

 

フォルクスワーゲンT-Cross燃費、ボディサイズなどスペック

■代表グレード T-Cross TSI 1st Plus

フォルクスワーゲン T-Cross・全長X全幅X全高  4,115 x 1,760 x 1,580 mm

・ホイールベース  2,550mm

・車両重量  1,270kg

・最小回転半径  5.1m

・燃費 19.3km/L(JC08モード)/ 16.9km/L(WLTCモード)

・エンジン種類  直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)

フォルクスワーゲン T-Cross・総排気量  999cc

・圧縮比  10.5

・最高出力  85kW(116PS)/5,000rpm~5,500rpm

・最大トルク  200Nm(20.4kgm)/2,000rpm~3,500rpm

・トランスミッション  7速DSG

・フロントサスペンション  マクファーソンストラット(スタビライザー付)

・リヤサスペンション  トレーリングアーム

・タイヤサイズ  215/45 R18

 

 

フォルクスワーゲン車新車情報・試乗評価一覧

SUV新車情報・試乗評価一覧

ドイツ車新車情報・試乗評価一覧

【関連記事】

【オススメ記事】