ボルボV60/S60試乗記・評価 ラグジュアリーエディションとT4 Rデザインプラス、ふたつの特別仕様車を評価する! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ボルボ】2014/09/14

 

ボルボS60ラグジュアリーエディション

 

超お買い得な特別仕様車2種類が登場。ボルボV60&S60の購入を考えるのなら、このモデルを中心に選びたい!

ボルボS60ラグジュアリーエディション

 ボルボ の主力モデルである60シリーズに、2種類の特別仕様車 が設定されている。ともに割安感を訴求した特別仕様車なので、60シリーズやV40 の購入を考えている人なら、検討する価値があると思う。

ボルボの60シリーズは昨年、2014年モデルで外観デザインの変更など、大幅なマイナーチェンジを実施した。今年に入ってドライブEと呼ぶ新パワートレーンを搭載したT5系 のモデルを発売した。

今回の特別仕様車は、新世代エンジンを搭載したT5系のモデルではなく、従来からの(まだ新しいが)T4系の1.6L直噴ターボ仕様エンジンを搭載したモデルに設定されている。

試乗したのは、ボルボS60 ラグジュアリーエディションとボルボV60 T4 Rデザインプラスの2台で、別の機会にこの組み合わせの逆となるボルボS60 T4 RデザインプラスとボルボV60 ラグジュアリーパッケージにも試乗したので、60系の特別仕様車すべてに試乗したことになる。

ボルボS60ラグジュアリーエディション
ボルボS60ラグジュアリーエディション
ボルボS60ラグジュアリーエディション

ボルボS60ラグジュアリーエディション

ボルボS60ラグジュアリーエディション

 

約70万円もお買い得な特別仕様車! ライバルを圧倒するコストパフォーマンスを誇る「ラグジュアリーエディション」

ボルボS60ラグジュアリーエディション

 ボルボV60ラグジュアリーエディションは、5月23日に発売されたもので、とても好調な売れ行きを示しているという。ボルボとしては、Cクラスのフルモデルチェンジが予定されているタイミングだったので、それに先手を打って買い得モデルを設定するとか、あるいは消費税増税後の需要の落ち込みを極力減らそうという考えで設定したのだと思う。とても買い得な特別仕様車に仕立て上げられている。

ベースグレードはV60 T4 SEだ。追加された特別仕様は、約25万円のレザー・パッケージ、約20万円のセーフティ・パッケージ、そして3万円強のPCC+キーレスドライブで、合計するとざっと50万円分ほどに相当する装備が追加されている。

60シリーズでは、10項目の安全装備をセットにしたセーフティ・パッケージがオプション設定になっているが、購入するユーザーのほぼ全員が装着しているのが実態だ。なので、この特別仕様車では、実質的に標準装備の扱いにしたわけだ。PCC+キーレスドライブについても同様に装着率が高い装備である。

本革シートには好き嫌いもあるが、輸入車を買うユーザーは選択する人が多い。ボルボの60シリーズの本革シートは柔らかなタッチでなかなか座り心地が良い。これらをまとめて特別仕様車に仕立てている。

50万円弱の装備を追加したにもかかわらず、ボルボV60ラグジュアリーエディション価格はベース車から約22万円も安い399万円(V60ラグジュアリーエディションなら419万円)と、400万円前後の価格が設定されている。定価を基準に考えると、トータルで約70万円も買い得になる計算だから、良く売れて当然といえば当然だ。

ボルボ60シリーズは、メルセデス・ベンツCクラス以外にも、BMW320iアウディA4 などと競合する。具体的にS60ラグジュアリーエディションと競合するのは、メルセデス・ベンツC180、BMW320i、アウディA4 2.0TFSIなどだ。それらのモデルと装備や価格のバランスを比べると、断然買い得なのが60シリーズのラグジュアリーエディションである。

ボルボS60ラグジュアリーエディション
ボルボS60ラグジュアリーエディション
ボルボS60ラグジュアリーエディション

 

20psアップするポールスター・パフォーマンス・パッケージまで付いて、約60万円もお買い得なT4 Rデザインプラス

ボルボS60ラグジュアリーエディション

 ラグジュアリーエディションが良く売れたのを見て、スポーティ志向のグレードであるRデザインにも特別仕様車を設定した。8月23日に発売されたT4 Rデザインプラスがそれだ。

こちらも、60シリーズではオプション設定のセーフティ・パッケージを標準装備にした上で、車両価格をベース車に対して18万円安く設定している。試乗したV60 T4 Rデザインプラスでは479万円、S60 T4 Rデザインプラスならは459万円という設定である。

セーフティパッケージと価格の引き下げで約40万円の割安感が表現されている。ラグジュアリーパッケージに比べてお得感が少ないじゃないかと思うかも知れないが、そうではない。

Rデザインプラスでは、これに加え、希望者にポールスター・パフォーマンス・パッケージをプレゼントするキャンペーンを実施している。これもオプション装着すると20万円強の設定だから、トータルで60万円くらいの買い得感になる。

ポールスター・パフォーマンス・パッケージはエンジンを制御するコンピューターのロムを書き換えるチューニングで、メカニカルなチューンをすることなくエンジンの動力性能を高めることができる。全域でトルクが厚くなって最高出力も132kW(180ps)から147ps(200ps)に向上する。動力性能の余裕は、快適かつ安全なドライブにつながるものなので、特別仕様車を買うなら絶対に装着したほうが良い。

ボルボS60ラグジュアリーエディション
ボルボS60ラグジュアリーエディション
ボルボS60ラグジュアリーエディション

ボルボV60/ S60ラグジュアリーエディション価格、装備など

■ボルボV60/ S60ラグジュアリーエディション価格
・S60 Luxury Edition 3,990,000 円
・V60 Luxury Edition 4,190,000 円

<標準装備>
・HDD ナビゲーションシステム、VICS3
・アルミニウム・パネル(シマ―・グラファイト)
・運転席 8 ウェイパワーシート(ドアミラー連動メモリー機構付)
・フロント・シートヒーター
・速度感応式パワーステアリング(チルト/テレスコピック機構および 3 段階レベル調整機能付)
・パドルシフト
・パーク・アシスト(リア)
・アクティブ・ベンディング機能付デュアル・キセノンヘッドライト(自動光軸調整機能付)/ヘッドライトウォ
ッシャー/コーナリング・ライト機能
・215/50R17 タイヤ&アルミホイール

<特別装備>
・ヒューマン・セーフティ(歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)
・全車速追従機能付 ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
・車間警告機能
・DAC(ドライバー・アラート・コントロール)
・LDW(レーン・デパーチャー・ウォーニング)
・BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
・LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド-急接近車両警告機能)
・CTA(クロス・トラフィック・アラート)
・RSI(ロード・サイン・インフォメーション)
・フル・アクティブ・ハイビーム
・本革シート
・助手席 8 ウェイパワーシート
・12 セグ地上デジタル TV (リモートコントロール付)
・PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)/キーレスドライブ

 

ボルボV60/ S60 T4 Rデザインプラス価格、装備など

■ボルボV60/ S60 T4 Rデザインプラス価格
・S60 T4 R-DESIGN PLUS 4,590,000 円
・V60 T4 R-DESIGN PLUS 4,790,000 円

<標準装備>
専用エクステリア:
・エンブレム付フレームレスブラックフロントグリル、LEDポジショニングライト付専用
フロントバンパー
・専用シルバードアミラーカバー&サイドウインドー・シルクメタルトリム
・スペシャルデザインアルミホイール
S60/V60 T4 R-DESIGN “Ixion” (ダイヤモンドカット/テックマットブラック)
タイヤサイズ:8.0J×18 235/40R18
・リア・バンパー(専用ディフューザー付)、デュアル・スポーツテールパイプ
専用インテリア:
・本革/パーフォレーテッドレザー・コンビネーションシート
(フロントシートバックにR-DESIGNのロゴ刺繍入り)
・本革巻/シルクメタル・ステアリング・ホイール(パドルシフト付)
・デジタル液晶メーターパネル(Elegance、Eco、Performanceの3モード選択式、
R-DESIGN専用テーマカラー)
・専用フローティングセンタースタック(アルミニウム・パネル)
・専用フロントドア・スカッフプレート、スポーツペダル、フロアマット
・チャコールカラーのヘッドライナー
装備、仕様:
・専用スポーツサスペンション
・電子制御前進6速A/Tギアトロニック(湿式デュアルクラッチ)
・フロントパワーシート
・HDDナビゲーションシステム、VICS3、12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付)

<特別装備>
・ヒューマン・セーフティ
(歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)
・全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
・車間警告機能
・DAC(ドライバー・アラート・コントロール)
・LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド-急接近車両警告機能)
・CTA(クロス・トラフィック・アラート)
・LDW(レーン・デパーチャー・ウォーニング)
・BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
・RSI(ロード・サイン・インフォメーション)
・フル・アクティブ・ハイビーム

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】