ランドローバー レンジローバー新車試乗評価 ライバルは大型高級サルーン! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ランドローバー】2013/05/15

 

 

オールアルミボディで、最大約400kgの軽量化が施されたボディ

ランドローバー レンジローバー

 レンジローバーが久々にフルモデルチェンジを受け、初めてオールアルミ製のモノコックボディを採用した。オールアルミ化により、最大400kgに達する大幅な軽量化が大きなポイントだ。

といっても、ボディが拡大されて装備が増えたことなどによる重量増要因もあり、スーパーチャージャー仕様エンジンを搭載した上級グレードの重量は2500kgを超えているから、引き続き超重量級のクルマであることは変わらない。

ひと回り大きくなったボディは、全長が5mを超え、全幅は2mに近くになった。全高だけはやや低くなったものの、とても大きなボディである。その大きさは存在感があるというレベルのものてはなく、威圧感さえ感じさせる塊である。

新型車の開発コンセプトは、変化ではなく進化を目指すものとされ、基本的にキープコンセプトで作られた。見るからに堂々とした感じの四角い外観デザインは、いかにもレンジローバーらしいものだし、オフロードなど、道なき道を走り抜ける能力を徹底追及したことなども従来と変わらない。

ランドローバー レンジローバー
ランドローバー レンジローバー
ランドローバー レンジローバー

ランドローバー レンジローバー

 

本格オフローダーなのに、まさに高級車といえる贅を尽くしたインテリア

ランドローバー レンジローバー

 本格派のオフロード4WDなので、床面や運転席の座面高はけっこう高い。なので乗り降りするのが大変なのだが、電子制御サスペンションに車高調整機能が備えられているので、車高を下げれば小柄な女性でもスムーズに乗り降りできる。

運転席に座ると、高めの着座位置と低いベルトラインによって大きく開けた視界が確保されている。また、見やすく分かりやすい配置で操作性に優れたスイッチ類などは、従来のモデルから継承されたものだ。

インテリア回りの雰囲気は、正に高級車のものといっていい。木目や本革などの自然素材を始め、厳選された素材を使って入念に作り込まれたインテリアが、ラグジュアリーな雰囲気をかもし出している。

ランドローバー レンジローバー
ランドローバー レンジローバー
ランドローバー レンジローバー

 

パワフルなパワーユニットをもち、高級セダンの快適性と静粛性も兼ね備える

ランドローバー レンジローバー

 搭載エンジンは、V型8気筒5.0リッターの自然吸気仕様とスーパーチャージャー仕様の2機種。この設定は従来と同じである。ただ、トランスミッションがZF製の8速ATに変わった。これによって、走りの滑らかさと高速クルージングを中心に燃費を向上させている。

スーパーチャージャー仕様エンジンの搭載車は、オートバイオグラフィーに試乗した。このクルマに乗ってラフにアクセルを開くと、背中を押されるようなというか、蹴飛ばされるくらいの猛烈な加速感がある。重量級のボディにして、この加速感である。動力性能は375kW/625N・mでそれ自体がすでに十分なものだが、従来以上に速くなったような印象を受けるのは、軽量化されたアルミボディも貢献しているだろう。

別の機会に自然吸気エンジンを搭載したヴォーグにも試乗した。動力性能は276kW/510N・mで、スーパーチャージャー仕様ほど強烈な加速ではないものの、こちらも十分な動力性能を備えるのは言うまでもない。

日常的な走りは、とても静かで力強いものだ。市街地走行だけでなく、高速クルージングでの風切り音やロードノイズも良く抑えられていて、あたかも高級セダンに乗っているような気分になる。

もちろん1000万円を超える高級車であるのも事実なのだが、オフロード4WDとは思えない乗り心地や静粛性から感じるのは、高級セダンを走らせているような感覚だ。これは無骨なオフロード4WDとは完全に一線を画すものである。

新型レンジローバーの発表会でも、「Sクラスや7シリーズとも競合するクルマ」という趣旨の説明があった通り、正に高級車の走りを体感できた。レンジローバーがあれば、平日のビジネスライフと終末のアウトドアライフを1台でまかなえる。

レンジローバーは、ベースグレードで1230万円からという高額車なので簡単に手の届くクルマではない。お金に余裕のある人が選ぶクルマである。本国ではV型6気筒3.0Lのスーパーチャージャー仕様エンジンを搭載したモデルも発表されているので、そう遠くない時期に、もう少し手に入れやすいクルマになるものと期待される。

ランドローバー レンジローバー
ランドローバー レンジローバー
ランドローバー レンジローバー

レンジローバー 価格 燃費 スペック等

■レンジローバー
・5.0 V8 VOGUE (ヴォーグ) 12,300,000 円
・5.0 V8 SUPERCHARGED VOGUE (スーパーチャージド ヴォーグ) 14,900,000 円
・Autobiography (オートバイオグラフィー) 16,700,000 円

代表グレード レンジローバー5.0 V8 SUPERCHARGED VOGUE (スーパーチャージド ヴォーグ)
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 5,005×1,985×1,865mm
ホイールベース[mm] 2,920mm
トレッド前/後[mm] 1,690/1,685mm
車両重量[kg] 2,520kg
総排気量[cc] 4,999cc
エンジン最高出力[kW(PS)/rpm] 375(510)/ 6,500rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 625(63.8)/2,500rpm
ミッション 8速AT
タイヤサイズ 275/45R21
JC08モード燃費 5.3km/L
定員[人] 5人
税込価格[円] 14,900,000円
発売日 2013/3/2
レポート 松下宏
写真 編集部

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】