【日産 ジューク ターボ 試乗評価】背の高いスポーツカー? 新種のSUVにターボモデルが追加!! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2010/12/19

気になっていた日産ジューク。4WDターボモデルに試乗した!

日産 ジューク ターボ フロントマスク
 日産ジュークはデビューした時から試乗してみたいと思っていた。なんと言ってもあの個性的なスタイルがいい。個性が強すぎて万人には受け入れら無いクルマだろうと考えていた。ところが日産の皆さんに失礼だが意外と売れているらしい。そのジュークにターボが付き、更に4WDになったモデルが追加されたとの噂を聞き、日産の本社まで試乗に行ってきた。
 改めてじっくりジュークのエクステリアを見ると個性的でいい。ショー・モデルのようなクルマを世に出した日産に拍手を送りたい。早く運転したくなり運転席に座り、エンジンをスタートしようとしたらスタートスイッチがない。GT-Rだったらセンターコンソールにあるのだが見当たらない。隣の編集長に聞いたら、「ココです」とハンドルが陰になって見えない部分を指す。覗きこんで見たらやっとスタートスイッチが見つかった。ドライバーの死角になる部分にスイッチを配置するのはどうかと思うが、このジュークなら許せてしまう。インテリアの造形は従来の日産車に見られなかったデザイナーの個性を感じる。センターコンソールを赤く塗装しポルシェみたいである。全体の印象としては若々しくスポーティでありこのクルマのキャラクターに合っている。良い意味で日産らしくなく私は好きなインテリアであると評価していい。インテリジェントコントロールディスプレイと呼ぶクルマの走行状況を表示するディスプレイが装備されていたが、ナビの下に付いていて視線よりだいぶ下にあるため運転中に操作し見るのは難しい。しかし助手席に乗った時にブースト表示、G表示、エコ情報などを操作してみたら面白い装備である。たとえ運転中の実用度が低くても「特別な装備」はジュークの様なクルマには私は必要であると考える。
日産 ジューク ターボ フロントビュー
日産 ジューク ターボ リヤビュー
日産 ジューク ターボ タイヤ&ホイール

やはり個性的なジュークのエクステリア。個性が強すぎて万人には受け入れら無いと思いきや、意外にも(!?)好調な売れ行きだ。ターボモデルには2WDと4WDが用意され、ともに17インチタイヤ&アルミホイールを標準装備する

日産 ジューク ターボ インパネ
日産 ジューク ターボ インパネ
日産 ジューク ターボ インテリジェントコントロールディスプレイ

センターコンソールを赤く塗装するなど、従来の日産車に見られなかったデザイナーの個性を感じるインテリア。良い意味で日産らしくないと言える。インテリジェントコントロールディスプレイは助手席に乗った時にブースト表示、G表示、エコ情報などを操作してみたら面白いだろう

デザインだけではなく中身も濃密なジューク。今後の熟成に期待!

日産 ジューク 1.6リッター直噴ターボエンジン

2010年11月に追加されたターボモデルでは 190ps/5600rpm, 24.5kgf・m/2000-5200rpmを発揮する1.6L直噴ターボエンジンを搭載。必要な時は力強く、そうでない時は静かで燃費も良い、実用的なエンジンだ

 運転席の着座位置は高めで視界も良く運転しやすい。全長は4.1m強とコンパクトであるが、全幅は1.7mを超えるので室内の窮屈感は無い。室内高がしっかり確保され後席も充分なスペースがある。ハンドルは中立付近の曖昧さもなく電動パワーステアリングの操舵感は自然である。また意外と言うと怒られるかもしれないがジュークは乗り心地がいい。コーナーでも過大なロールがなくピッチングも少なく自然な動きで、私が今年試乗した車では一二を争う良い乗り心地のしなやかなサスペンションである。試乗時、高速道路では強風が吹いていたが、風の影響も最小限でハンドルに手を添えているだけ安定して走れ、従来日本車が弱かった高速道路でもいい。エンジンは最新のスペックで1.6L直噴エンジン+ターボ(190ps/5600rpm、24.5kgf・m/2000 – 5200rpm)にCVT(6速マニュアルモード付き)を組み合わせている。高速道路での巡航時は2000回転以下しかエンジンは回っていないので静かであり、後席の人とも大声を出さないで普通に会話出来る。その状態からアクセルを強く踏むと、エンジンの回転が上昇し(さすがにこの時は騒々しい)隣の編集長が「速い〜」と驚くほどの加速をする。必要な時は力強く、そうでない時は静かで燃費も良い、実用的なエンジンである。直噴ターボエンジンはFFの16GTと4WDの16GT FOURがあり試乗車は4WDモデル。ALL MODE 4×4-i(トルクベクトル付き)と呼ぶ4WDシステムで、路面状況に応じてトルク配分比を前後間で100:0〜50:50、後輪左右間で100:0〜0:100に変化させるシステム。4WDモードスイッチを切り換え比較して走ってみると、トルク配分を変化させて走るモードを選ぶとアンダーステアが軽くなりスポーティなハンドリングとなる。運転中は4WDを意識しないですみ、なかなか賢いシステムである。
 ジュークは久しぶりに開発者の顔が見えて、昔から日産ファンの私としてはGT-Rが復活した時以上に嬉しくなったクルマである。デザインだけではなく中身も濃密でクルマとしての基本性能が高く、久しぶりに「これなら」と思ったクルマである。欠点としては、「味」が少ないが、これは今後熟成を重ねれば出てくるだろう。引き続きGT-Rと同様に開発を続ければコンパクトSUVクラスでは海外メーカーにも負けないクルマになる。もう一つ、車両価格がノンターボモデルに対して価格上昇が大きいので頑張って値下げして欲しい。「ジュークは良いクルマですよ」と自信を持って勧められると評価していい。
日産 ジューク ターボ フロントシート

運転席の着座位置は高めなので、視界も良く運転しやすい。1.7mを超える全幅で室内は窮屈感を感じさせない

日産 ジューク ターボ リヤシート

室内高もしっかり確保されているので、後席も充分なスペースでゆったりできる

日産 ジューク ターボ ミッション シフト

ターボでは6速マニュアルモード付きエクストロニックCVTを搭載。シンクロレブコントロールにより、スムーズで素早い変速が可能だ


日産 ジューク ターボ 走り
日産 ジューク ターボ 走り
日産 ジューク ターボ 走り

搭載の4WDシステム「ALL MODE 4×4-i(トルクベクトル付き)」は路面状況に応じてトルク配分比を前後間で100:0〜50:50、後輪左右間で100:0〜0:100に変化させる。アンダーステアが軽くなりスポーティなハンドリングとなる

代表グレード 日産 ジューク 16GT FOUR[4WD]
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4135×1765×1570mm
車両重量[kg] 1380kg
総排気量[cc] 1618cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 190ps(140kW)/5600rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 24.5kg-m(240N・m)/2000-5200rpm
トランスミッション 6速マニュアルモード付エクストロニックCVT
10・15モード燃費[km/L] 14.0km/L
定員[人] 5人
消費税込価格[万円] 245.175万円
発売日 2010/11/02
レポート 丸山 和敏
写真 オフィスマッシュルーム

【関連記事】

(レポート:丸山 和敏

【オススメ記事】