テスラ モデルS(TESLA MODEL S)試乗記・評価 かなり大きなセダンだが、重さを感じさせない加速力! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【その他】2015/10/23

 

 

500㎞前後と長い航続距離を誇るが、その分たくさんの重い電池を搭載。気軽に乗れるEVではないが、一定の存在意義も

テスラ モデルS(TESLA MODEL S)

 オープンボディロードスター から販売を始めた電気自動車専門メーカーのテスラは、上級車クラスの4ドアセダン であるモデルS をラインナップした。最近では、モデルSにツインモーターを搭載したモデルも設定しているが、取り敢えずシングルモーターの搭載車についてレポートしたい。

試乗車は85kW/hの電池を搭載するシグネチャー・パフォーマンスというモデルSの最上級モデルである。85kW/hという数値がどれほどのものかは、リーフ の電池が24km/hであることと比べたら良く分かる。普通のガソリン車と変わらないような航続距離が得られるのも当然といえば当然である。

同時に高価なリチウムイオン電池を大量に搭載することで、車両価格も相当に高いものになるのもまた当然のこととなる。

テスラ モデルSのボディは、非常に大きい。全長は4970mmで5mに近く、全幅はドアミラーを格納したときには何とか2m以内に収まるが、ミラーを展開すると2200mmに達する。ホイールベースも2960mmと長く、小回りはあまり効かない。このボディの大きさから、駐車場事情の許す人でないと買えないクルマである。

大きなボディを持つだけに、室内空間には十分な広さがある。5名の乗車定員が設定された4ドアセダンだが、後席は広くてしかも足元がフラットなので、余裕ある5名乗車が可能なセダンに仕上げられている。

運転席に乗り込むと、中央に配置された17インチの大きなタッチスクリーンの液晶パネルが目に入る。縦型にレイアウトされたやたらとでかいパネルだ。ここには地図が表示されるほか、さまざまな車両情報や設定の画面のほか、ウェブ接続、電話など機能も含まれている。下部にあるコントロールボタンを押すと、走行モードや車高の調整が可能になる。

試乗した時点では、まだ地図表示がカーナビにつながっていなかった。せっかくの大画面なのに経路案内などができないのは、やや残念な点だった。

テスラ モデルS(TESLA MODEL S)
テスラ モデルS(TESLA MODEL S)
テスラ モデルS(TESLA MODEL S)

テスラ モデルS(TESLA MODEL S)

 

テスラ モデルS価格

■テスラ モデルS価格
・70 RWD 9,260,000円
・70 AWD 9,886,000円
・85 RWD 10,560,000円
・85 AWD 11,186,000円
・P85D AWD 13,690,000円

 

テスラ モデルS 85スペック、航続距離など

85 kWhバッテリー搭載 後輪駆動
90 kWhバッテリーへのアップグレードにより航続距離約6%増
502 kmの航続距離(NEDC)
5.6 秒で時速100 kmまで加速
13.5 秒で0-400 mを走行
278 kW
285 kWのモーター出力
440 Nm のモータートルク
225 kmの最高時速

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】