ダイハツ ウェイク(WAKE)試乗記・評価 高い重心高&重い車重がもららす悪癖を上手く消し去ったフットワーク [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ダイハツ】2015/06/02

■重いウェイクには、ターボエンジンが必須!?

ダイハツ ウェイク(WAKE)
 ダイハツ ウェイク の試乗車は、ターボエンジンを搭載したG“SA”だったので、走りにはまずまずの余裕があった。軽自動車 のエンジンは、排気量が660ccに限られている上に、パワーの上限が47kWという自主規制がかけられているので、動力性能はどのクルマでも大差がない。ただ、ウェイクは軽乗用車の中でも最も重い部類に入り車重は1トンを超える。そのため、走りはどうかと思っていたが、ターボ車はそれなりに良く走った。

 とはいえ、ウェイクよりも軽い軽自動車は、もっと力強く走る。ウェイクだけが、特に余裕があって良く走るという印象ではない。このあたりが、ウェイクの走行性能を判断する上で難しいところである。

 よりパワーとトルクが小さくなる自然吸気エンジン搭載車の走行性能は、かなり厳しいと思う。実際に乗っていないので、あまり悪く言うことはできないが、自然吸気エンジンのパワーはターボ仕様の2割減程度にとどまり、トルクは3分の2くらいの性能でしかない。1トンを超える重いボディとの相性が良くないことは、容易に想像でき、走行性能は期待できないと思う。ダイハツもそうしたことを理解してか、量販グレードはターボのみの設定だ。

ダイハツ ウェイク(WAKE)
ダイハツ ウェイク(WAKE)
ダイハツ ウェイク(WAKE)

■ゆったりとした動きで、高い重心を感じさせないフットワーク。しかし・・・

ダイハツ ウェイク(WAKE)
 ウェイクの車両重量は1tを超え、試乗グレードで1020kgに達している。これは、タント に比べると60kgほど重い。ウェイクでは軽量化を頑張ったほか、クルマの下部に重いものを搭載し、上方は樹脂部品を増やしたり、スチールの厚さを変えるなどし、できる限り重心を下げる努力がなされている。

 これによって、重心高はタントに比べ10mmほどしか高くなっていないというが、それでも一定程度に重量が増加して重心高も高くなっている。重心が高くなれば、それだけクルマは不安定になり、最悪の場合、横転の危険性が増す。強い横風を受ければ、フラフラしやすいクルマになる。クルマ作りの方向性としては、必ずしも良い方向を向いているとはいえない。

 ただ、ウェイクを走らせて操縦安定性に不安があるかといえば、そんなこともなかった。当然ながら、ダイハツも背の高いパッケージングに対応して操縦安定性を確保するための工夫をいろいろと凝らしていて、不安を感じさせないようなチューニングを施しているからだ。

 クルマが全体にゆったりした動きを示し、妙なキビキビ感がない。このことが、まず安心感につながっている。ステアリングはロックtoロックが3.25回転ほどだが、その割には操舵感覚もゆったりしている。前後(4WDは前だけ)に太めのスタビライザーを装着して、コーナーでのロールを抑えているので、走りそのものは車高を感じさせないものになっている。

 足回りは、ややアンダーステア傾向を強めにして安定志向の走りとするとともに、妙に突っ張りすぎることのない足回りとしてチューニングされている。コーナーでは、一定の安定性を示すと同時に乗り心地も良好だ。この背の高いパッケージングの中で、良く頑張った足回りだと思う。横滑り防止装置の介入がやや早めに感じられたが、これは横転リスクを下げるためであり、N-BOXなども同様の味付けをしている。

ダイハツ ウェイク(WAKE)
ダイハツ ウェイク(WAKE)
ダイハツ ウェイク(WAKE)

■やや無理のあるパッケージング

ダイハツ ウェイク(WAKE)
 ウェイクは、大容量空間コンセプトに意義があるという見方もある。しかし、個人的にはあまりお勧めできるクルマではない。

 クルマは、基本的に軽くて重心高が低いほうが良い。ウェイクは、全高を上げることで大容量の室内空間を作っているが、頭上部分に大きく広がる空間をどう使うかということになると、有効に使える人はそうはいないのではないだろうか。

 タントには、軽自動車の枠内で最大の居住空間を追求したという大義があった。しかし、ウェイクにはそうした大義が感じられない。少々というか、かなり無理なパッケージングというのが全体的な印象である。

ダイハツ ウェイク(WAKE)
ダイハツ ウェイク(WAKE)
ダイハツ ウェイク(WAKE)

■ダイハツ ウェイク(WAKE)価格

ダイハツ ウェイク(WAKE)
■ダイハツ ウェイク価格

・D 2WD 1,350,000円
・D“SA” 2WD 1,393,200円
・L 2WD 1,522,800円 L – 4WD 1,647,000円
・L“SA”2WD 1,566,000円 L“SA”4WD 1,690,200円
・X 2WD 1,620,000円 X 4WD 1,744,200円
・X“SA”2WD 1,663,200円 X“SA” 4WD 1,787,400円
・G 2WD 1,706,400円 G – 4WD 1,830,600円
・G“SA”2WD 1,749,600円 G“SA” 4WD 1,873,800円

■ダイハツ ウェイク(WAKE)燃費、スペックなど

代表グレード ダイハツ ウェイクG“SA”
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3,395×1,475×1,835mm
ホイールベース[mm] 2,455mm
トレッド前/後[mm] 1,300/1,295
車両重量[kg] 1,020kg
総排気量[cc] 658cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 64PS(47Kw)/6,400rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 92(9.4)/3,200rpm
ミッション CVT
タイヤサイズ 165/55R15
JC08モード燃費 23.8km/L
定員[人] 4人
税込価格[円] 1,749,600 円
レポート 松下 宏
写真 編集部

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】