【アウディ A8L 4.2FSI クアトロ 新車試乗評価】全天候型最高級セダンの理想系 [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【アウディ】2011/02/16

ビッグセダン好きの筆者が語る、アウディ A8Lの立ち位置とは

アウディ A8L 4.2FSI クアトロ LEDヘッドランプ 画像
 アウディの日本での2010年新車登録台数は過去最高を記録した。その旗艦モデルである新型A8が2010年12月に発売となり、ビックセダン好きの私としては待ちに待ったA8の試乗である。試乗したのはアウディ A8L 4.2FSI クアトロ、全長はショートホイールベースモデル+12cmの5.275mと大きな車である。エクステリアは引き続きシングルフレームグリルを採用。最初にシングルフレームグリルを見た時のインパクトは強かったが、新型は旧型よりグリルに目を取られる事もなくなり、良い意味で全体のデザインの中に消化されている。ルーフは低く、キャビンも小さく、Cピラーはなだらかで、フォーマルセダンと言うより4ドアクーペに見える。外観上のアイデンティティとして、ヘッドライトにLEDを新しく採用。ポジショニングランプとウインカーのLEDは、小技を効かしたオシャレな配置だ。ライバル車であるメルセデス・ベンツSクラス、BMW7シリーズ、レクサスLSは保守的スタイルであるが、新型A8はそこから離れマセラティ・クアトロポルテやジャガーXJなどのラグジュアリー路線に近づいたと評価したい。

アウディ A8L 4.2FSI クアトロ 外観 エクステリア 画像

クルマとの一体感を味わえるドライバーズシートと最高のくつろぎを堪能出来るリアシートを兼ね備える

アウディ A8L 4.2FSI クアトロ 後席 画像
 最初はいつものように後席から乗り込む。足元は広く贅沢な空間である。レザーシートの手触りは上質で、マッサージ機能を作動させ、目を閉じバング&オルフセンのサウンドシステムから流れる音楽に耳を傾ければとても身体の力も抜けてくる。運転席、助手席の各バックレストには10インチモニターが装備され地デジやDVDも楽しむ事が出来る。絶対的な空間は広いが室内高は低めで、ライバル車に比較すると少し圧迫感を感じる。またMMI@タッチ(マルチメディアインターフェイス)を前席に装備しているのだから、後席にも採用しTVやラジオの操作スイッチを減らして欲しい。
 快適なリヤシートを降り、今度はハンドルを握ってみる。発進して直ぐに感じるのが、全長が5mを超え全幅は1.95mもあるが、A6を運転しているかのように実サイズよりコンパクトに感じる。旧型よりボディ剛性を25%向上させたのもハンドルを握れば実感し旧型のS8のようにクルマとの一体感がある。
また、電子制御式エアサスペンションは柔らかい乗り心地としっかり感を両立。最高出力372PS を誇る4.2L V8エンジンはどんな速度域でも、右足のアクセルペダルの期待以上に加速する。エンジンは8速ATとの協調も良く、ある時はフォーマルサルーンに相応しく静かに、またある時はスポーツカーの様に力強く鼓動を聞かせる。
アウディ A8L 4.2FSI クアトロ 後席エンターテイメント 液晶画面 画像
アウディ A8L 4.2FSI クアトロ フロントシート 画像
アウディ A8L 4.2FSI クアトロ インパネ周り 運転席 画像

ハイパフォーマンス版"S8"の登場にも期待がかかる素性の良さ

アウディ A8L 4.2FSI クアトロ エンジン 画像
 ハンドリングは、通常ではアンダーが少なく、4WDを意識する事は無い。前後駆動配分は40:60で後輪に多くの駆動を伝え、必要に応じて前後の配分は変化する。エンジン、トランスミッション、ステアリング、サスペンションのセッティングは、ドライブセレクトによりを統合的に電子制御。通常は「オート」にしておけば市街地から高速道路まで不満が無いが、峠道を「その気」になって運転するなら「ダイナミック」の選択がお勧めだ。腕に覚えのあるドライバーが「ダイナミック」を選択すれば、とたんにクルマが引き締まり、コーナーを攻めたくなる気分に。ドンドン速度を上げていけば、最終的にはアンダーステアが顔を出すが、それは極めて高い速度。それまでは、オンザレール感覚である。「コンフォート」を選択すると、ペースを上げて走った時にドライバーはアンダーステアを感じる。ただし、このクルマはアウディA8Lであり、後席に座るVIPの快適性を重視する仕様だ。その目的を考えれば、文字通りとても快適である。

 メルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズはあまりに保守的過ぎで飽きた、或いは他人とチョット違うクルマが欲しい。普段の仕事中は後席に乗っているが、週末は自分でハンドルを握る。そんな人にはアウディA8がピッタリだろう。また、他のライバル車では4WDが搭載されている事も少ない。アウディA8のクワトロシステムにより、雪や雨などどんな天候でも安心してハンドルを握れるのは大きなアドバンテージだ。悪天候でも安心して移動できるというのは、後席に乗るVIPにとっても、アウディA8を積極的に選択する理由のひとつだろう。
 大きく進化したアウディA8。普通に使うならこれで十分すぎるほどなのだが、ビッグセダンでさらにハイパフォーマンスバージョン好きの私としては、NEWアウディS8のデビューが待ち遠しい。

アウディ A8L 4.2FSI クアトロ トランスミッション 画像
アウディ A8L 4.2FSI クアトロ MMI 画像
アウディ A8L 4.2FSI クアトロ MMI 液晶画面 画像


アウディ A8L 4.2FSI クアトロ オーディオ 画像
アウディ A8L 4.2FSI クアトロ トランクルーム 画像
アウディ A8L 4.2FSI クアトロ LED 方向指示 ウィンカー 画像

アウディ A8L 4.2FSI クアトロ 走り 画像

試乗車 アウディ A8L 4.2FSI quattro(クアトロ)[4WD]
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 5275x1950x1465mm
車両重量[kg] 2080kg
総排気量[cc] 4163cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 372ps(273kW)/6800rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 45.4kg-m(445N・m)/3500rpm
トランスミッション ティプトロニック 電子制御8速AT
10・15モード燃費[km/L]
定員[人] 4人
消費税込価格[万円] 1290.0万円
発売日 2010/12/15
レポート 丸山 和敏
写真 CORISM編集部

アウディ A8L 4.2FSI クアトロ リアビュー 画像

221616.com【ガリバー】

【関連記事】

(レポート:丸山 和敏

【オススメ記事】