安全性アップし、特別仕様車ハイウェイスター アーバンクロム追加!【日産エルグランド新車情報】 [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2011/11/13

アルファード/ヴェルファイアとの強いライバル心で、さらなる進化へ

日産エルグランド アーバンクロム

350ハイウェイスター アーバンクロム

 日産は、最上級ミニバンであるエルグランドを一部仕様向上するとともに、特別仕様車「ハイウェイスター アーバンクロム」を設定し発売した。

 今回の仕様向上は、世界初の「移動物検知」機能などを追加した新型アラウンドビューモニターを搭載した。アラウンドビューモニターは、クルマの周囲をカメラで合成し、障害物を確認できる運転支援システムのひとつ。

 新たに追加された「移動物検知」機能は、車両周囲に歩行者や買い物カートなどの移動物を検知。検知すると、モニター画面表示と音でドライバーに知らせ、駐車スペースから発進する際などの安心感を高めている。

 さらに、車庫入れや縦列駐車時に、後退開始位置やステアリングの切り返し位置などをモニター画面と音声で案内する「駐車ガイド機能」には、これまで手動で設定していた目標駐車枠を、クルマが自動で白線を認識して設定する機能を追加し、利便性を向上させた。また、トップビュー画面でも、タイヤの切れ角や予想進路線を表示させ、よりスムーズな駐車を可能としている。

 また、便利機能系では、顧客からの要望の多かったリモコンオートバックドアを350ハイウェイスターに標準装備。2.5L車にもメーカーオプションとした。安全装備では、アクティブAFSを2.5リッター車全車に標準装備することで、全グレード標準装備となる。これにより、日産最高級ミニバンとしての高い安全性に磨きがかかった。

 こういった仕様向上した上で、特別仕様車「ハイウェイスター アーバンクロム」を追加。350ハイウェイスター、250ハイウェイスターをベースに、重厚な輝きのあるダーククローム色のフロントグリルや、フロントグリルと 統一感のある専用ダーククロームフォグランプフィニッシャー、専用グラファイトフィニッシュ18インチアルミ ホイールを装備した。さらに、フロントプロテクターや、クリアリヤ コンビランプ、クリアタイプのLED式ハイマウントストップランプを装着し、フロント、リヤともにより迫力のあるスタイルになった。

 エルグランドは、2010年8月にデビューして、わずか1年ちょっとで仕様向上と特別仕様を追加するにはワケがある。ライバルであるトヨタ アルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジを行い、さらに待望されていたハイブリッド車が追加されたからだ。エルグランドにはハイブリッド車がないので、さすがに同じ土俵で勝負することはできないが、他のグレードで負けるわけがいかないのが、このクラスのパイオニアであるエルグランドの意地でもある。

 2.5Lエンジン車は、排気量が多いのに燃費は同等。当然、トルクは2.4Lを搭載するアルファード/ヴェルファイアに勝っている。また、走りはリヤサスにマルチリンクを使うエルグランドに対して、アルファード/ヴェルファイアはトーションビームであることから、乗り心地やフットワークの部分でも優位だ。

 しかし、クルマとしは優っていてもマイナーチェンジ前のヴェルファイアとは、販売台数で接戦を繰り広げている事実もある。そんな日産の危機感と、ライバル心が全面に出ていると思っていいだろう。

 また、日産の十八番だったアラウンドビューモニターと同様のトヨタ初のパノラミックビューモニターをアルファード/ヴェルファイアは装備。ハイウェイスターに代表されるエアロモデルをもアルファード/ヴェルファイアは増やしてきたのだから、心中は穏やかではいられないはず。それに対応したのが、特別仕様のアーバンクロムだったりする。

 どちらしても、健全なライバル関係にあり双方のクルマが、ドンドンと良くなり価格も抑制されていくのなら、我々にとっては歓迎すべきこと。

 実際にどちらかを選ぶ場合は、必ず試乗してみることをおすすめする。やはり、乗ってみないと分からないことはたくさんある。両車を比べることで、双方の営業マンはヒートアップすることは間違いないので、値引き金額もアップするメリットもあるからだ。

 今後のエルグランドに望みたいのは、アイドリングストップ機能の早期装着だ。セレナのアイドリングストップ機能の完成度は高く、燃費にも大きく貢献している。さらに排気量が大きいエルグランドのなら、なおさら省燃費効果は高くなる。大排気量車は、アイドリングさせているだけで多くのガソリンを消費するからだ。

<日産エルグランド価格>

■FF車
・350Highway STAR Premium 4,357,500円
・350Highway STAR Urban CHROME     4,042,500円
・350Highway STAR         3,916,500円
・250Highway STAR Urban CHROME     3,612,000円
・250Highway STAR         3,412,500円
・250XG                 3,108,000円

■4WD
・350Highway STAR Premium     4,641,000円
・350Highway STAR Urban CHROME     4,326,000円
・350Highway STAR         4,200,000円
・250Highway STAR Urban CHROME     3,895,500円
・250Highway STAR         3,696,000円
・250XG                 3,391,500円

<特別仕様車車両概要>

■エルグランド ハイウェイスター アーバンクロム(ベース車350ハイウェイスター/250ハイウェイスター)

■ベース車に対する変更点
● 350 / 250 ハイウェイスター アーバンクロム共通
・ダーククロームグリル
・ダーククロームフォグランプフィニッシャー(ハイウェイスター アーバンクロム専用)
・フロントプロテクター
・グラファイトフィニッシュ18インチアルミホイール(ハイウェイスター アーバンクロム専用)
・クリアリヤコンビランプ
・LED式ハイマウントストップランプ(クリアタイプ)
● 250ハイウェイスター アーバンクロム
ワンタッチオートスライドドア(運転席側) (350ハイウェイスターには標準装備)

日産エルグランド アーバンクロム

新型アラウンドビューモニター

日産エルグランド アーバンクロム

VIPリヤシート

日産エルグランド アーバンクロム

エルグランド ライダー

日産エルグランド アーバンクロム

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】