スズキ アルトターボRS試乗記・評価 加速力では、クラストップレベル! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【スズキ】2015/12/03

 

 

強化されたサスペンションやボディにより、とにかく気持ちよく走る!

スズキ アルトターボRS

 足回りは、ターボ仕様のエンジンに合わせて強化され、スタビライザーも前後(4WD車 は前輪だけ)に装着される。コーナーでは、一定程度にロールするものの、ストラットタワーバーなどターボRS 専用の補強もなされたボディは、ロール速度が抑制されていて、気持ち良くコーナーを抜けていくことができる。箱根の芦ノ湖スカイラインを走らせながら、“こいつはいいや”と感じていた。

アルト ターボRSの外観デザインは、標準車に対して一定程度に差別化されている。白いボディのドアミラーや前後のバンパーガーニッシュが赤く塗られているのでひと目でターボRSと分かる。ヘッドランプも眼鏡形状の輪郭の部分がメッキになり、ランプそのものがディスチャージヘッドランプになることで、鋭い眼力を感じさせている。

スズキ アルトターボRS
スズキ アルトターボRS
スズキ アルトターボRS

 

加速力などは、ピュアスポーツのS660より速い!

スズキ アルトターボRS

 インテリアもホールド性に優れた専用のスポーツシートやレッドステッチの本革巻きステアリングホイールが採用されるほか、メーターパネルもタコメーターを配置した専用のものとされている。

一定程度に差別化された内外装の仕様と、ターボ仕様のエンジンを搭載する割には、アルトターボRSの価格は本体価格が130万円を切り、カーナビなどのオプションを装着しても150万円ほどの予算で手に入るからだ。かなり手頃な印象のスポーティモデルである。

このクラスのライバル車には、ホンダS660 があり、こちらは専用のオープンボディを採用することなどによって、格段に重いクルマになっているほか、価格にも大きな違いがある。S660はしっかりしたボディと足回りの良さによって魅力的な走りを実現するものの、加速力などの速さなどではアルトターボRSのほうが上だ。大きな価格差があることも含め、S660とは別の選択があることを示している。少ない予算で走りを楽しめるという視点では、非常に注目したいモデルだ。

スズキ アルトターボRS
スズキ アルトターボRS
スズキ アルトターボRS

 

スズキ アルトターボRS価格

■スズキ アルトターボRS価格

・アルトターボRS 2WD 1,293,840円/4WD 1,405,080円

 

スズキ アルトターボRS燃費、スペックなど

代表グレード スズキ アルトターボRS
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3395×1475×1500mm
車両重量[kg] 670kg
総排気量[cc] 658cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 64ps(47kw)/6000rpm
エンジン最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 10.0kg-m(98N・m)/3000rpm
ミッション AGS
JC08モード燃費[km/l] 25.6km/l
定員[人] 4人
税込価格[円] 1,293,840円
レポート 松下宏
写真 編集部

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】