【メルセデス・ベンツ NEW Eクラスクーペ 試乗記】軽快さと重厚さの絶妙なハーモニー! 待望の新型「Eクラスクーペ」の正体に迫る [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【メルセデスベンツ】2009/08/26

待望のEクラスクーペが追加された

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ エクステリア
 今年5月に発売されたメルセデス・ベンツ Eクラスにクーペモデルが追加された。
 Eクラスのクーペは3世代前のW124の時代には設定されていたが、その後の2世代ではセダンとステーションワゴンのみでクーペの設定はなかった。その代わりにCLKがラインナップされてきたのが最近の状況だった。
 今回のEクラスクーペも純粋にEクラスのクーペというよりCLKの後継モデルという印象も強い。ホイールベースの2760mmという数字は Cクラスセダンと共通だし、ボディの全幅もEクラスセダンに比べると70mmも狭いので、Cクラスのプラットホームの上にEクラスのパワートレーンを乗せたモデルと考えるのが妥当ともいえそうだ。
 ただ、パワートレーンのほか、最新の安全装備などもEクラスセダンと変わらないものが用意されているし、外観デザインもEクラスのクーペであることをはっきりと主張しているので、Eクラスクーペを名乗るのはごく当然のことである。
メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ フロント

どこから見てもEクラスクーペを名乗るのにふさわしい存在感と個性を感じさせてくれる。流麗なルーフラインなど、いかにもクーペらしいフォルムだ。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ リヤ

立体的なボディサイドのラインがとても印象的。AMGスポーツパッケージ装着車(写真)はエアロなどを装備し、かなり精悍なイメージが与えられている。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ フロントマスク

大きなフロントグリルやヘッドライトなどがEクラスらしい存在感を主張している。またバンパー開口部にはLEDナイトドライビングライトを内蔵している。


メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ リヤコンビランプ

リヤコンビランプはLED式を採用。サイドまで回り込んだ立体的な造形や、レンズのクリア感などは質感の高さを感じさせてくれる。

メルセデス・ベンツ E350クーペ 17インチタイヤ&アルミホイール

E350クーペは17インチのタイヤ&アルミホイールが標準装備。AMGスポーツパッケージを選べば大径の18インチ仕様となる。

メルセデス・ベンツ E550クーペ 18インチタイヤ&ホイール

E550クーペは前後異サイズの18インチタイヤが標準装備される。写真はAMGスポーツパッケージの6本スポークタイプだ。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ エクステリア

軽快な走りが印象的なE350クーペ

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 走り
 こうした素性を持つEクラスクーペを走らせると、まずはその軽快感が印象的だった。最初に試乗したのがE350クーペだったこともあり、アクセルワークに素直に反応する加速フィールや、フットワークに軽快さが感じられ高評価なんだ。
 メルセデス・ベンツが一般に、重厚感のある加速を見せるのに対し、このE350クーペのフットワークも含めた軽快さはBMWにも近い印象を与えるものだった。
 E550クーペになると印象はまた違ったものになり、 387ps(285kW)に達する圧倒的な動力性能によって力強いというか、豪快な加速フィールを味わうことができる。アクセルを踏み込むまでもなく、強烈な加速を味わわせるところは、E350クーペとは大きく異なる走りの味となる。
メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 3.5リッターV6エンジン

E350クーペに搭載されるのは3.5リッターのV6エンジン。リニアな加速フィールやレスポンスの良さが味わえ、走りは軽快な印象だ。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 5.5リッターV8エンジン

こちらの5.5リッターV8エンジンは、E550クーペに搭載されているもの。豪快な加速感はアクセルを深く踏み込まなくても分かるほど。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ シフトレバー

ミッションは変速の滑らかさに定評のある7速ATを全車に採用する。もちろんマニュアルモードも備え、スポーティな走りも楽しめる。


メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 走り
メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 走り
メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 走り

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 走り

スポーティさと上質さを両立させた快適な乗り味が高評価

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 走り
 どちらのエンジンにも7Gトロニックの電子制御7速ATが組み合わされていて、これが相変わらずの滑らかな変速フィールを見せる。タウンモードで走ったときの中速域でのショックのない変速は、何速のギアで走っているのかが分からなくなるほど滑らかだ、まさに高評価なのさ。
 EクラスクーペではEクラスセダンと違って、シフトレバーがセンターコンソールに設けられているので、このレバーを使って積極的にシフト操作することもできるし、ステアリングの裏側のパドルを使ってのシフト操作も可能。ワインディングなどでは両方の方法で積極的なシフト操作を試したが、マニュアル操作時のレスポンスの良さも上々だった。
 ただ、全体としてEクラスクーペを見るなら、スポーツ走行を楽しむためのクーペというより、スポーティさを備えたラグジュアリーなクーペと考えるのが正解だ。
 E350クーペのメカサスはもちろん、E550クーペの電子制御AIRマティックサスペンションではなおさらに、快適な乗り心地を実現していることなどからもラグジュアリークーペであることが良く分かる。
メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ インテリア

インテリアはスポーティさのなかにもプレミアム感を感じさせてくれるデザインだ。各部の天然素材も厳選されたものを使用している。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ フロントシート

フロントシートはサイドのサポートがしっかりした形状のものを装備する。長時間のドライブでも疲れにくく、非常に快適な移動空間だ。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ リヤシート

セダンとは異なり、リヤシートは2人乗りとなっている。そのためスペースも想像よりは広く、窮屈な印象はほとんど感じられない。


メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ インテリア

こちらはE350クーペのインテリア。内装色はブラックやベージュ(写真)の他、レッドやグレーなども用意されている。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ メーター

スピードメーターを中心としたメーターは視認性も良好だ。中央のディスプレーは画面が大きく、様々な情報をわかりやすく表示する。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ ラゲッジ

トランクスペースは十分な広さが確保されている。トランク側のレバーを引くことで左右別々にトランクスルーにできるので便利だ。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ リヤビュー

代表グレード メルセデス・ベンツ E350クーペ
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4705×1785×1395mm
車両重量[kg] 1670kg
総排気量[cc] 3497cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 272ps(200kw)/6000rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 35.7kg-m(350N・m)/2400〜5000rpm
ミッション 7速AT
10・15モード燃費[km/l] 9.1km/l
定員[人] 4人
税込価格[万円] 860.0万円
発売日 2009/7/29
レポート 松下宏
写真 佐藤靖彦

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】