レクサスUX試乗記・評価 都会で際立つ機動力

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【レクサス】2019/04/14

レクサスUX

 

都会派コンパクトSUVがレクサスUX

レクサスUXプレミアムブランドであるレクサスの魅力は、セダンだけではない。今やセダンを押しのけて主役となりつつあるのがプレミアム志向を強く打ち出したクロスオーバーSUVだ。RXとNXに続いてレクサスが放ったクロスオーバーSUVが、スタイリッシュなフォルムをまとった「新型レクサスUX」である。

新型レクサスUXのキャッチフレーズは「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」。創造的で、都会的なライフスタイルの探求者を開発コンセプトにしている。

新型レクサスUXの魅力のひとつは、強い存在感を放つデザインだ。エクステリアは、低く、ワイドに構えた躍動感あふれるフォルムである。タイヤを四隅に起き、力強いフェンダーモールによって安定感を上手に演出した。スポーティさだけでなく高級ムードも伝わってくる。

スピンドルグリルを採用するフロントマスクは、ひと目でレクサスと分かる顔立ちだが、ヘッドライトまわりに新しいアイデアを盛り込んだ。翼形のテールランプも目を引く。

 

 

コンパクトSUVながら、全幅は1840mmとワイド

レクサスUXボディサイズは全長4495㎜、全幅1840㎜、全高1540㎜だ。兄貴分のレクサスNXより、ひと回りコンパクトで、ホイールベースも20mm短い2640㎜とした。サイズ的には、トヨタC-HRに近い。

全幅は国際基準だから、狭い駐車場や全幅1800mm以内の制限が付く立体駐車場なでは気を遣うだろう。ちなみに全高は、立体駐車場を使える高さに抑えた。

レクサスUX

 

 

見た目より広いキャビン

レクサスUXインテリアは、日本の建築美学にヒントを得てデザインされている。インパネからドアまでを一体感のあるデザインとし、バージョンLのインパネ上部には和紙の風合いを持つパネルを採用した。9色のインテリアカラーを揃えているのも嬉しい。

ドライビングポジションは思いのほか低く、見た目よりキャビンは広い。大柄な人でも、最適なドライビングポジションを取ることができるはずだ。

オルガン式アクセルペダルの採用もこだわりのひとつである。後席の頭上と膝下のスペースはC-HRより広く、座り心地もいいように感じられた。大柄な人はつらいが、一般的な体格の人なら無理なく座れるだろう。

 

高いボディ剛性を誇るレクサスUX

レクサスUX新型レクサスUXのプラットフォームは、レクサス初の「GA-C」プラットフォームを採用した。スポット溶接の打点ピッチを短くできるレーザースクリューウェルディング(LSW)や構造用接着剤などを積極的に使い、ヨーロッパ車並みにボディ剛性を高めている。

ボディ剛性が高いことは、ステアリングを握ってみると実感できた。ボンネットやドアなどに軽量なアルミ合金を採用し、軽量化に努めている。バックドアは樹脂製だが、安っぽい感じではない。

先進安全装備は、全車に自転車や夜間の歩行者も検知するレクサス・セーフティプラスを標準装備した。

レクサスUX

 

 

新開発された2.0Lガソリンと、2.0Lハイブリッドを用意

レクサスUXパワートレインは、2機種の新開発ユニットだ。直噴方式を採用した2.0Lの直列4気筒DOHCエンジンに、可変バルブタイミング機構を組み込み、ガソリンエンジンとモーターを加えたハイブリッドを設定する。

ガソリンエンジンは高速燃焼により、約40%の最大熱効率を実現し、動力性能と燃費もクラストップレベル。

トランスミッションは、発進用ギアを採用したダイレクトシフトCVTだ。ちなみにUX200はFF(前輪駆動)車だけの設定とした。

2.0Lの直噴4気筒エンジンは、プレミアムガソリンを指定し、128kW/209N・m(174ps/21.3kg-m)を発生する。

発進用ギアを備えたダイレクトシフトCVTは、軽快なパワーフィーリングだ。発進加速は鋭く、軽やかにスピードを乗せていく。CVT特有の緩慢なラバーバンドフィールも上手に抑え込んでいる。気持ちいい加速が長続きするし、高回転の伸びも力強い。その気になれば6600回転まで引っ張ることができる。ただし、エンジン音は高まるし、音色も官能的ではないのが惜しいところだ。

 

 

力強くスポーティさを感じるハイブリッド車

レクサスUXハイブリッド車のUX250hは、2.0Lの直噴4気筒エンジンにポート燃料噴射装置とモーターを組み合わせた。こちらも、リニアな加速フィールの実現を目指している。

FF車に加え、4輪駆動のE-Fourを設定しているなど、日本での主役はハイブリッド車だ。18インチタイヤは、より安全性の高いランフラットタイヤを採用し、最適なバッテリーの充放電を制御する「エコアシスト」も装備した。4 WDのE-Fourが用意されているのも嬉しい。

新世代の2.0L直噴4 気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車のUX250hは、冴えた走りを見せつける。これまでの1.8Lエンジンは余裕を欠いたが、2.0Lエンジンは気持ちよく回り、加速も力強い。緩慢なラバーバンドフィールも薄まり、軽やかに加速していく。しかもクルージング時は静かだ。モーターの活動領域も広げられている。

最新技術を投入したGA-Cプラットフォームは強靭だ。18インチのランフラットタイヤを余裕で履きこなし、気持ちいいフットワークを手に入れていた。また、しなやかな乗り心地も実現している。

 

高価だが、レクサスブランドのエントリーモデルとして価値ある1台

レクサスUX気持ちいい軽快な走りを披露したのはUX200だ。とくに18インチタイヤにAVS、パフォーマンスダンパーを組み合わせたFスポーツは、ロールを抑えた気持ちいい走りを存分に楽しむことができた。

FFのUX250hは正確なハンドリングに加え、上質な乗り心地も身につけている。とくに18インチタイヤにAVSのオプション装着車は、好印象だ。4WDモデルは、乗り心地が少し硬質な印象だった。

レクサスUXは、300万円台のグレードもあるが、最多販売のゾーンは400万円台だ。ハイブリッド車は500万円を超えるものもある。レクサスのエントリーカーとしては魅力的な存在で、ビギナーでももて余さない。個人的には、もう少し安いか、装備を充実させて質感が高ければ、さらに魅力を増すと考える。

<レポート:片岡英明>

 

 

レクサスUX価格

■2.0Lガソリン車(FFのみ)

レクサスUX・UX200 3,900,000円

・UX200 “version L” 4,740,000円

・UX200 “F SPORT”  4,430,000円

・UX200 “version C”  4,140,000円

■2.0Lハイブリッド

レクサスUX・UX250h  2WD(FF) 4,250,000円/AWD 4,510,000円

・UX250h “version L”  2WD(FF) 5,090,000円/AWD 5,350,000円

・UX250h “F SPORT”  2WD(FF) 4,780,000円/AWD 5,040,000円

・UX250h “version C” 2WD(FF) 4,490,000円/AWD 4,750,000円

 

レクサスUX燃費、ボディサイズなどスペック

レクサスUX 250h “F SPORT” AWDスペック

レクサスUXレクサスUXボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,495×1,840×1,540

ホイールベース[mm] 2,640

トレッド前:後[mm] 1,560:1,560

車両重量[kg] 1,610

エンジン型式 M20A-FXS

総排気量[cc]1.986

レクサスUXエンジン最高出力[kw(ps)/rpm]107 (146) / 6,000

レクサスUXエンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 188 (19.2) / 4,400

モーター最高出力前後[kw(ps)/rpm] 前:80 (109) 後:5 (7)

モーター最大トルク前後[N・m(kg-m)/rpm] 前:202 (20.6) 後:55 (5.6)

バッテリー ニッケル水素

駆動方式  E-Four (電気式4輪駆動方式)

ミッション  電気式無段変速機

サスペンション 前:後  マクファーソンストラット :ダブルウイッシュボーン

レクサスUXタイヤ前後  前:後 215/60R17

JC08燃料消費率[km/l] 25.2km/L

WLTCモード燃費  21.6㎞/L

最小回転半径 5.2m

定員[人]  5

 

価格.com 自動車保険

 

レクサス新車情報・購入ガイド一覧

SUV試乗記・評価一覧

【関連記事】

【オススメ記事】