アルファロメオ ステルヴィオ試乗記・評価 SUVなのに、キレッキレなハンドリング

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【アルファロメオ】2018/09/30

アルファロメ ステルヴィオ

 

SUV最速!? となるステルヴィオ

アルファロメ ステルヴィオステルヴィオは、名門アルファロメオ初のクロスオーバーSUVである。ステルヴィオという車名は、イタリア人には馴染み深い、イタリア北部にあるアルプス山脈の峠から取った。

これは、復活させたジュリアに続く期待作であるということだろう。メカニズムの多くは、2017年に日本に上陸した快速スポーツセダン、ジュリアから譲り受けた。

フラッグシップは、ニュルブルクリンクサーキットでSUV最速タイムを叩き出したクアドリフォリオだ。だが、V型6気筒エンジンを搭載したホットモデルの発売は年末になる。

 

 

2.0Lターボで280ps&400Nm!

アルファロメ ステルヴィオステアリングを握ったのは、限定400台が輸入されるファーストエディションだ。タイヤは255/45R20のファットなもので、ナチュラルウッドやプレミアムレザーシートなど、装備も1ランク上のものになる。

エンジンは、1995ccの直列4気筒DOHC直噴ツインスクロールターボだ。これに8速ATを組み合わせた。最高出力は206kW(280ps)/5250rpm、最大トルクは400Nm(40.8kg-m)/2250rpmである。

基本的には、ジュリア・ヴェローチェと同じエンジンだからパワフルだ。4Lクラスの自然吸気エンジンのように、低回転域から分厚いトルクを発生し、1.8トンを超える重いボディを気持ちよく加速させた。

 

アルファロメ ステルヴィオ

 

 

刺激的なサウンド奏でるステルヴィオ

アルファロメ ステルヴィオとくに、刺激的な加速を味わえるのは、アルファDNAモードをダイナミック(D)の走行モードをチョイスしたときである。マニュアルモードでは、レブリミットの6000回転まで引っ張れるが、Dレンジのおまかせでも豪快な加速を披露した。

追い越しも俊敏にこなす。2000回転以下でもトルクは豊かだ。だから、街中でも扱いやすいし、そこからアクセルを踏み込むと軽やかにスピードを上げていく。エンジンは、さすがアルファロメオといった印象で、とてもいい刺激的な音色を奏でるが、クルージング時は静かである。

駆動方式は、FRベースのオンデマンド式4WD、Q4だ。通常は後輪駆動だが、アクティブクラッチ式トランスファーを介して前輪も駆動する。前後重量配分は最大で50:50とした。

 

スポーツカーのような切れ味鋭いハンドリング

アルファロメ ステルヴィオハンドリングは、SUVとは思えないほどクイックだ。全高は1680mmもあるのに、ロールを上手に抑え込み、気持ちよくノーズが向きを変える。しかも、トラクション能力は高く、リアの追従性も文句なしだった。アルファロメオの面目躍如たるところだ。スポーツカーのように、意のままに操る楽しさを満喫できる。

シャシー性能は高く、剛性感たっぷりの走りを楽しませてくれた。サスペンションはストローク量をたっぷりと取り、路面の凹凸を上手にいなす。ただし、低速では乗り心地がちょっと硬めと感じる。これは、特別装備の20インチタイヤが悪さをしているのだろう。標準装着の19インチタイヤなら、低速からしなやかな乗り味を得られるはずだ。

 

アルファロメ ステルヴィオ

 

 

洒落た空間もイタリア車ならでは

アルファロメ ステルヴィオインテリアは、イタリア車らしい、スポーティかつ洒落たデザインである。水平基調のインパネに、アルファロメオ伝統の大きな2眼式メーターを組み込んだ。運転席は8ウェイパワーシートで、シートの座り心地もいい。ドライビングポジションはSUVらしからぬスポーティな姿勢で座ることになる。大柄な人でも満足できる広さを確保した。

後席は囲まれ感が強く、平凡な広さだが、リラックスして座ることができる。ラゲッジルームも十分な広さだ。走りの質が高いだけでなく、インテリアもラテンの香りを漂わせていた。

<レポート:片岡英明>

アルファロメ ステルヴィオ価格

・アルファロメ ステルヴィオ ファーストエディション:6,890,000円

 

アルファロメ ステルヴィオ燃費、ボディサイズなどのスペック

アルファロメ ステルヴィオ全長(mm) 4,690 全幅(mm) 1,905 全高(mm) 1,680
ホイールベース(mm) 2,820
トレッド 前/後(mm) 1,610 / 1,650
車両重量(kg) 1,810
乗車定員(名) 5
エンジン種類 直列4気筒 マルチエア 16バルブ インタークーラー付ツインスクロールターボ
総排気量(cc) 1,995
ボア × ストローク(mm) 84.0 x 90.0
圧縮比 10.0
最高出力〈kW(ps)/rpm〉[ECE] 206 (280) / 5,250
最大トルク〈Nm(kgm)/rpm〉[ECE] 400 (40.8) / 2,250
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量(ℓ) 64
アルファロメオ ステルヴィオラゲッジルーム容量(ℓ) 525
トランスミッション形式 電子制御式8速オートマチック
サスペンション 前 ダブルウィッシュボーン(スタビライザー付) 後 マルチリンク(スタビライザー付)
主ブレーキ 前 ベンチレーテッドディスク 後 ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(前後) 255 / 45R20
最小回転半径(m) 6.0
燃料消費率JC08モード(km/ℓ)  11.8

 

 

 

SUV試乗記・評価一覧

イタリア車新車情報・購入ガイド一覧

SUV新車情報・購入ガイド一覧

【関連記事】

【オススメ記事】