【トヨタ ウイッシュ新車情報】燃費アップしマイナーチェンジ [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【トヨタ】2012/04/15
トヨタ ミニバン

クルマは良いのだが、非常に選びにくい車種だけに、大幅値引きが前提となる

 トヨタは、ロールーフミニバンであるトヨタウイッシュをマイナーチェンジし発売を開始した。

 今回のマイナーチェンジは、エクステリアのデザイン変更やインテリアの質感向上、環境面では燃費性能の向上を図った。

 エクステリアは、ラジエーターグリル、バックドアガーニッシュのデザインを変更。LEDリヤコンビネーションランプ、サイドターンランプ付ドアミラーを採用した。また、新意匠のエアロバンパー(1.8A、1.8S、2.0Z)や、ブラック塗装に切削光輝加工を施したアルミホイール(1.8S[2WD])を装備。また、フロントフォグランプ(1.8S、1.8G、2.0Z)に、メッキ加飾を施すなど、よりスポーティなイメージとしている。外板色には、新色のオレンジメタリック、サテンブルーマイカメタリックなどを含む全8色を設定した。

 内装においては、センタークラスターとパワーウインドゥスイッチベース(1.8S、1.8G、2.0Z)にカーボン調加飾を採用したほか、グレードごとに専用のシート表皮とメーター色を設定するなど、個性を際立たせた。この他、車両のGセンサーから減速度や旋回力を判断し、コーナリング中の不要なシフトアップを抑制するG AI-SHIFT制御付のCVTスポーツモードを採用(1.8S、2.0Z)。より力強く、ダイレクトな加速を実現した。

 そして、環境性能が問われる時代なので、燃費向上への改良も行われた。エンジンの改良によって、JC08モード燃費が1.8L・2WD車で15.8km/L、1.8L・4WD車および2.0L車で14.4km/Lを達成。「環境対応車 普及促進税制」ならびに「自動車グリーン税制」の減税措置に適合している。

さらに、人気のエアロ仕様車「1.8S」の装備を厳選。装備を落とし、低価格としたエアロ仕様の「1.8A」を設定。また、2ZR-FAE(1.8L)エンジンを搭載した豪華装備グレード「1.8G」を追加した。

 トヨタ ウイッシュは、当時爆破的人気を誇っていたホンダ ストリームの競合車種として2003年にデビューした。現在で2代目となっている。

 一世を風靡したウイッシュやストリームだが、現在、このタイプのミニバンは人気が低迷。現在は、トール型のノア&ヴォクシーがミニバンの主流になっている。その要因は、やはりドアがスライドドアではないという点だ。

 さらに、ホンダのフリードの存在もある。価格がやや安めの設定な上に、フリードは、両側スライドドアをもち、コンパクトなボディながら6人乗りと7人乗りを用意。さらに、低燃費のハイブリッドが用意されている。エンジンも1.5Lなので、自動車税もウイッシュ&ストリームなどと比べると安いのも特徴だ。

 トヨタには、より広い室内空間をもつノア&ヴォクシーが209万円から存在し、ウイッシュとの価格面でのカニバリも発生する。モデル末期であることや、ライバルの日産セレナやホンダ ステップワゴンが相次いでモデルチェンジしているため、値引き額も大きい。そのため、ウイッシュは、非常に立ち位置が難しい車種になっている。リセールバリューも低めなので、中古車ならお買い得感がある。そのため、新車を買うなら大幅な値引きがないと、買うメリットも少なくなってくる。

<トヨタウイッシュ価格>
2.0Z 2WD 6人乗り 2,510,000円
1.8S 2WD 7人乗り 2,130,000円
1.8S 4WD 7人乗り 2,319,000円
1.8A 2WD 7人乗り 1,960,000円
1.8A 4WD 7人乗り 2,149,000円
1.8G 2WD 7人乗り 2,220,000円
1.8G 4WD 7人乗り 2,419,500円
1.8X 2WD 7人乗り 1,850,000円
1.8X 4WD 7人乗り 2,049,500円

トヨタ ウイッシュ
トヨタ ウイッシュ
トヨタ ウイッシュ

トヨタ ウイッシュ

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】