動画あり! メルセデス・ベンツGクラス新車情報・購入ガイド まさかの6輪車! さらに価格も8,000万円!! 超弩級のモンスターオフローダー、G63AMG 6×6デビュー! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【メルセデスベンツ】2014/04/28

6輪車! 圧倒的な走破性! それなのにラグジュアリーなインテリアという意外性をもつG63 AMG 6×6

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
 メルセデス・ベンツ は、高級クロスカントリービークル「Gクラス」 に6輪駆動のドライブトレインを搭載し、オフロード性能を究極に高めた特別仕様車「G63 AMG 6(シックス)×(バイ)6(シックス)」の発売を開始した。

 メルセデス・ベンツGクラスは、1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングを守り続けてきた貴重なモデル。元々は、軍用車から派生したモデルゆえに、とにかくタフさがウリ。少し前までは、ゲレンデヴァーゲンなどと呼ばれていた。

 軍用車ベースというルーツをもつGクラスだけに、そのスタイリングには華やかさはないといっていいほど。ストイックなほどに機能に徹したスタイリングが特徴。ある意味、質実剛健を体現したモデルといってもよいだろう。

 メルセデス・ベンツは、そんなGクラスを現代流にアレンジし続けた。高級車として位置付け、ラグジュアリーな内装や、圧倒的なパフォーマンスをもつパワーユニットを搭載。タフで機能的なスタイリングとは、かけ離れた世界観を見事に融合したことにより、その意外性が多くの顧客に支持され現在に至る。

 そんなGクラスをメルセデス・ベンツは、なんと6輪車としてしまった。新型メルセデス・ベンツG 63 AMG 6×6は、35年におよぶGクラスの歴史において世界各国の軍用車両や防弾仕様車などの開発を通じて培った特殊車両技術を惜しみなく投入。究極の”オフロードモンスター”として開発された。

 6輪駆動のドライブトレインは、オーストラリア軍などに納入している軍用車両の技術を転用。6つの駆動輪と5つのディファレンシャルロックの採用。3つの車軸すべてとそれぞれの車軸間に搭載される5つのディファレンシャルギアすべてにロック機構を採用しており、センターコンソールの3つのスイッチを操作することで、あらゆるシーンで最大のトラクションを確保する

 走破性能は、防弾仕様車の技術をベースにした新開発「ポータルアクスル」の採用。最低地上高460mm、渡河深度1,000mmと、G63 AMGに比べ大幅に走破性が向上。(G63 AMG: 最低地上高 215mm/渡河深度 600mm)。サスペンションには、防弾仕様車で使われている強化コイルスプリングと、ラリーレース用に開発されたガス封入式ダンパーを採用している。

 さらに、乗用車としては世界初となる「タイヤ空気圧調整システム」を搭載。運転席からスイッチ操作でひとつで、6輪すべてのタイヤ空気圧を調整することができる機能。例えば、砂漠など柔らかい路面を走行する際には、タイヤ空気圧を減圧して接地面積を増やすことにより、地面への沈み込みを防止したりする。通常走行時の空気圧から、砂地走行に適した0.5バールまでの調整を通常のトラック等では、10分程度時間がかかるところを20秒以下で完了する。タイヤの空気圧調整を簡単にできることから、砂漠だけでなく色々な路面に対応でき、どんな路面でも最適なトラクションを確保できる。

 もはや、これだけスペシャルなモデルとなると、搭載された最高出力400kW/544PS、最大トルク760Nmを誇るAMG5.5リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンさえも普通に感じてしまうほどだ。

 G63AMG 6×6のボディサイズは、「オフロードモンスター」の名に相応しい全長約6m、全幅2m以上、全高約2.3mという巨大なもの。乗用車というよりは、ほとんどトラックのボディサイズだ。トラックとして考えれば、6輪車というのも納得できるのだが、ほとんどGクラスにしか見えないこの意外性がG63AMG 6×6の魅力でもある。

 ただ巨大なボディという訳でもなく、しっかりと軽量化も施されいる。3,850㎏もある車重なので、焼け石に水的だが、カーボンファイバー製のオーバーフェンダーとフロントルーフスポイラーを装備。これだけ、オフローダー的なのに、スポイラーを装着するところが、走りにこだわるAMGらしいところだろう。

 インテリアは、Gクラスの文法通り、とてもラグジュアリーに仕立てられている。圧倒的にワイルドなエクステリアとは打って変わった意外性が大きな魅力だ。シートやダッシュボード、ドアパネルには最高級のdesignoレザーを贅沢に採用。フロントはもちろん、リヤにも電動シート調整機能およびシートヒーターとシートベンチレーターを備えた左右独立シートが装備されている。これだけ大きなボディなのに、乗車定員は4名ととても贅沢。

 さらにリヤエンターテインメントシステムが装備され、乗員に最高の快適性を提供している。また、いかにもAMG 的なのだが、随所にカーボントリムを採用してスポーテさをプラスした。

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6

環境技術最優先されている傍らで、ワクワクするクルマも同時進行するユニークなメルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
 メルセデス・ベンツG63AMG 6×6の価格は、こちらも驚きの8,000万円。この価格で当面5台という少量生産モデル。一般的に、こういったモデルは欧州やアメリカ仕様がそのまま入って来るケースが多いが、日本仕様専用装備として、COMANDディスプレイやインストゥルメントクラスター内表示の日本語対応、巨大なボディサイズと日本の道路事情を考慮し360°カメラシステムなど本国仕様には存在しない装備も装着している。メルセデス・ベンツの2013年度販売台数は約6万台。前年対比約140%という大躍進。価格戦略を含め、こういったモデルでも日本マーケットに合わせて輸入するなど、細かい気配りが支持されているのだろう。

 メルセデス・ベンツG63AMG 6×6の販売台数は、アジアでは日本のみ。2014年8月31日(日)までの期間限定の販売だ。当面、5台の販売台数というが、5台を超える受注については、注文可否および注文可能な場合もあるという。

 G63AMG 6×6の燃費に関しては記載されていなかったが、燃料タンク容量は159Lもある。無粋な話だが、ハイオク1Lが170円で計算すると、満タンで約2.7万円・・・。これだけの燃料タンクでも、燃費を4.0㎞/Lと仮定すると、満タンで約600㎞しか走行できない。環境性能という面では、切なくなる数字だが、G63AMG 6×6なんだかワクワクしてくるものも事実。燃料電池の技術を急ピッチで進めているという噂があるほど環境技術を進める傍らで、こんな大胆で面白いクルマを作り販売するメルセデス・ベンツ。なんとも面白い会社だ。

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6価格、スペック、装備など

■メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6スペック
・全長5,875×全幅2,110×全高2,280mm
・ホイールベース 4,220mm
・最低地上高 460mm
・乗車定員 4名
・エンジン:5.5L V8ツインターボ
・最高出力:400kW(544PS)/5,250-5,750rpm
・最大トルク:760Nm/2,000-5,000rpm
・燃料タンク 159L

■メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6仕様
・ステアリング 左
・外装色
オブシディアンブラック
サニディンベージュ
designo ミスティックホワイトⅡ
designo マグノマンガナイトグレー
designo マグノナイトブラック

・内装色
ポーセレン/ブラック(designo Exclusive レザー、ツートーン)
ライトブラウン/ブラック(designo Exclusive レザー、ツートーン)

■特別装備
・タイヤ空気圧調整システム(全6輪、前席コントロールパネル付)
・補助タンク燃料補給システム(前席コントロールパネル付)
・6×6専用サスペンション(強化コイルスプリング、ラリー仕様ガス封入式ダンパー)
・ポータルアクスル
・18インチ2ピースビードロックホイール&37インチオールトレインタイヤ
・カーボンファイバー製オーバーフェンダー
・カーボンファイバー製フロントルーフスポイラー(LEDライト付)
・360°カメラシステム(日本専用装備)
・パワーシート(後席)
・左右独立シート(後席)
・マルチコントロールシートバック(後席)
・AMGスポーツシート(後席)
・アームレスト付センターコンソール(後席)
・シートベンチレーター(後席)
・リアエンターテインメントシステム

■販売期間
2014年4月25日(金)~2014年8月31日(日)

■メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6価格メーカー希望小売価格 ¥80,000,000

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6画像集

メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6


メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6


メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6
メルセデス・ベンツG63 AMG 6×6

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】