パジェロ/アウトランダー/アウトランダーPHEV/デリカD:5/RVR、車種毎の4WD性能をチェックする! 【4WDのパイオニア、三菱の4輪駆動車の実力を雪上で試す!】その2

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【三菱】2015/02/23

 

 

北海道の雪上で、5種類の4WD機能を評価した!

 今回、北海道の千歳モーターランドに設定された特設コースでの試乗では、三菱の持つ8種類の4WDシステムのうち、5種類の4WDシステムに試乗した。パジェロ のSS4-Ⅱ、デリカD:5 の電子制御4WD 、RVR の新電子制御4WD、アウトランダー の新電子制御4WD+S-AWC、アウトランダーPHEV のツインモーター4WDの5種類だ。

各車種に搭載された4WDシステムでいくつかのモードを切り替えながら走りを試したが、いずれも雪道での安心感のある走りが特徴だった。

 

 

パジェロのSS4-Ⅱは、走破性重視のシステム

三菱パジェロ

 パジェロのSS4-Ⅱは本格派のクロカン4WDらしい安定感を発揮し、重量級のボディでグイグイと走破していく感覚があった。本来は雪道よりもオフロードなどでの走破性を重視したシステムだが、当然ながら条件の悪い雪道でも強さを発揮した。

登場から時間を経過したシステムで、次期パジェロにはさらに優れた走破性を持つ仕様の搭載が期待されるが、現行パジェロの4WDも十分に魅力的である。

三菱パジェロ
三菱パジェロ
三菱パジェロ

 

 

 

 

2WDや4WDロックの選択が可能な電子制御4WD機能をもつデリカD:5

三菱デリカD:5

 デリカD:5には電子制御カップリングを採用した4WDシステムが搭載されている。現行モデルがデビューした当初は、スペースギアのスーパーセレクト4WDから電子制御カップリングに変わったことを嫌うユーザーもいたが、今では電子制御4WDの良さが浸透してきた。

デリカD:5に採用されるのは初期型の電子制御4WDともいえるもので、2WD 走行も選択可能なシステムである。積雪のないオンロードでの走行時に燃費の良さが確保される。

4WDオートを選べば、さまざまな路面状況に応じて自動車的に必要な駆動力配分が行われ、4WDロックを選べば特に滑りやすい状況でも高い駆動力が発揮された。

三菱パジェロ
三菱パジェロ
三菱パジェロ

 

 

 

4WDでも燃費を重視した走行が可能な4WDエコモードが搭載された電子制御式4WD機能をもつRVR

三菱RVR

 RVRものデリカD:5と同じ電子制御カップリング式の4WDシステムが搭載されている。発売時点が異なるため、スイッチ部分にだけ少し違いがある。

RVRの電子制御4WDは、燃費性能に配慮した2WDに近い走りをする4WDエコのほか、デリカD:5用と同じように4WDオートと4WDロックが設定されている。

4WDロックを選ぶと後輪へのトルク配分が高まるので、スタックしそうな状態からの脱出性に優れるものとなる。雪道などでは低速から高速までこのモードでカバーすることもできる。普通の圧雪路などなら4WDオートで十分で、圧雪路ではなくちょっと雪が深いと感じられるようなシーンでは4WDロックを選んだら良い。

三菱RVR
三菱RVR
三菱RVR

 

 

圧倒的な走破性を持ちながら、注目されないガソリン車のアウトランダー。クリーンディーゼルエンジン搭載に期待!

三菱アウトランダー

 今回の試乗の中で、雪道での走りで最も走破性の高さを感じたのはアウトランダー用の電子制御+S-AWCだ。モードは4WDエコ、ノーマル、スノー、ロックの4種類が設定されている。試乗ではスノーを中心にロックの走りも試した。

メーター内に配置されたS-AWCのインジケーターが、前後輪と左右輪の駆動力配分をリアルタイムで表示する。この4WDシステムでロックを選んだときが、最も良く走れる感じだった。

最近では、アウトランダーというとPHEVを中心に売れていて、ガソリン車の販売比率が高くないが、雪道での実力的ではアウトランダーのガソリン車は高いレベルにある。もっと見直されて良いと思った。逆にいえば、ガソリン車ではユーザーに訴求する力が弱いなら、クリーンディーゼル の搭載なども検討したら良いだろう。

アウトランダーのガソリン車を選ぶときには、S-AWC+AYCのオプション装着を忘れないようにしたい。

三菱アウトランダー
三菱アウトランダー
三菱アウトランダー

価格.com 自動車保険

 

 

 

アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHV

 アウトランダーPHEVのツインモーター4WDは、前輪と後輪をそれぞれのモーターが駆動する仕組みだ。

ふたつのモーターの動力性能を足し算すると相当な性能になり、極めて高い駆動力を発揮する。このためアウトランダーPHEVは発進加速などの力強さが際立っていた。

ノーマルモードを選ぶと、基本の駆動力配分が前後45:55という後輪寄りになり、軽快感のある走りを実現する。4WDロックを選ぶと基本が前後55:45になって雪道や悪路などでより力強い走りを実現する。

当然ながらS-AWDも備えられているので、前後左右に自在に駆動力が配分され、それがインパネ内のインジケーターに表示されるのはアウトランダー用の電子制御+S-AWCと同様だ。

三菱アウトランダーPHV
三菱アウトランダーPHV
三菱アウトランダーPHV
 このように三菱の4WDにはいろいろなシステムがあり、車種ごとの特徴に応じて設定されている。ユーザーは欲しい車種を選べば、自動的にその車種に最適の4WDシステムを選んだことになる。

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】