【レクサスCT200h 新車試乗評価】レクサスが進むべき道を指し示す新たなマイルストーン [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【レクサス】2011/02/21

レクサス CT200h "Version L"[ボディカラー:シルバリーブルーメタリック]

全レクサス・トヨタ車に足らないキーワード「走って楽しい」「スポーティ」

レクサス CT200hのハイブリッドシステム 画像

1.8リッター 2ZR-FXE型「アトキンソンサイクルエンジン」+P410型「ハイブリッドトランスアクスル」を搭載したレクサス CT200hのハイブリッドシステム

 トヨタの新型ハイブリッド車、「レクサス CT200h」が発売され、試乗する機会をいただいているのにもかかわらず、イマイチ心が高揚しない。もはや、もう飽きてしまった感があった。それもそのはずで、レクサス CT200hに積まれるハイブリッドシステムは、ほぼプリウスと同じであるからだ。だから、レクサス CT200h=プリウスの延長線上、というイメージも強い。それでいて価格帯も335万からで、売れ筋のバージョンCが375万円と、とても高価な価格設定もあった。
 レクサスCT200hは、ある意味今後のトヨタやレクサスブランドの指針となる1台だともいえる。このクルマのコンセプトともいえる考え方に「新時代のハイブリッド・スポーツカー」としての方向性を強く感じるからだ。環境性能が叫ばれる中、燃費性能で圧倒的な勝利を収めたプリウスがある。モーターとエンジンで走るハイブリッドシステムが興味を引いたことと、ガソリンの高騰や環境問題が加速するなど複合的要因の追い風もあった。ただし、そんな爆発的ヒット商品となったプリウスにも足りないものがあったのだ。それが「走って楽しい」とか「スポーティ」といったキーワードだ。プリウスだけでなく、全トヨタ車に言えることでもある。

レクサス CT200h "Version L"[ボディカラー:シルバリーブルーメタリック] リアビュー 画像

CT200hには想像を超えるスポーティさがある

レクサス CT200h 16インチアルミホイールを装着したモデル

画像は16インチアルミホイールを装着したモデル

 そんな状況下の中、登場したレクサス CT200hは、想像を超えるスポーティさをもっていた。ハンドルを切ると、クルマが機敏にスッと何事も無かったように向きを変える。クルマのロール(傾き)も少なく、ハンドル操作に対してかなりダイレクトなフィーリングだ。クルマの重心も明らかに低い。プリウスにあったような腰高感は皆無で、ドライバーの着座位置がクルマの中心で動く、まるでBMWっぽいそんな印象だった。こういった動きは、ボディの前後に装着され、ボディの微振動などを抑えるパフォーマンスダンパーが寄与しているという。
 乗り心地も、このハンドリングを支えるために、かなりガッチリと引き締められている。低速域では、タイヤが拾う路面のゴツゴツ感をシッカリとドライバーに伝えてくれる。この感じは、15インチ車が一番マシなくらいで、16インチ17インチとホイールサイズが大きくなるほど明確になっていく。さすがに歳を取ると、この乗り心地はいかがなものかなぁ、と思うもののギュインギュイン曲がるハンドリングも捨てがたい。そうなると、乗り心地は妥協する必要がある。Fスポーツという、外観をよりスポーティにしたバージョンがあるように、もう少しコンフォートよりのパッケージオプションが欲しいと感じた。
レクサス CT200h "Version L"[ボディカラー:シルバリーブルーメタリック] オプションの17インチアルミホイール

オプションの17インチアルミホイール+215/45R17タイヤ

トヨタ レクサス CT200h "F SPORT"[ボディカラー:エクシードブルーメタリック] "F SPORT"専用デザインの17インチアルミホイール

"F SPORT"専用デザインの17インチアルミホイール

トヨタ レクサス CT200h "F SPORT"[ボディカラー:エクシードブルーメタリック] エクステリア 画像

よりスポーティな仕様の「レクサス CT200h "F SPORT"」

優雅で魅力的な内外装デザインと、スポーティ過ぎる走りのセッティングとのギャップに違和感

レクサス CT200h "Version L" オプションのアイボリー本革+バンブーのオーナメントパネル インテリア 画像

CT200h "Version L"にオプションのアイボリー本革シート+バンブーのオーナメントパネル

 コンフォートよりのパッケージオプションが欲しいと感じてしまうのは、優雅なボディデザインにもある。彫りの深いフェイスやリヤデザインは、いかにもプレス加工が難しそうな凝ったデザインであり、削り出しの彫刻のような印象さえもつと評価していい。そのため、スポーティというより優雅に見える。シットリとした優雅さを持つディテールが、購買意欲を刺激する。そのため、どうも実際の乗り心地とシックリこないのだ。
 インテリアデザインも同様に、細部にこだわりを感じる。パネルにバンブーを使ったインパネとアイボリーの本皮シートの組み合わせなど、なかなか粋でちょっと独特な雰囲気をもつ。そんな雰囲気をちょっと壊し気味にしているのが、ドライブモードセレクトだ。エコモード、ノーマル、スポーツとスイッチひとつでクルマのキャラクターが変わるのは、とてもよい機能だと思うが、スポーツにするとメーターが赤くなりタコメーターが出現し・・・、というのはどうも安っぽいゲームのようなのだ。インテリアデザインが、シットリとした大人の雰囲気でまとめてあるのに、インパネがゲームのようでは、全体のバランスがチグハグのように感じたのだ。この部分は好き嫌いの話になりがちなので、実際に購入を考えている人は、自分の目で確かめてみるといい。
レクサス CT200h ドライブモードセレクトスイッチ

「ECO」「NORMAL」「SPORT」と3つの走行モードを選べる"ドライブモードセレクトスイッチ"。さらに右のスイッチでEV走行が可能な「EVドライブモード」も選択可。

レクサス CT200h メーター(「ECO」「NORMAL」「EVドライブモード」時)

「ECO」「NORMAL」「EVドライブモード」時のメーターはブルーのイルミネーションで落ち着いたエコ走行を演出。

レクサス CT200h メーター(「SPORT」モード選択時のメーターイルミネーション)

「SPORT」モード選択時のメーターイルミネーションは赤い照明へ変化。同時にハイブリッドインジケーターはタコメーターへと切り替わる。


レクサス CT200h "Version L" ラゲッジルーム 画像

フラットなラゲッジルームの床面は2重底で、床下にはデッキアンダーボックスも備える。

レクサス CT200h "Version L" リアシート 画像

ミニマムながらも十分な空間を確保したリアシート。前席に比べ着座位置も高く見晴らしは十分だ。

レクサス CT200h "Version L" フロントシート 画像

着座位置は低め、ステアリングやペダル位置との関係も含めスポーティムード満点なフロントシート。

新しいハイブリッド「スポーツ」の姿を教えてくれる走りの性能

トヨタ レクサス CT200h LEDヘッドランプ ディテール 画像

LEDヘッドランプはポップアップ式のヘッドランプクリーナー付き

 また、スポーツモードにすると、ステアリングが重くなり電子制御部分はよりスポーティな方向へシフトする。モーターの駆動電圧も500Vから650Vへ昇圧され、クルマのキビキビ感に一層磨きがかかる。こういった新しい手法はプリウスにはなかったもので、新しいハイブリッド車の楽しみ方という点では、おもしろい提案だ。
 少々気になったのが、高回転域でのエンジンフィールやパワー感。エンジン回転数がレッドゾーンに近付けば近付くほど、回転フィールは鈍り頭打ちになってくる。もうエンジン回すのやめようかなぁ(そういう意味ではエコだが)と、思うくらいだ。このあたりのフィーリングさえ、気持ちよくできれば、新しいハイブリッドスポーツ、レクサスCT200hはもっと磨きがかかるように感じた。 
 もはや、エコ技術なしにスポーツカーを語れない時代。個人的には、これから登場するという噂があるFT86などは、ハイブリッドの先駆者であるトヨタが出す以上、単にガソリンエンジンのみのFR車では意味がないと感じている。ガソリンエンジンのスポーツカーは山ほどある。ホンダのCR-Zがそこそこ売れているのもハイブリッドスポーツという新しい提案があったからだ。そういう意味で、レクサスCT200hの売れ行きが、今後のトヨタ系のスポーティカー開発にも大きく影響するだろう。まずは、ハイブリッド+スポーツという新提案にエールを送りたい。
トヨタ レクサス CT200h リアコンビランプ ディテール 画像

まるで削り出しの彫刻のようなリアエンドのディテール

トヨタ レクサス CT200h フロントエンド ヘッドランプ ディテール 画像

シャープな印象のフロントマスク

トヨタ レクサス CT200h "F SPORT" ボディサイドのエンブレム

よりスポーティな"F SPORT"。Fは富士スピードウェイの頭文字に由来する

代表グレード レクサス CT200h "Version L"[FF]
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4320x1765x1460mm
車両重量[kg] 1440kg
エンジン:総排気量[cc] 1797cc
エンジン:最高出力[ps(kw)/rpm] 99ps(73kW)/5200rpm
エンジン:最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 14.5kg-m(142N・m)/4000rpm
モーター:型式 3JM 交流同期電動機
モーター:最高出力[ps(kw)/rpm] 82ps(60kW)
モーター:最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 21.1kg-m(207N・m)
駆動用主電池 ニッケル水素電池
トランスミッション 電気式無段変速機
10・15モード燃費[km/L] 32.0km/L
定員[人] 5人
消費税込価格[万円] 430.0万円
発売日 2011/01/12
レポート 大岡 智彦(CORISM編集部)
写真 CORISM編集部

トヨタ レクサス CT200h "F SPORT"[ボディカラー:エクシードブルーメタリック] リアビュー 画像

レクサス CT200h "F SPORT"[ボディカラー:エクシードブルーメタリック]

【関連記事】

(レポート:大岡 智彦

【オススメ記事】