ホンダ グレイス(GRACE) ハイブリッド試乗記、評価 安全装備にやや物足りなさを感じるものの、静粛性や乗り心地は高レベル [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2015/01/06

 

■グレイスは、静粛性や乗り心地ともに高いレベルてまとめられたコンパクトセダンだ!

ホンダ グレイス ハイブリッド

ホンダ グレイス(GRACE) の走行メカニズムは、基本的にフィットと共通だ。パワートレーンはスポーツハイブリッドi-DCDと呼ぶもので、アトキンソンサイクルの燃焼方式を採用した効率の良い1.5Lエンジンに、高出力モーターを内蔵したデュアルクラッチを組み合わせている。1モーター方式の比較的シンプルなハイブリッドながら、モーターだけで走るフィットEV 走行も可能で、最も燃費の良いグレードは34.4km/Lの低燃費を実現している。

ホンダ グレイス(GRACE)の走りは、スムーズそのものだ。燃費優先のモードであるECONスイッチをONにして走り出せば、発進は基本的にモーターだけのEV走行になる。電池の残量に応じてエンジンが始動してハイブリッド走行になり、市街地などはEV走行とハイブリッド 走行を自在に切り替えて走る。もちろんドライバーは何も意識することなく、クルマが常に燃費の良い状態を保って走るのだ。

中間加速は、エンジンのパワーにモーターを足し算したハイブリッド車としての走行で、相当に力強い加速が得られる。エンジンとモーターを合わせたシステムとして出力できる数値は101kW/170N・mだから、動力性能は1800cc級エンジンの搭載車に匹敵する。

高速クルージングでは、状況に応じてエンジン走行とハイブリッド走行を切り替えて走る。これもドライバーが意識することなく、クルマが最適の走り選択して走るのだ。

グレイスの走行感覚は全体に洗練された印象があり、セダンにふさわしい落ち着いた走りのフィールが味わえる。市街地や高速クルージングなどでは、静粛性も高いレベルにある。

発進直後は、他の音がほとんどないので、ウィーンというモーター音がかすかに聞こえてくるが、走り出してしまえばそれも気にならなくなる。元気良く走らせたときに、一定程度に入ってくるエンジン音は、走りの実感につながるものでもあるので、騒音という感じではない。

グレイスの乗り心地は、極めて快適だ。フィットに対してホイールベースを延長したことが乗り心地の向上につながっているほか、後輪に液封コンプライアンスブッシュと呼ぶ部品を採用し、不快な振動を遮断する仕組みにしたことが効果を発揮している。

ホンダ グレイス ハイブリッド
ホンダ グレイス ハイブリッド
ホンダ グレイス ハイブリッド
ホンダ グレイス ハイブリッド

■今時、自動ブレーキが無いグレードはあり得ない! あんしんパッケージは必須装備!!

ホンダ グレイス ハイブリッド

 グレイスには、追突軽減ブレーキやサイド&カーテンエアバッグをセットにしたあんしんパッケージが最上級グレードのEXに標準、ほかのグレードにはオプションで用意されている。

グレイスの追突軽減ブレーキは、赤外線を使った近距離・低速用の簡易型のものだが、それでもあるのとないのとでは大きく違う。今どきのクルマ選びでは、追突軽減ブレーキは絶対の必需品である。ホンダに対しては、ミリ波などを使った上級仕様の早期展開を要求するにしても、今の時点ではグレイスを買うなら、オプションも含めてあんしんパッケージの装着車を選びたい。

最後に、フィットや ヴェゼル がリコールを繰り返したパワートレーンについて何人かの関係者にいろいろと質問した。

その答えは、フィットやヴェゼルのリコールで、悪いところを出し切ったほか、グレイスも発売時期を大幅に遅らせて品質面の確認をしているので大丈夫とのことだった。もちろん、絶対ということはあり得ないが、万全の対応をした上で発売されたクルマなので、安心して乗れると思う。

ホンダ グレイス ハイブリッド
ホンダ グレイス ハイブリッド
ホンダ グレイス ハイブリッド

■ホンダ グレイス価格、スペックなと

ホンダ グレイス ハイブリッド

■ホンダ グレイス価格
・グレイスHYBRID DX FF 1,950,000円
4WD 2,144,400円
・グレイスHYBRID LX FF 2,040,000円
4WD 2,293,800円
・グレイスHYBRID EX FF 2,210,000円
4WD 2,409,800円

定員[人]5人

代表グレード ホンダ グレイスHYBRID LX
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,440×1,695×1,475mm
ホイールベース[mm] 2,600mm
車両重量[kg] 1,180kg
総排気量[cc] 1,496cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 110(81)/6,000rpm
エンジン最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 13.7(134)/5,000rpm
モーター最高出力[ps(kw)] 29.5ps(22kw)
モーター最大トルク[kg-m(N・m)] 16.3kg-m(160N・m)
システム全体出力[ps(kw)] 137ps(101KW)
ミッション 7速DCT
JC08燃料消費率[km/l] 33.4km/l
価格 2,040,000円
レポート 松下 宏
写真 編集部

 

 

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】