CORISMトップレビュー一覧トヨタ > トヨタ プリウスPHV試乗記・...

トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感できる新世代PHV

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【トヨタ】2017/04/11

■先代の反省点を改善した新型プリウスPHV

トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
 新プラットフォーム(車台)であるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用し、走りのポテンシャルと快適性を大幅に高めたの第4世代のプリウス。新たに4WDモデルを加えたことも追い風となり、発売から1年半を経過した今も好調な販売を記録している。

 そんな基本性能の高い新型プリウスをベースに、充電機能を加えたのがプリウスPHVだ。先代にもプラグインハイブリッド車は用意されており、2012年に発売を開始している。しかし、デザインはベース車と代わり映えしなかったし、モーター走行時の航続距離も短かった。

 2月に発売された新世代のプリウスPHVは、先代の反省からか、メカニズムを進化させただけでなくデザインも差別化して明快に違いを打ち出している。新型プリウスPHVは、プリウスのフラッグシップと位置づけられ、エクステリアだけでなくインテリアも大きく変えた。
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...

■4人乗りだけではなく、5人乗りも必要!?

トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
 エクステリアには、FCVのMIRAI的な香りも感じられる。フロントマスクとリアビューも新鮮なデザインだ。4連のLEDヘッドライトと専用グリルを採用したフロントマスクは精悍な顔立ちである。リアコンビネーションランプに加え、リアウインドーも専用塗するなど、リアビューも個性が強い。

 インテリアは、デザインを変更し質感も高められた。インパネはセンター部を一新。ここに、Sグレード以外はSDナビを標準装備する。縦型配置のモニター画面の大きさも、パソコン並みの11.6インチだ。解像度が高く見やすい。コネクテッドサービスの機能が加わったのもうれしい。スマートフォンで充電状態やエアコンのスイッチ操作なども行うことができる。

 キャビンの基本レイアウトと広さはベース車とほとんど同じだ。だが、4人乗り仕様だけの設定としている。フロントシートはホールド性がよく、サイズ的にも満足できるものだ。大柄な人でも最適なドライビングポジションを取りやすい。ただ、座面を落とし込ませたリアシートは今一歩の快適性にとどまっていた。足元はそれなりに広いが、頭上は大柄な人だとミニマムな空間。また、いざというときの使い勝手がいい5人乗り仕様が欲しくなる。
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...

■一般的な使い方なら、ほとんどガソリンを使うことが無い!?

トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
 ハイブリッドシステムは進化し、効率を高めた。これまでの駆動用モーターに加え、ジェネレーター(発電機)用のモーターも駆動に使えるデュアルモータードライブシステムを採用している。

 だから、力強いEV走行を見せ、加速も俊敏に感じた。車重は、ベース車のプリウスより150kgほど重くなっている。瞬発力は及ばないのだが、制御が巧みだから体感加速はプリウスより速いように感じた。新たに加わったパワーモードを選ぶと、豪快なパワー感と力強いトルクの盛り上がりが感じられるのだ。

 プリウスPHVはバッテリー容量を、先代の2倍の8.8kWhに増やしている。電気だけで走れるEV航続距離は最大で68.2kmとなった。従来モデルは26.4kmだったから、一般的な使い方ならガソリンを使わなくてすむ。

 実際に電気だけで走れるのは45km程度だが、この距離をEV走行できるのは大きな魅力だ。また、充電状態が良ければ、高速道路を電気だけで走ることもできる。100km/hクルージングでモーター走行を余裕でこなし、加速も思いのままだ。
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...

■モーターの存在感がより強くなったプリウスPHV。タイヤノイズは、やや大きめ

トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
 モーターの領域は大きく広がった。エコドライブモードとノーマルモードでは、全開走行しない限り、エンジンがかからなかったのは驚きである。

 重いバッテリーなどをフロア下に敷き詰めているから重心が低くなり、乗り心地に重厚感が出た。遮音対策も徹底しているから静粛性も向上し、走行時の上質感は大幅に高められている。

 走りの実力は、大幅な剛性アップを図ったプリウスと同等レベルだ。安心感のある走りを披露し、街中から山岳路まで扱いやすい。

 ハンドリングは、15インチタイヤと17インチタイヤで違いが出た。17インチタイヤ装着車は、意のままに動くスポーティなハンドリングだ。15インチタイヤ装着車はバランス感覚がいい。コントロールしやすいし、乗り心地もいいが、コーナーでロールが大きめだし、リアの重さも意識させられる。弱点は、タイヤのパターンノイズが大きめと感じることだ。静粛性が高いだけに耳障りと感じる。

■急速充電器にも対応。世界初のソーラー充電は、一部グレードにしか装備できない物足りない仕様に

トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
 バッテリーの充電方法も増えた。主力グレードは単相200Vに加え、EV用の急速充電器(ChaDeMo)も使える。また、一般的な家庭用のAC100V/6A電源から充電することも可能だ。これはうれしい進化である。

 世界初のソーラー充電システムも注目の装備だが、Sグレードにだけオプション設定で、上級グレードのA系には用意されていない。また、プリウスやアウトランダーPHEVのように4WDが設定されていないのも雪国の人には不満と感じるだろう。

 主力グレードの車両価格は400万円に迫る。全車に安全装備のトヨタセーフティセンスPを標準装備しているが、価格と装備の妥協点が高いのはSのナビパッケージ。安全装備にこだわるなら、14万円ほど高いが、より充実させたAがおすすめだ。

 車両価格は燃費のいいプリウスより70万円近く高いため、走行コストの差額で投資した分を取り戻すことは難しい。プリウスと比べると買い得感は薄いが、専用デザインだ。時代の先端を行くPHVを所有しているという優越感も得られる。エコに強い関心を持つ人やプリウスではやや物足りなく感じる人には魅力的なクルマになるだろう。
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...
トヨタ プリウスPHV試乗記・評価
高価だが近未来を体感で...

■トヨタ プリウスPHV価格、燃費、スペックなど

■トヨタ プリウスPHV価格
・S 3,261,600円/“ナビパッケージ” 3,666,600円
・A 3,807,000円/“レザーパッケージ” 4,066,200円
・Aプレミアム  4,222,800円

トヨタ プリウスPHVスペック、燃費、ボディサイズなど

■トヨタ プリウスPHVスペック、燃費、ボディサイズなど
グレード Aプレミアム
全長(mm) / 全幅(mm) / 全高(mm) 4,645 / 1,760 / 1,470
ホイールベース(mm) 2,700
乗車定員(人) 4
車両重量(㎏) 1,530
ハイブリッド燃費(㎞/L) 37.2
EV走行距離(㎞) 68.2
EV最高速度(㎞/h) 135
トランスミッション 電気式無段変速機
駆動方式 FF(前輪駆動)

PHVシステムの主要諸元
エンジン 型式 2ZR-FXE
排気量 (cc) 1,797
最高出力 (kW[PS]/rpm) 72(98)/5,200
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 142(14.5)/3,600
モーター 型式 1NM/1SM
最高出力 (kW[PS]) 53(72)/23(31)
最大トルク (N・m[kgf・m]) 163(16.6)/40(4.1)
駆動用バッテリー 種類 リチウムイオン電池
電圧 (V) 3.7
容量 (Ah) 25
総電力量 (kWh) 8.8
システム最高出力  kW(ps)  90(122)

レポート 片岡英明
写真 編集部

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】