CORISMトップニュース・トピックス一覧VW > フォルクスワーゲン ゴルフGT...

フォルクスワーゲン ゴルフGTE新車情報・購入ガイド
EV航続距離53.1km! 走りを意識したPHVだが、そうするしかなった理由も?

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【VW】2015/09/19

6速DSGのダイレクト感ある走りを楽しめるPHVがゴルフGTE

フォルクスワーゲン ゴルフGTE
 フォルクスワーゲン は、主力車種であるゴルフ をベースとしたPHV であるゴルフGTEの発売を開始した。

 新型ゴルフGTEに搭載されるエンジンは、110kW/150psという出力をもつ1.4L TSI(直噴ガソリンターボ)エンジン。このエンジンに出力80kW/109PSのモーターが組み合わされている。

 ゴルフGTEのハイブリッドシステム は、パラレル式。従来のパラレル式ハイブリッド車の多くがミッションにATを使うが、ゴルフGTEはPHEV 専用に開発した6速DSGが採用されている。エンジン側を遮断するクラッチとDSG内部の2つのクラッチをもち、合計3つもののクラッチがあるのが特徴だ。

 一般的にトルクコンバーターを使ったATの方が、シフトショックなどの面では有利とされている。しかし、その分エネルギーのロスが大きく効率も悪く、ダイレクト感とレスポンスの良さも物足りなさがあるという。日産スカイライン などは、トルコンの代わりにクラッチを採用。高効率でダイレクト感をある走りを実現した。一番最初に、このシステムが採用されたフーガは、デビュー直後、ギクシャク感が出ていた。今では解消されているものの、なかなか制御が難しいとされている。

 走りの面では、素早いシフトスピードとダイレクト感ある走りをもつDSGが組み合わされていることをみると、かなりスポーティな走りが期待できるPHVといえる。車名がゴルフGTEと、GTの名を冠していることから、単なるPHVではないということも分かる。ゴルフGTEの0-100km/h加速は、7.6秒(欧州測定値)となかなか俊足だ。
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE

プリウスPHVの約2倍のリチウムイオン電池を搭載したゴルフGTE

フォルクスワーゲン ゴルフGTE
 ゴルフGTEは、PHVということもあり、イグニッションをオンにすると、システムは自動的に「E」モードを選択し、EV として電気モーターの駆動力だけで走る。EVモードの最高速は130㎞/hなので、高速道路でも楽々EV走行が可能だ。このEモードでの走行距離可能距離は53.1㎞。プリウスPHV GグレードHDDナビ装着モデルが24.4㎞なので、2倍以上の走行が可能だ。

 こうした大きな差が付く理由は、リチウムイオン電池の総電力量の差によるものが大きい。ゴルフGTEのリチウムイオン電池が8.7kWhなのに対して、プリウスPHVは4.4kWhしかない。倍近い総電力量なので、EV走行距離が倍以上になるのも当然と言える。

 ただ、単純にリチウムイオン電池の総電力量を増やせばいいというものでもないところがPHVの難しいところ。電池をたくさん積めば積むほど車重が増え、重くなった車重のクルマをシッカリと走らせるためには大きなモーターが必要になり、より電力を消費する。モーターは一緒でも、重くなればなるほど電費は悪くなるので、効率的とはいえない。

 さらに、この電池の容量はハイブリッドモードへ移行したときに、ただの重りにもなる。ハイブリッド車になると、ゴルフGTEほどの総電力量を生かしきれない場合が多い。そうなると、重いだけで燃費は悪化傾向になる。ハイブリッドシステムが違うので、単純比較はできないが、ゴルフGTEのハイブリッド燃費が23.8㎞/Lに対して、プリウスPHVは30.8㎞/Lとなっている。車重もゴルフGTEが1,580㎏に対して、プリウスPHVは1,430㎏と随分軽いことが分かる。ゴルフGTEのリチウムイオン電池の総重量は120㎏だ。

 また、リチウムイオン電池はまだまだ高コストなパーツなので、価格にも影響する。プリウスPHVもハイブリッド車に比べれば、かなり高価なモデルで上級グレードのGで約321万円。倍以上のリチウムイオン電池を積んだゴルフは499万円と大きな差になっている。このリチウムイオン電池の保証は8年間、または16万km までとなっている。

 もはや、こうなるとどちらがいいとか悪いとかという選択ではなく、どちらが自分の好みや普段のクルマの使い方に合うかという判断になるのかもしれない。
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE

ハイブリッド燃費で負けるため、スポーティな走りの質をアピール

フォルクスワーゲン ゴルフGTE
 EV走行距離では勝ったものの、燃費では負けているということもあり、ゴルフGTEはより長所を伸ばす選択をしている。ゴルフGTEには「E」、「HV」、「GTE」という3つのモードが用意されていて、ドライバーはこのいずれかを自由に選択して走行することができる。

 ここが、プリウスPHVとの大きな違い。プリウスPHVは、EVモードができなくなるとハイブリッドモードになるだけだ。ゴルフGTEも電池容量が尽きればHVモードになるので、似たようなものなの。ただ、パラレル式ハイブリッドのメリットと6速DSGのダイレクト感を生かしたスポーティな走行が可能なGTEモードを設定することで、プリウスPHVとの差別化をしている。

 つまり、モーターの力をプラスし、よりパワフルな走行ができることをアピールしているのだ。プリウスPHVも一定のパワーが必要となれば、発電用に出力を分割することなくエンジン+モーターの力で走っているので、それほど凄いというものではない。燃費で負けているので、DSGを使ったことによるダイレクト感ある走りを強調するには、こうするしかないというのが実情だろう。

 とはいえ、アクセルペダル、ギヤボックス、パワーステアリングの設定がスポーティな方向に切り替わったり、TSIエンジンのチューニングもより性能重視になるなど、明確にスポーティな走りに変更するところはゴルフGTEのユニークな点。また、オプションのアダプティブシャシーコントロール“DCC”装着車の場合、電子制御ダンパーのセッティングも「ノーマル」から「スポーツ」に切り替わるなど、GTEモードの味付けにこだわった設定だ。「燃費だけのハイブリッドはもう古い」と、ほとんど名指しでプリウスとの違いをアピールしているのもこうした違いからだ。
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE

200V家庭用電源で、フル充電まで3時間! スマートフォンで充電時間やエアコン設定もOK

フォルクスワーゲン ゴルフGTE
 ゴルフGTEは、PHVなので外部から電気を供給することができる。外部からのバッテリー充電は、フロントグリルのVWバッジ裏にある充電ソケットに充電ケーブルをつないで行う。200Vの家庭用電源を使用した場合、フル充電に要する時間は約3時間だ。

 また、スマートフォンなどを使った利便性も高めれれている。2015年11月から、ゴルフGTEユーザー向けに“Car-Net e-Remote”のサービスを開始する予定だ。このサービスは、手持ちのPC、スマートフォン、タブレット端末などを使って、離れた場所からバッテリーの充電予約や出発前のエアコン設定などが行えるというもの。

 ゴルフGTEには純正ナビが標準装備。純正ナビの“Discover Pro”には、従来の機能の他に残存電気量でEV走行できる範囲(距離)を360で表示する「レンジモニター」が用意された。さらに、走行中のエネルギーの流れを示す「エネルギーフローインジケーター」や、走行時間に占めるEV走行の割合を表示する「ゼロエミッションディスプレイ」、出発時間と充電時間をプログラムできる「e マネージャー」など、が追加され利便性を高めている。

 そして、ゴルフGTEの外観デザイン。フォルクスワーゲンの「e-mobility」モデルシリーズを視覚的に
イメージさせるブルーのアクセントが使われている。ひと目で違いが分かる部分は、C字型のフロントLEDランプ。これは、フォルクスワーゲンの電気駆動システムを採用したシリーズの一員であることを主張している。さらに、デュアルヘッドライト、ウインカー、パーキングライト、リヤのテールランプ、ライセンス
プレートの照明などに、電力消費量の少ないLEDを採用した。

 インテリアは、ゴルフGTIをイメージさせるレッドをブルーに変え、GTEであることをアピール。パワーメーターを備えた専用のインストルメントパネルが、最新のPHVであることをアピールしている。
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE

お得とは言えないが、多くの購入時のハードルを超えればガソリンをほとんど使わない新しい生活が始まる?!

フォルクスワーゲン ゴルフGTE
 フォルクスワーゲン ゴルフGTEの選び方。ゴルフGTEの価格は499万円。ゴルフGTEには、最大38万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用される。ゴルフGTEは、1グレードしかないので、オプションの選択がポイント。自動ブレーキなどは標準装備され、安全装備は高いレベルにまとまっている。ただし、日常で使う安全運転をアシストする機能であるブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)などがオプションとなっているのが残念な点。なんとしてもゴルフGTEの価格を500万円を切りたかったというフォルクスワーゲン側の意図が見え隠れする。こうした機能をプラスすると108,000円。また、スポーティな走りをアピールするPHVということなら、サスペンションの設定が変えられるアダプティブシャシーコントロール“DCC”も装備したいところ。これを装備すると、225/40 R18アルミホイールとセットで、さらに216,000円必要になる。これらを装備すると、ゴルフGTEの価格は530万円超という価格になる。

 この価格帯になってくると、もはやGTIをはるかに超え、AWD機能 を備えたゴルフR並み。単純に走行性能で考えるのなら、ゴルフRと言う選択になる。ゴルフGTEは、通勤などで毎日使うクルマとして、通常はEV走行で燃料コストを低減。いざというときは、楽しく走れるクルマという位置づけになるのだろう。ただ、単純に燃料コストが安いからと言って、ゴルフGTIとの価格差を埋めるほどではない。ゴルフGTEを買うということは未来への環境への投資と考えなければ、なかなか乗れないクルマだ。

 2015年中には、4代目新型トヨタ プリウスも登場する。その後に、PHVも投入されるだろう。その他、輸入車メーカーも、今後、多くのPHV車を導入してくる。しばらくすると、多くのPHVがマーケットに投入されれば価格も安くなってくることは確実。PHVを買うなら、しばらく様子を見るというのも選択肢のひとつだ。

 また、PHV購入時には戸建ての自宅の場合、充電設備の設置も必要になるし、マンションの場合は充電場所やマンションの規約などがあり、乗り越えなくてはならないハードルも多いので注意が必要。ゴルフGTEのEV走行可能距離は53.1㎞と長い。こうした多くのハードルを超え、ゴルフGTEを手に入れれば、日常的な使い方であれば、ほとんどガソリンを使わない新たな生活が待っている。
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE

フォルクスワーゲン ゴルフGTE価格、燃費、スペックなど

フォルクスワーゲン ゴルフGTE
■フォルクスワーゲン ゴルフGTE価格 4,990,000円

全長×全幅×全高 4,265×1,800×1,480 mm
ホイールベース 2,635 mm
車両重量 1,580kg
エンジン
種類 直列 4 気筒 DOHC インタークーラー付ターボ(4 バルブ)
排気量 1,394 cc
最高出力 110kW(150PS)/ 5,000~6,000rpm
最大トルク 250Nm(25.5kgm)/ 1,500~3,500rpm
電動機
定格出力 55kW
最高出力 80kW(109PS)
最大トルク 330Nm(33.6kgm)
駆動用バッテリー
種類 リチウムイオン電池
総電圧 352V
総電力量 8.7kWh
トランスミッション 6 速 DSG
駆動方式 FF
ハイブリッド燃料消費率 23.8km/L
充電電力使用時走行距離 53.1km
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ゴルフGTE

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】