「今、おすすめのミニバン ナンバー1とは?」【5ナンバーミニバン比較評価/新車バイヤーズガイド】日産セレナVSトヨタ ノア・ヴォクシーVSホンダ ステップワゴン 5ナンバーミニバンのオススメはコレを買え! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【生活・文化】2012/06/10

 

 

人気の高いジャンルだけに、各社が競い合いクルマは常に進化。その実力を比較評価する! おすすめミニバンは?

 軽自動車とコンパクトと並び、日本で良く売れているクルマが5ナンバーサイズを基本としたハイト系の小型ミニバンだ。このジャンルにはノア/ヴォククシー、セレナ、ステップワゴンが三強として存在する。

ほぼ5ナンバー級のボディを持つ3列シートミニバンでも、ウィッシュやストリーム、ラフェスタ/プレマシーなどの全高を抑えたタイプはハイト系に比べるとやや人気がない。ミニバンを買うユーザーは背の高さによる室内の広さを求めるようだ。

ミニバンの三強は、モデルサイクルに違いがあり、ノア/ヴォククシーは2007年6月に登場し、最近では2010年4月に改良を受けている。ステップワゴンの現行モデルは2009年10月に発売され、2011年8月と2012年4月に改良を受けている。セレナは2010年11月に発売され、まだ大きな改良を受けていない。

最近話題の燃費は、当初バルブマチックエンジンを搭載したノア/ヴォククシーがトップを走っていたが、現行ステップワゴンが発売時にエンジンの改良とCVTの採用などで追いつき、それをノア/ヴォククシーが改良で再び上回る。その後、セレナがアイドリングストップ機構の装着などで首位を奪取し、ステップワゴンが今年の改良でアイドリングストップ機構の採用などによって追い越すといった具合に、抜きつ抜かれつのオーバーテイク合戦が繰り広げられてきた。

トヨタ ヴォクシー

 もっともデビューが古いノア/ヴォクシー。そのため、多くの部分でセレナやステップワゴンに比べると分が悪い。そのため、他車との競合になると大幅値引きで早めのクロージングをする営業マンが多いというので、ジックリと商談し、他車より大幅な値引き額を引き出すことが肝心

ホンダステップワゴン

 2012年4月にマイナーチェンジされ、アイドリングストップ機能を搭載し、クラスナンバー1燃費を達成したホンダ ステップワゴン。CVTも新型になり、従来の5速ATに比べ約10%の燃費向上を果たしている。横滑り防止装置VSAを標準装備するなど高い安全性も身につけている

日産セレナ

 2010年11月に発売され、現在、最も設計が新しい日産セレナ。総合力で他のミニバンをリードする完成度を誇る。さらに、もうすぐハイブリッドモデルが追加される予定だという。セレナのハイブリッド化により、燃費ナンバー1の座を再びステップワゴンから奪取することになりそうだ。
★日産セレナにハイブリッド車が?
【日産セレナ新車情報】スクープ! 日産セレナにハイブリッドモデルが登場か? 新型日産セレナ ハイブリッド

今のところクラス、ナンバー1燃費のホンダ ステップワゴン。しかし、背後にセレナ ハイブリッドの影が迫る?

 比較的ボディが大きくて重いミニバンでも、最近では10・15モードで15km/L(JC08モードでは14km/L)前後の燃費が常識になりつつある。ミニバンのユーザーは、それほど燃費を意識しないという説もあるが、燃費が良いのに越したことはない。だからこそ、メーカー各社は燃費合戦を繰り広げている。

現時点では、燃費ではステップワゴンが最も有利で、セレナがあまりが差のない2位といった感じ。ここにきてノア/ヴォククシーはやや離された感がある。アイドリングストップ機構がないことの不利が表面化している。

さらに、今年の秋前にはセレナにハイブリッド車が設定されるとの情報があり、さらに燃費向上が見込まれる。ハイブリッド車は価格が高くなるので燃費向上分では価格アップ分を取り戻せないのが普通だが、エコカー減税などの面で有利になる部分があるし、ハイブリッド車に乗る満足感もあるので、見逃せない存在になるだろう。

トヨタ ノア G's/ヴォクシー G's

 ガズーレーシングがプロデュースするチューニングミニバン、ノア G’s/ヴォクシー G’sも存在する。また、ヴォクシーには煌(きらめき)Ⅱと呼ばれるエアロモデルの特別仕様車があり人気。ヴォクシーのエアロモデルが全般にリセールバリューが高めだ

ホンダ ステップワゴン スパーダ

 チューニングモデルは無いものの、エアロバージョンであるスパーダを用意。2つのグレードで、ノア&ヴォクシーに対応している。ステップワゴンも、リセールバリューは、スパーダを中心に高値が付く傾向にある

日産セレナ

 日産セレナには、エアロモデルのハイウェイスターが用意されるが、さらなる個性を重視するユーザー用にオーテックジャパンがプロデュースするライダーが用意される。ライダーの中にも、さらにチューニングしたパフォーマンススペックと呼ばれるモデルがあり、カスタマイズ層にもアピールする。セレナは他車より全般に高めのリセールバリューが付く傾向。その中心は、やはりハイウェイスター

安全装備で不利なトヨタ ヴォクシー&ノア

 室内空間についても、セレナが優位に立つ。ノア/ヴォククシーは全長がやや短いことが影響して室内空間の広さでは不利。これが販売にあまり影響せず、ノアとヴォククシーを合わせた台数でカウントすればセレナに迫るか、ときには上回るような売れ行きを続けているのは、トヨタディーラーの販売力によるものだろう。

ステップワゴンは、ホンダ独自の低床プラットホームを採用することで、あまり高い全高ではない割に十分な広さの室内空間を備えている。さすがにセレナには及ばないものの、差は少ない。

ステップワゴンは、3列目シートの床下収納など、使い勝手の面で優位に立つ部分があり、最近のマイナーチェンジで全車に横滑り防止装置のVSAを標準装備してきた。

設計時点の古いノア/ヴォククシーは、横滑り防止装置S-VSCが全車ともオプション設定というのがやや不利な要素で、セレナはアイドリングストップ機構の装着車には標準となるが、アイドリングストップ機構の付かない廉価グレードには横滑り防止装置VDCが設定されていない。このあたりはやや微妙な部分だ。

トヨタ ノア/ヴォクシー

 ヴォクシー&ノアの3列目シートは、左右のハネ上げ式。少々高い位置に設置されるので、運転席からの後方視界がある程度奪われる

ホンダ ステップワゴン

 ステップワゴンは、3列目シートをこのクラス唯一フロア下に収納できる。収納方法も簡単。ハネ上げ式に比べ、スペース効率も高く、荷物をたくさん積むときにも便利だ

日産セレナ

 セレナも左右ハネ上げ式の3列目シートをもつ。ただ、低い位置で固定できるため、ドライバーの後方視界をそれほど遮らない

オススメ ミニバン、ナンバー1は日産セレナ、ナンバー2はホンダステップワゴン、ナンバー3はトヨタ ノア/ヴォクシーの順

 なので、今すぐこのクラスのミニバンを買うなら、セレナがイチ推しでステップワゴンが差のない二番手となる。ただし、セレナは近く登場するハイブリッドの性能と価格がどうなるかを見たい気持ちも残る。そのあたりを割り切れるなら、今すぐに買ったら良い。

ノア/ヴォククシーは、モデルが古くなってきただけに、クルマの比較では積極的に推しにくい部分があるものの、安定して売れているのは販売会社の対応の良さなどがあるためだ。付き合いのあるセールスマンから買うならノア/ヴォククシーだって十分に良いクルマになると思う。

ノア/ヴォククシーは、モデルが古いだけに来年あたりにはフルモデルチェンジがあると考えるべき。買ってすぐに旧型にされるほどの懸念はないにしても、近い将来、旧型モデルになる可能性が高いモデルであることを承知しておきたい。

★上手に新車の値引き額をアップする方法とは?
エコカー補助金&減税、今が新車購入のチャンス! 損しない新車購入術教えます!【新車値引き3つの掟】

★日産セレナのすべてが分かる
日産セレナ情報一覧

★ホンダ ステップワゴンのすべてが分かる
ホンダ ステップワゴン情報一覧

★トヨタ ヴォクシーのすべてが分かる
トヨタ ヴォクシー情報一覧

★トヨタ ノアのすべてが分かる
トヨタ ノア情報一覧

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】