日産保管庫はやっぱりGT-Rの聖地!? (ケンメリ・スカイラインGT-R編〜日産ヘリテージコレクション探訪記その1) [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【エンタメ】2012/07/17



トヨタ、ホンダ、スズキファンは恵まれてる!?日産ファンの聖地はWeb上?




ケンメリ・スカイラインGT-R
1972年の東京モーターショーで発表されたもののレース参戦は幻となった4代目ケンメリの「スカイラインGT-Rプロトタイプ」。




 世は博物館めぐりブームとか。クルマ好きにも博物館めぐりしやすい環境が整ってきて、最近は自動車メーカーが運営している博物館も多くなっています。

ホンダが栃木県のツインリンクもてぎ内で運営する「ホンダ・コレクションホール」、トヨタが愛知県長久手町で運営する「トヨタ博物館」、スズキが静岡県浜松市で運営する「スズキ歴史館」など各メーカーの特色あふれる博物館が各地に開設されています。

そんな中、大手メーカーの中で見学しやすい博物館を唯一持ってないのが日産。場所の問題や採算の問題などいろいろあるのでしょうが、ぜひ土・日にも見学できる立派な博物館を造ってほしいと思います。

とはいえ、日産も過去に創りだした名車を大事に保管している点では他のメーカーと一緒。「日産ヘリテージコレクション」という名前で約400台を保存し、イベントの時などにそこの車両を使ったりしているそうです。保存車両の詳しい内容は「日産ヘリテージコレクション・オンライン」というWebサイトで公開されていますので、ぜひ一度ご覧あれ。

今回は日産さんのご好意で、その「日産ヘリテージコレクション」を特別に取材させていただきましたので、その探訪記をお伝えします。




日産保管庫で「幻のGT-R」実車と遭遇!やっぱりリアルはイイ!




ケンメリ・スカイラインGT-R
3,4代目スカイラインのGT-Rに積まれた名機S20型エンジン。




 さて、日産の代表車種の一つとしてまっ先に名が挙がるのはなんといってもGT-R。現行のモデルは「ニッサンGT-R」ですが、それまでは「スカイラインGT-R」としてレースで大活躍し、多くの車好きのあこがれの車種となったものです。

「スカイラインGT-R」は3、4代目と8〜10代目の全5代で設定されましたが、実はその中で唯一レースに出場したことのないGT-Rがあります。それが4代目、通称「ケンメリ」と称されるC110型のスカイラインGT-R。

排出ガス規制が厳しくなった1973年にデビューしたこのクルマは、日産が環境対策に力を注ぐことを優先させレース活動を一時休止したためレースで走ることなく、また販売もわずか4ヶ月で打ち切られてしまった「幻のGT-R」なのです。

今回お邪魔した「日産ヘリテージコレクション」の車両保管庫にはそのケンメリ・スカイラインGT-Rがショーカーも含めてなんと3台も保管されていました。総販売台数197台と言われるこの車を3台もまとめて見られる機会はなかなかないもの。GT-R好きにはたまらない場所ではないでしょうか?






197台のうち赤は何台・・・?幻の中の幻のGT-Rは必見!?




ケンメリ・スカイラインGT-R
純正色として設定されていた赤のボディ・カラーのケンメリ・スカイラインGT-Rはめったに拝めない!?




 実はこの197台という台数、一説では3代目GT-Rに搭載していたS20型エンジンの生産済のものが余っていたので、その余り分だけ4代目GT-Rを造るということになり197台でS20型エンジンがなくなったため販売終了となった、とも言われています。

これもまた、幻のGT-Rをいろどる伝説として興味をひかれるものの一つではないでしょうか?

そんな4代目ですが、スカイライン史上ではいろいろエポック・メイキングな車でもありました。

まず販売台数。「ケンとメリーのスカイライン」という、広告業界ではこれもまた伝説的に有名なキャッチフレーズとともに人々の関心を大いに引き付け累計64万台を販売。歴代の中で最も売れたスカイラインとなりました。

また、スカイラインのアイデンティティのように言われる丸型4灯のテールランプも4代目が初めて採用。11代目のスカイライン(∨35型)で一度なくなりましたが、ファンの声に押されてマイナーチェンジで復活し、以降のスカイラインはもちろん、「ニッサンGT-R」にも採用されています。

「ニッサンGT-R」は2007年の発売当時777万円という価格が話題となりましたが、「ケンメリ・スカイラインGT-R」の1973年当時の販売価格は162万円とのこと。

お安いように思えますが、標準モデルのスカイライン2ドアHT2000GT-Xが100.5万円(1972年)とのことですから、今の「ニッサンGT-R」と同じような高嶺の花だったのでしょうか・・・?

そんな「ケンメリ・スカイラインGT-R」を粋な赤色のボディカラーで乗り回していた人は何人くらいいるんでしょう?

色は白・銀・赤の3色が設定されていたとのことですが、当然ながらもっとも生産台数が少ないのは赤。
今まで実車を見たことはありませんでしたが、日産保管庫にはちゃんと保管されていました。幻の中でも幻な、赤のGT-Rを見られることができたのは非常に貴重な体験でした。

博物館ができたら間違いなくGT-R好きの聖地になる。そう強く思った今回の日産保管庫訪問でした。





ケンメリ・スカイラインGT-R
ケンメリ・スカイラインGT-Rはレストア界でも人気。「プロトタイプ」風にモデファイした1台(写真はノスタルジック2daysより)。




ケンメリ・スカイラインGT-R
同じくケンメリ・4ドアセダンをGT-R風にモデファイした1台。実際に4ドアGT-Rの設定があったのは3代目と9代目のみ(写真はノスタルジック2daysより)。




ケンメリ・スカイラインGT-R
ケンメリ以外のGT-Rももちろん全車保管されています。GT-Rファンの聖地になることは間違いない!?








【関連記事】



(レポート:堂島 昭

【オススメ記事】




【関連記事】

【オススメ記事】