日産エクストレイルハイブリッド試乗記・評価 横置き1モーター&2クラッチ式ハイブリッドの完成度は? [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2016/06/20

■クリーンディーゼルから、ハイブリッドへの転換で売れ行き好調!

日産エクストレイルハイブリッド
 日産エクストレイル ハイブリッドに試乗した。旧型モデルの時代にはクリーンディーゼルを搭載していたが、今回のモデルではディーゼルを廃止してハイブリッドに切り換えた。これが良いかどうかは、選ぶユーザー次第でもあるが、日産としてはディーゼルよりもハイブリッドによって環境性能を高めようと考えたわけだ。また、日本ではディーゼルよりもハイブリッドが売れると判断したようだ。

 本格派クロスカントリー4WDならディーゼルという選択になるのだが、エクストレイルは悪路走破性の高さで定評があるものの、基本はエンジンを横置きに搭載する乗用車系のSUVである。ディーゼルよりもハイブリッドと考えるほうが自然なのかも知れない。

 ハイブリッド車の追加後は、ガソリン車とハイブリッド車が半々くらいの比率で売れているというから、旧型のディーゼル比率よりも現行型のハイブリッド比率のほうが格段に高い。商業的にディーゼルからハイブリッドに変更したのは、大正解だったといえる。

日産エクストレイルハイブリッド
日産エクストレイルハイブリッド
日産エクストレイルハイブリッド

日産エクストレイルハイブリッド

■コンパクト化されたFF用ハイブリッドシステム

日産エクストレイルハイブリッド
 ハイブリッドシステムは、日産がフーガなどに搭載したのと同じ1モーター2クラッチ方式のハイブリッドである。エンジンとトランスミッションの間にモーターを配置し、その前後(左右)にクラッチを設けるシステムだ。フーガではエンジンとトランスミッションを縦置きに搭載するシステムだったが、FFベースのエクストレイルでは、エンジンを横置きに搭載するハイブリッドシステムとしている。

 フーガのハイブリッドが登場したときには、エンジンを縦置きに搭載するFR車に適した方式と思われた。なので、スペースを考えるとFF車には、別の方式のハイブリッドシステムを考えなければならないのではないかと思ったものだが、モーターやクラッチ、トランスミッション(CVT)などをコンパクト化することで、エンジンを横置きに搭載するFF車にも1モーター2クラッチのハイブリッドシステムが搭載できた。

 当然ながら、コンパクトに収めるために相当な苦労が必要だったはずだ。そして恐らくは、この方式はエクストレイルくらいの全幅のあるクルマが限界で、これよりも小さなコンパクトカーには別の方式のハイブリッドシステムを考えざるを得ないのだろう。

日産エクストレイルハイブリッド
日産エクストレイルハイブリッド
日産エクストレイルハイブリッド

■日産エクストレイルハイブリッド価格

●エクストレイルハイブリッド2WD価格
<2列シート>
・20S HYBRID“エマージェンシーブレーキパッケージ” 2,669,760円
・20X HYBRID“エマージェンシーブレーキパッケージ” 2,858,760円
●エクストレイルハイブリッド4WD価格
<2列シート>
・20S HYBRID“エマージェンシーブレーキパッケージ” 2,876,040円
・20X HYBRID“エマージェンシーブレーキ パッケージ” 3,065,040円
・20X HYBRID エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ” 3,270,240円
・20X HYBRID ブラックエクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ” 3,294,000円

■日産エクストレイルハイブリッド燃費、スペックなど

代表グレード 日産エクストレイル 20X HYBRIDエマージェンシーブレーキパッケージ 2WD
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,640×1,820×1,715mm
車両重量[kg] 1,580kg
総排気量[cc] 1,997cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm] 108(147) / 6000rpm
エンジン最大トルク[N・m(㎏-m)/rpm] 207(21.1) / 4400rpm
モーター最高出力 30kW(41PS)
システム全体[kw(ps)] 138kW(188PS)
ミッション CVT
JC08燃料消費率[km/L] 20.6km/L
定員[人] 5人
価格 2,858,760円
レポート 松下 宏
写真 編集部

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】