マツダ アクセラ プロトタイプ試乗評価 肝心の新型アクセラハイブリッドやディーゼルが無しの試乗! しかし、ガソリン車も驚きの燃費と滑らかな走りを披露した!! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【マツダ】2013/09/19

 

 

新型マツダ アクセラ新車情報、試乗評価集

 

やや大きくなったボディだが、全幅1,800mm以下を死守

マツダ アクセラ

 マツダ は、10月9日に発表されるCセグメント車である新型マツダアクセラ の情報を一部公開した。欧州などでは、マツダ3と呼ばれるモデルだ。

新型マツダ アクセラの情報公開といっても、まだ一部に限られていて、明確ではない部分もたくさん残っているが、プロトタイプ車に試乗できたので、それと合わせてレポートしたい。

新型アクセラは、今回のモデルが3代目。2003年にファミリアから変わった初代モデルがデビューして10年になる。その10年間の販売台数は350万台ほど。世界120カ国以上で年に30万台以上を手堅く売ってきた。マツダ車の販売台数の3割以上を占める主力車種である。

明らかになったのは、まずボディタイプ。次期アクセラには4ドアセダンと5ドアのスポーツの2種類のボディが設定される。これは従来と変わらない。

そのボディは、今回もやや大きくなった。全長と全幅が拡大し、ゴルフ よりもやや長く、やや狭いといった関係にある。ボディと同時にタイヤも大きくなって、2.0L車には18インチタイヤが装着される。

外観はひと目でマツダ車と分かるデザインとされた。CX-5やアテンザに採用された五角形のシグネチャーウインググリルを採用した。マツダが“魂動”と呼ぶデザインである。今のアクセラに比べると格段にダイナミックな印象を与える。

インテリアは、運転席に座ると真っ正面に1眼のスピードメーターがあり、それをウイング状のディスプレーで挟んだ新しいメーターのデザインが採用された。また、エンジンを始動するとアクティブドライビングディスプレーと呼ぶヘッドアップディスプレーが立ち上がる。このクラスに採用されるのは珍しい装備だ。

マツダ アクセラ
マツダ アクセラ
マツダ アクセラ

マツダ アクセラ

 

国産メーカー初の3種類4機種のパワーユニットを用意!

マツダ アクセラ

 新型マツダ アクセラのパワートレーンは、3種類4機種が用意される。エンジンは1.5Lと2.0Lのガソリン、2.2Lのディーゼル ターボ、2.0L+電気モーターのハイブリッド の3種類4機種だ。ひとつの車種に3種類のパワートレーンを用意するのはBMW が最初だが、国産メーカーではアクセラが初となる。

ちなみに、セダン には1.5Lエンジンとハイブリッドが、5ドアのスポーツにはハイブリッドを除く3機種のエンジンが搭載される。いずれもマツダのSKYACTIV技術をフルに投入したモデルになるのは言うまでもない。

新型アクセラの1.5Lと2.0Lのガソリンエンジンは、従来から搭載されているものを改良したもの。2.2Lのディーゼルターボは、CX-5 やアテンザに搭載されているものをアクセラ用にチューンして搭載されるが、軽量・コンパクトなアクセラのボディに対し十分な余裕があるのは容易に想像できる。

また、マツダ初となるハイブリッドにも期待したい。新型アクセラに搭載されるハイブリッドシステムは、マツダのSKYACTIV-G2.0とトヨタのハイブリッドシステムTHS-Ⅱを組み合わせたもの。新型アクセラ ハイブリッドは、走って楽しいハイブリッド車だというから、どんな性能を発揮するか大いに楽しみである。

ただ、今回トーヨータイヤ箱根ターンパイクを貸し切りにして実施されたアクセラ プロトタイプ車の試乗会では、用意されていたのがスポーツだけで、しかもガソリン車だけ。ハイブリッドやディーゼルターボには試乗できなかった。

マツダ アクセラ
マツダ アクセラ
マツダ アクセラ

 

アクセラハイブリッドは30.0㎞/Lに届くのか? ディーゼルの燃費はハイブリッドに迫る? 1.5Lの燃費は19.4㎞/Lとクラストップレベル!!

マツダ アクセラ

 新型アクセラの試乗車は、1.5Lが6速AT車のみ、2.0Lは6速AT車と6速MT車の両方があった。マツダはMT車にも一定の需要があると見て、積極的にラインナップする考えのようだ。でも、若いユーザーはMT車に乗る免許を持っていない人が多いから、売れ行きは限定的なものになるだろう。地方に住む年配のユーザー向けか。

新型アクセラのプロトタイプ車に乗って感じたのは、最近のマツダ車らしい滑らかな走りだ。コーナーの手前で減速し、コーナーを抜けて加速していくときなど、滑らかにGがつながる自然なフィールが味わえたからだ。乗り心地も従来のアクセラから見るとかなり柔らかめで、これは快適な乗り心地を感じさせた。

1.5Lエンジンの動力性能は必要十分というか、急な勾配が連続するターンパイクでは物足りなさを感じるシーンも多かった。動力性能の数値は、82kW/144N・mだから、従来のモデルとほぼ同じである。燃費は19.4㎞/Lを達成し、クラストップレベルの低燃費性能を達成している。

2.0Lエンジンは、114kW/196N・mでこちらもわずかに性能アップしているものの、基本的には従来のモデルとほぼ同等の動力性能である。パワーの出方やSKYACTIVの6速ATとの組み合わせは上々のイメージだったが、ターンパイクで元気で走らせるようなスポーツタイプのエンジンではないのも確か。この2.0Lエンジンの燃費は、19.0㎞/Lとなっていて、2.0Lエンジンもクラストップレベルにあり、十分に評価できる。

1.5Lと2.0Lのガソリン車に乗ってみると、この滑らかな走りが、2.2Lのディーゼルターボやハイブリッドになるとどうなるのか? また、どれだけ楽しい走りを披露してくれるのか、早くディーゼルやハイブリッド車を試乗評価したいという気持ちにさせられる。新型アクセラハイブリッドの燃費は非公表だが、ディーゼルターボも同様。出力とトルクは、129kW/420N・mとなっている。新型アクセラのディーゼルターボの燃費は、アテンザが20.0㎞/Lなので、アテンザよりアクセラは当然小さい分軽いので燃費は20.0㎞/Lを超えるのは確実。恐らく、新型アクセラハイブリッドに迫る燃費となるだろう。

マツダ アクセラ
マツダ アクセラ
マツダ アクセラ

国産では数少ないダイヤル式コマンドスイッチ採用のHMI

マツダ アクセラ

 次期アクセラで注目されるのが、ヒューマン・マシーン・インターフェイスだ。前述したヘッドアップディスプレーやインパネ中央の適度に高めの位置に配置された7インチのワイド液晶画面による表示系や、その操作系が新しくなった。

操作系は、センターコンソールに設けられたダイヤル式のコマンドスイッチで各種の機能をコントロールする仕組みが採用された。これはBMWに始まり、ヨーロッパ車に多い方式だが、マツダのコントローラーは手を置いた位置に5種類のスイッチが配置され、ブラインドタッチでの操作をしやすくしている。

詳細を説明する余裕はないが、ヒューマン・マシーン・インターフェイスに新しい考え方と操作系が取り入れられ、運転に集中しながら安全に操作できるような仕組みが採用されている。

極めて注目される仕様だが、今回のプロトタイプ車にはカーナビなどが入っていなかったので、実際に操作しての感覚は確認できなかった。いずれにしてもマツダは、トヨタ のG-BOOKとの提携を止めてしまったので、カーナビをどうするかが課題でもある。

注目の新型マツダ アクセラハイブリッドの詳細については、公表されていない。アクセラハイブリッドの燃費などは、話題になるのは確実。こればかりは、10月9日の発表された数値で評価することになる。

マツダ アクセラ
マツダ アクセラ
マツダ アクセラ

 

新型マツダ アクセラ スペック

代表グレード マツダ アクセラ 1.5Lプロトタイプ
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,460×1,795×1,470mm
ホイールベース[mm] 2,700mm
トレッド前/後[mm] 1,555/1,560mm
車両重量[kg] 非公表
総排気量[cc] 1,496cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm] 82〈111〉/6,000
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 144〈14.7〉/3,500
ミッション 6AT
タイヤサイズ 非公表
JC08モード燃費 19.4km/L
定員[人] 5人
税込価格[円] 非公表
発表日 2013年10月9日
レポート 松下 宏
写真 マツダ

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】