【シトロエン DS3 試乗記】ライバルは”MINI”! 個性派プレミアムハッチバックがフランスからやってきた

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【シトロエン】2010/06/17

 

 

乗る人の個性を反映する「ビークルパーソナリゼーション」

シトロエン DS3 エンブレム
 シトロエンのC3をベースに、新しいコンセプトで個性を強調するコンパクトカーとして作られたのがDS3。デザイン的な個性と、ユーザーの自在な選択を可能とするビークルパーソナリゼーションを特徴とする。
いわばBMWミニをターゲットとして作られたモデルで、シトロエンは今後、このDS3に限らずさまざまな車種にDSラインを展開させていく計画で、C4やC5などをベースにいろいろなDSラインのモデルが作られるというう。
シトロエンはその昔、1955年にDSと呼ぶモデルを設定し、圧倒的な革新性から10年後、20年後のクルマと呼ばれたことがあるが、今回のDS3は革新性などの精神的な部分は受け継ぎながらも、クルマ作りそのものはかつてのDSとは関連性がなく、新しく発想されたモデルである。
DS3はC3の基本プラットホームがベースに作られ、ボディサイズに多少の違いがあるほか、ボディタイプが5ドアと3ドアである点が大きな相違点。このボディの違いから、シャークフィンタイプのBピラーを採用し、ルーフ部分が浮いたように見えるフローティングルーフのデザインとしたのも際立った特徴だ。
さらにフロント回りのデザインは、ヘッドランプをC3と共通のものとしながらも、大きなダブルシェブロンがフロントグリルと一体化し、フードの先端にはDSライン専用のエンブレムが装着されている。
シトロエン DS3 フロントビュー
シトロエン DS3 リヤビュー
シトロエン DS3 リヤ

 

インテリアもDS3専用デザインにユーザーの個性を反映

シトロエン DS3 ステアリング
 DS3のインテリア回りのデザインは基本的な造形はC3と共通ながら、随所にDS3専用のデザイン処理が施されているほか、ユーザーが選択するビークルパーソナリゼーションによっていろいろな仕様が実現できる。
たとえばステアリングホイールは、本革巻きでフラットボトムのΩ型をしている点などはC3と共通だが、C3よりもやや小径のものとされ、パッドの中央にDSラインのエンブレムが配置されるなどの違いがある。
ダッシュボードも5色のカラーリングから自由に選ぶことができ、ボディやルーフカラーとコーディネイトされる。
シートはグレードによって設定が異なり、シックにはファブリックのコンフォートシートが、またスポーツシックにはアルカンターラ&ファブリックのダイナミックシートが用意される。
3ドア車ながら、後席にも3人分のシートが用意される。C3に比べると全高がやや低くなっているため、ヘッドクリアランスなどはやや小さくなるものの、大人2人ならそれほど窮屈さを感じることなく座れる広さだ。運転席の広さは全く問題がないし、ラゲッジスペースの容量も十分だと評価していい。
シックとスポーツシックのグレード間の装備の違いは、前述のシート地のほか、クロームデコレーション、ルーフスポイラー、アルミペダル、タイヤサイズなど。ESPを含む各種の安全装備は全車に標準となる。
シトロエン DS3 インテリア
シトロエン DS3 フロントシート
シトロエン DS3 リヤシート

シトロエン DS3 メーター
シトロエン DS3 センターコンソール
シトロエン DS3 4速オートマチックトランスミッション

シトロエン DS3 ラゲッジ
シトロエン DS3 ラゲッジ
シトロエン DS3 ラゲッジ

 

スポーティな走りが楽しめるターボ仕様のスポーツシックがおすすめ

シトロエン DS3 1.6リッターエンジン
 DS3の搭載エンジンはいずれも1.6リッターが2機種で、C3と同じ自然吸気仕様が120ps(88kW)/16.3kg-m(160N・m)を発生して、4速ATと組み合わされ、インタークーラー付きターボ仕様は156ps(115kW)/24.5kg-m(240N・m)を発生して6速MTと組み合わされる。
試乗したのはターボ仕様のスポーツシックで、搭載エンジンの違いからC3とは走りのフィールにかなり大きな違いがあった。
動力性能が大きく異なることから、走りが格段にスポーティなものになるのは当然のこと。特に低速域でのトルク感にあふれた走りが特徴だ。わずか1500回転で最大トルクに達するので、どこからでもアクセルを踏み込めば力強い加速が得られる。ターボ車にありがちなラグを感じさせることもない。
車速とギア比の選択によっては、インパネ内にシフトアップの指示が表示されるので、自然と燃費の良い滑らかな走りをするようになると評価したい。
足回りはかなり硬めの印象だ。C3とターボ車ではサスペンションのチューニングが異なるほか、タイヤサイズも16インチと17インチで異なるため、乗り心地にはかなりはっきりした違いがある。コンセプトの違いが明確に感じられるのが足回りの違いだ。
C3と同様にエンジンの透過音は抑えられているが、ロードノイズがやや大きめな印象があった。ただ、ポテンザRE050Aを履いたスポーツシックはC3よりもロードノイズの面で有利なように思えた。
マニュアル車の免許を持ち、抵抗なく乗れるのであれば、シックではなくスポーツシックを選んだほうが楽しいと思うが、今の時代にマニュアル車を選ぶのが少数派であるのも間違いない。
シトロエン DS3 ホイール
シトロエン DS3 ホイール
シトロエン DS3 ホイール

シトロエン DS3 走り

シトロエン DS3 走り

シトロエンDS3燃費、スペック、価格など

代表グレード シトロエン DS3 シック
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3965×1715×1455mm
車両重量[kg] 1180kg
総排気量[cc] 1598cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 120ps(88kw)/6000rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 16.3kg-m(160N・m)/1400〜3500rpm
ミッション 4速AT
10・15モード燃費[km/l] 12.5km/l
定員[人] 5人
税込価格[万円] 249.0万円
発売日 2010/5/6
レポート 松下宏
写真 近藤暁史

【関連記事】
【シトロエン 新型 C3 新車情報】シトロエン独自の新感覚ドライブが楽しめる新型コンパクト[2010.05.07/CORISM]
【シトロエン 新型 DS3 新車情報】パーソナル感覚あふれる新コンパクトハッチバック[2010.05.07/CORISM]

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】