4ドアセダンが追加された「スバル インプレッサ WRX STI」、目標台数の2倍を販売 [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【スバル】2010/11/25

PlayStaion3専用ソフト「グランツーリスモ5」に収録されたスバル インプレッサ WRX STI 4ドアセダン
(C)2010 Sony Computer Entertainment Inc.

インプレッサ WRX STI 4ドアセダンが人気ゲームソフト「グランツーリスモ5」に収録

インプレッサ WRX STI 4ドアセダン
 スバルは、2010年7月1日に4ドアセダンモデルを追加した新型インプレッサ WRX STI シリーズが、発売後4ヶ月の10月末時点で目標(月販目標300台x4=1200台)に対し、2倍の約2400台の販売台数を記録したことを発表した。そのうち4ドアは約1800台を占め、セダンシリーズの人気の高さを物語る。
 また11月25日に発売されたプレイステーション3専用ドライビングシュミレーションゲーム「グランツーリスモ5」にも、新型 インプレッサ WRX STI 4ドアセダンが収録されたことを明らかにした。グランツーリスモシリーズは世界中のゲームファンに愛され続ける大人気シリーズ。2010年6月末時点で全世界シリーズ累計5600万本の生産出荷を達成し、プレイステーションにおける自動車ゲームとしては世界No.1のヒット作である。スバルのインプレッサ WRX STIは、1997年の第1作「グランツーリスモ」より収録され続けてきた。

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】