CORISMトップレビュー一覧 > アウディ

レビュー一覧 【アウディ】

記事数: 23件
前 | 1 | 2 | 3 |
アウディA6試乗記・評価
車外環境が悪化するとほど輝きを増すプレミアセダン

アウディA6試乗記・評価
車外環境が悪化するとほど輝きを増すプレミアセダン

『従来の2.8L車比較では、大幅にパワーアップ&低燃費化された2.0L直4ターボエンジン』  2011年にデビューしたA6はマイナーチェンジを施行し従来の2.8リッターから新たに2リッターのA6 2.0TFSI クワトロを投入した。アウディA6のライバル車としては、メルセデスベンツEクラス、BMW5シリーズ、レクサスGSなどの各社のプレミアム車である。  ア...
【アウディ】2016/04/16
アウディTTクーペ/TTロードスター試乗記・評価
先進感タップリのアウディバーチャルコックピット

アウディTTクーペ/TTロードスター試乗記・評価
先進感タップリのアウディバーチャルコックピット

『歴代TTのデザインイメージを受け継いだインテリア。デザインだけでなく、使いやすいのもポイント!』  アウディのスポーツカー、TTが9年ぶりのフルモデルチェンジをおこない3世代目となった。ボディは、クーペとソフトトップのロードスター。駆動方式はエントリーモデルのTT2.0TFSIは前輪駆動だが、それ以外のモデルはアウディ伝統のクワトロ(4輪駆動)。エンジンは全て2...
【アウディ】2015/11/26
アウディTTクーペ/TTロードスター試乗記・評価
クルマ好き女子がレポート! アウディTTは女子力...

アウディTTクーペ/TTロードスター試乗記・評価
クルマ好き女子がレポート! アウディTTは女子力をアップさせるクルマ?

『クーペが3タイプ、ロードスターが1タイプ。あなたは、どのTTがお好み?』 みなさん、こんにちは、 前回の記事でちょっと調子に乗っている高浦めぐみです。 今回はなんと! またまた人生初の外車の試乗会のお話をいただきまして・・・ 試乗するのは、なんと! アウディTT様ですか!!!! 私がアウディTT好きだったこともあり、リクエストに応えていただきました...
【アウディ】2015/10/19
アウディS1試乗記・評価
二代目?S1はA1のスポーツ・バージョンと思いきや・・・? あのS1を彷...

アウディS1試乗記・評価
二代目?S1はA1のスポーツ・バージョンと思いきや・・・? あのS1を彷彿させる?

『ドイツ車は数字の車名がお好き?車種ラインナップがわかりやすくなったアウディ』  最近のアウディのモデル・ラインナップ名は、わかりやすいです。例えば乗用車系ではA1、A3、A4・・・と数字が大きくなればなるほど、大きいボディサイズの車種であることを表します。  そして、それぞれの車種のスポーティ・モデルは「A」の代わりに「S」を。チューンナップした高性能版は...
【アウディ】2015/04/21
アウディA3セダン新車試乗評価
日本には無い、上級小型セダンとしての価値とは?

アウディA3セダン新車試乗評価
日本には無い、上級小型セダンとしての価値とは?

『日本でセダンが売れないのは、よい小型セダンがないから。アウディA3セダンなら?』  アウディは主力モデルのA3にセダンを追加した。ひとクラス上のA4には、以前からセダンが設定されているが、A3は初代モデルからハッチバック車だけの設定だった。A3セダンの設定は、アウディとしてコンパクトセダンの市場に新参入するものだ。  世界的に見れば、コンパクトなセダンは良...
【アウディ】2014/07/07
アウディA3スポーツバック新車試乗評価
やっぱり、アウディならクワトロなのか? ゴルフとの走りの違...

アウディA3スポーツバック新車試乗評価
やっぱり、アウディならクワトロなのか? ゴルフとの走りの違いは?

『ゴルフと共通のプラットフォームのA3スポーツバック。先代とあまりかわり映えしないスタイルが・・・』  アウディA3スポーツバックがフルモデルチェンジを受けた。アウディA3は基本プラットホームをフォルクスワーゲン ゴルフと共用するとともに、MQBと呼ぶモジュラー開発・生産システムで共用化されている部分が多い。それだけに、アウディA3としてはゴルフとの個性の違いをど...
【アウディ】2014/01/06
アウディA6 ハイブリッド新車試乗評価
燃費は微妙だが、滑らかなフィーリングと質感の高いインテリア...

アウディA6 ハイブリッド新車試乗評価
燃費は微妙だが、滑らかなフィーリングと質感の高いインテリアは高級車に相応しい高い完成度

『アウディA6 ハイブリッドの燃費は13.8km/Lと少々、微妙な数字』  アウディが、ハイブリッドモデルである新型アウディA6ハイブリッドの発売を開始した。ハイブリッドというと、トヨタやホンダなど日本の自動車メーカーの独壇場とされてきたが、最近ではヨーロッパの自動車メーカーも次々にハイブリッド車を投入している。  都市間を高速で移動することの多いヨーロッパ...
【アウディ】2013/04/19
【アウディQ3試乗評価】
抜群の乗り心地と軽快感をもつ、アウディ最小のSUV

【アウディQ3試乗評価】
抜群の乗り心地と軽快感をもつ、アウディ最小のSUV

『全長はコンパクトだが、全幅は1800mm、最小回転半径5.7mと大きめSUV』  アウディは、これまでQ7やQ5によってSUV市場で存在感を示していたが、さらにコンパクトSUVの市場に新規参入するモデルとしてアウディQ3を投入してきた。アウディQ3は比較的コンパクトなサイズのSUVで、エントリーモデルとしてユーザー層を広げる役割を担うことになると評価していい。 ...
【アウディ】2012/06/19
コスパ高い高級車【アウディA6試乗評価】

コスパ高い高級車【アウディA6試乗評価】

『少し地味だが、売れるデザイン』  新型アウディA6との初めてのご対面。正直、アウディにしちゃ、ちょっと地味すぎ? と、感じた。精悍さとスタイリッシュさを兼ね備えたデザインで、売れまくっているアウディ。それなのに、新型A6のデザインは、想像できる範囲の中に収まり、とくに驚きはなかった。もしかしたら、ベンツEクラスやBMW5シリーズというライバルの中で、最も地味かも...
【アウディ】2011/09/27
美しさと安心を同時に手にする優越感【アウディA7スポーツバック試乗評価】

美しさと安心を同時に手にする優越感【アウディA7スポーツバック試乗評価】

『ワイド&ロー、カッコいいクルマの方程式』  オーラを放っているというか、アウディA7スポーツバックの存在感は抜群だ。試乗会場となった横浜マリンタワー前は、トレーラーから一般車、タクシーなど雑多なクルマが入り交わっていたのにかかわらず、すぐにその存在を確認できるほど。クルマが近付くにつれて、その優雅さに圧倒される。目の前に来ると全長4990mm×全幅1910mm×...
【アウディ】2011/06/13
前 | 1 | 2 | 3 |