【プジョー 308CC 試乗記】リーズナブルな価格でオープンエアを満喫できるおしゃれなオープンカー [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【プジョー】2009/06/18

手軽にオープンエアが楽しめるおしゃれなカブリオレ

プジョー 308CC リヤ(オープン)
 プジョー 308は207と407の中間に位置するモデルであり、今回試乗したプジョー 308CCはラインナップに追加された電動メタルトップを採用したモデルである。メタルトップはカブリオレのオープンエアによる爽快感と、ルーフを閉める事による耐候性の高い(防犯性も)クーペボディの2種類のボディタイプを兼ね備えている。
 先代モデルのプジョー 307CCより全長は75mm拡大し4.5m弱、全幅も60mm大きくなり1.8mを超え、ふた回り程大きくなったように感じる。またフロントのデザインは308シリーズ最強モデルのGTiと同じデザインの為、ボディの大きさ以上の存在感がある。サイドのデザイン、特に斜め後方から見たクーペスタイルは正直言うと私は好きではないが、ルーフを格納したカブリオレスタイルはAピラーの力強さが強調されカッコ良い。エクステリアはフランス伝統(?)の独創的デザインであるが、インテリアは柔らかいラインで構成され、効果的にレザーを使いクオリティが高く道行く人も「ステキなクルマ」だと評価は上々だ。
 さぁ、試乗だ。最初は「クーペ」で乗り出したが、すぐにセンターコンソールのスイッチを押して「カブリオレ」に。わずか20秒でルーフはトランクルームに格納される。その後の試乗はオープンエアがとても気持ち良く「カブリオレ」で試乗した。サイドのウインドウを上げておけば、80km/hまでは快適であり、風の巻き込みを防止する為のリヤシートに取り付けるウィンドディフレクターの必要性も感じなかった。スピードを上げれば音は大きくはなるが同乗者との会話が困難になる程でもなく、風を感じ、匂いに触れて「カブリオレ」がこんなに気持ち良いと感じさせてくれる。更にオープンエアを楽しむためシートヒーターとフロントシートに首周りに温風を吹き出す”ネックウォーマー”を装備している。そのため雨天以外は「カブリオレ」を楽しめる万全の装備が標準である。
プジョー 308CC フロント

フロントマスクなど基本的なデザインは、ベースのハッチバックと共通のもの。どっしりとした安定感のあるフォルムだ。

プジョー 308CC サイドビュー

オープン化にともなってAピラーの傾斜が強められている。そのおかげでスポーティな雰囲気が強調されたのが特徴といえる。

プジョー 308CC リヤ(メタルトップ)

オープンで格好いいのはもちろんだが、ルーフを閉じていてもクーペのように美しい。リヤバンパーもスポーティな形状だ。


プジョー 308CC 走り
プジョー 308CC 走り
【プジョー 308CC 試乗評価】リーズナブルな価格でオープ...

ボディ剛性は高く乗り心地はしなやかで快適

プジョー 308CC インテリア
 1.6リッター直噴にターボチャージャーで加給したエンジンは140psの最高出力と24.5kg-mの最大トルクを1400〜3500回転で発生し、アクセルペダルにのせた右足に少し力を入れただけで、十分以上の加速をする。高回転までエンジンを回しても、モリモリとパワーが出るエンジンではないが、実用車のエンジンとしてはこちらの方が扱い易く良い。
 ハンドリングはターンインでノーズがスムーズに動き、アンダーステアを感じることは少なく山道でも運転を楽しめる。サスペンションは適度なダンピングが効いていて同乗者も快適である。「カブリオレ」にするとハンドリングや乗り心地に剛性の低下を感じるクルマが多いが、308CCは一番補強の厳しいAピラーでさえ振動する事もない程ボディ剛性はとても高い評価だ。
 カブリオレと言えばオープンスポーツカーを考えてしまうが308CCは風を切り裂きながら走るスポーツカーではなく、風と友達となって走るクルマで、誰にでも運転出来る優しいクルマである。価格は308CCプレミアムで420万円、レザーをダッシュボードまで拡大採用し17インチアルミホイールを装着した308CCグリフは455万円と安価ではないが、輸入車で電動ルーフなどの装備を考えると、価格に対するお買い得感は高い。308CCはプジョーが好きな人にはとくにお勧めしたいし、好きでなくてもオープンエアを楽しみたい人には推薦出来るクルマである。
プジョー 308CC インテリア

インテリアのデザインはハッチバックなどと共通だが、ステアリングなどが専用品になるなど、細かい差別化が図られている。

プジョー 308CC フロントシート

本革シートは手触りも良く、疲れにくい形状で快適だ。上級モデル(写真)はダッシュボードなどにも本革が貼られている。

プジョー 308CC リヤシート

一応4人乗りだが、後席の足元スペースにはほとんど余裕はない。普段は2人乗りで、いざという時の緊急用と割り切るべき。


プジョー 308CC 1.6リッター ターボエンジン

308CCに搭載されるエンジンは1.6 リッターの直4ターボエンジンのみ。低回転から太いトルクを生み出し、扱いやすい特性だ。

プジョー 308CC シフトレバー

今時4速ATというのは少し物足りない印象だ。だが308の登場時よりもシフトフィールは改善され、滑らかな走りが味わえる。

プジョー 308CC メーター

白い文字盤のメーターはデザインもおしゃれで、視認性にも優れている。マニュアルシフト時のギヤポジション表示も見やすい。

【プジョー 308CC 試乗評価】リーズナブルな価格でオープ...

代表グレード プジョー 308CC プレミアム
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4455×1820×1430mm
車両重量[kg] 1580kg
総排気量[cc] 1598cc(ターボ)
最高出力[ps(kw)/rpm] 140ps(103kw)/5800rpm
最大トルク[N・m/rpm] 24.5kg-m(240N・ m)/1400〜3500rpm
ミッション 4速AT
10・15モード燃焼[km/l] 9.4km/l
定員[人] 4人
税込価格[万円] 420.0万円
発売日 2009/6/1
レポート 丸山和敏
写真 佐藤靖彦

(レポート:丸山 和敏

【オススメ記事】