ホンダ レジェンド試乗記・評価 先進技術を凝縮した3モーターハイブリッドの実力とは? [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2015/10/22

 

 

フラッグシップらしい堂々としたスタイリングとトップレベルの広さをもつ後席

ホンダ レジェンド

 ホンダ の旗艦車種レジェンド が10年振りのフルモデルチェンジを受けた。2012年からは、一時的にラインナップから外れていたが、3モーターの最新ハイブリッドシステム であるSH-AWDを採用し、満を持しての再登場である。

新型ホンダ レジェンドは、基本的にアメリカのアキュラチャンネルで販売することを前提にしたクルマ。そのため、ボディは従来のモデルよりもひと回り大きくなった。全長が5mを切り、全幅も1890mmに抑えるなど、抑制を効かせたように感じられる部分もあるが、いずれにしても相当に大きなセダン であるのは間違いない。

新型レジェンドの外観デザインは、一段と堂々とした存在感のあるものになった。フロントグリルにはダーククローム調のパネルが左右に大きく広がり、フルLEDのヘッドランプが独特の表情を作っている。

インテリアは、中央から左右に羽根を広げたようなデザインが採用され、高くて見やすい位置にカーナビのディスプレーが配置されている。3本スポークのハンドルはスポーティな走りを主張するものでもある。上質な本革シートや木目調パネルなどが高級車らしいラグジュアリーな雰囲気を演出している。

最近の多くの高級車がそうであるように、センターコンソールからシフトレバーがなくなり、電気式パーキングブレーキと組み合わせている。他のメーカーはもちろんのこと、ほかのホンダ車とも異なる独自の新デザインを採用している。DレンジやRレンジに入れる操作は、スイッチでコントロールする仕組みだ。

通常はDレンジのままで走れば良いが、7速のデュアルクラッチを積極的に操作したいときにはハンドルの裏側のパドルシフトを使うことになる。

新型レジェンドの後席に座ると、足元には広々とした空間が広がる。ホイールベースを50mm延長し、それ以上に前後席のシート間隔を拡大したことで、このクラスの水準を大きく超えた後席空間になった。オーナーが後席に乗るクルマとしても使える広さだ。

ホンダ レジェンド
ホンダ レジェンド
ホンダ レジェンド

ホンダ レジェンド

 

ホンダ レジェンド価格

ホンダ レジェンド
■ホンダ レジェンド:6,800,000円

ホンダ レジェンド燃費、スペックなど

定員[人]5人

代表グレード ホンダ レジェンド(ハイブリッド)
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,995×1,890×1,480mm
ホイールベース[mm] 2,850mm
車両重量[kg] 1,980kg
総排気量[cc] 3,471cc
エンジン最高出力[kW(ps)/rpm] 231[314]/6,500rpm
エンジン最大トルク[N・m(㎏-m)/rpm] 371[37.8]/4,700rpm
モーター最高出力[kW(ps)/rpm] 前(H2)35[48]/3,000 後(H3)27[37]/4,000(1基当り)
モーター最大トルク[N・m(㎏-m)/rpm] 前(H2)148[15.1]/500-2,000 後(H3)73[7.4]/0-2,000(1基当り)
システム全体出力[kW(ps)]/システム最大トルク[N・m/rpm] 281(382)/463
ミッション 7速DCT
JC08燃料消費率[km/l] 16.8km/l
価格 6,800,000円
レポート 松下 宏
写真 編集部

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】