ホンダN-VAN新車情報・購入ガイド 使いやすさは当たり前! 商用バンの新たな価値を提案

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2018/07/27

ホンダ N-VAN

売れているN-BOXをベースにした商用バンが新型N-VAN(エヌバン)。コンセプトは「積む・運ぶ生活のために」

ホンダN-VANホンダは、軽商用バンである新型N-VAN(エヌバン)を発表し、発売を開始した。

新型ホンダN-VAN(エヌバン)は、スーパーハイト系軽自動車であるN-BOXと同じプラットフォーム(車台)をベースに開発されている。このプラットフォームをベースを使うN-BOXは、非常に人気の高い軽自動車で、2018年新車販売台数ランキングでナンバー1に輝いている。

新型ホンダN-VANは、人気モデルN-BOXのよい部分を継承しながら、商用バンとしての積む・運ぶという性能に対して徹底的にこだわり開発されている。まず、実際に軽バンを使うユーザーの声を数多く聞いた。その結果を踏まえて、開発コンセプトを「積む・運ぶ生活のために」とした。

さらに、コンセプトに対して、3つの柱をテーマを決め具現化に取り組んだ。3つの柱とは、まず「積む」を思う存分にかなえる<使い切り空間>。広さをしっかりと確保したうえで、使い勝手を拡大すること。

そして、「運ぶ」をサポートする<スムーズな走りと低燃費>。燃費性能に優れ、荷物を積んでも安心の運動性能を有すること。

最後は、社会性も含めた<人へのやさしさ>だ。ドライバーをケアし、周囲への配慮もされていること。

こうしたコンセプトの上に生まれた軽バンが新型ホンダN-VANだ。

ホンダN-VAN

 

クラストップの全高をもつN-VAN(エヌバン)

N-VAN +STYLE新型ホンダN-VANのボディサイズは、全長3395×全幅1475×全高1945㎜。ロールーフタイプの+STYLE COOLは、全高がやや低く1850㎜となる。N-BOXの全高が1790㎜なので、N-VANの全高は、なんと155㎜も高くなっている。

ライバル車となる、スズキ エブリイの全高が1895㎜なので、比較すると新型N-VANは50㎜も全高が高い。また、ダイハツ ハイゼットカーゴ ハイルーフの全高が1875㎜。新型N-VANは、クラストップの全高を誇る。当然、荷室高もクラストップだ。

 

FFベースゆえの弱点を補う手法とは?

ホンダN-VAN ただ、新型N-VANは、FF(前輪駆動)ベースとなりエンジンは、前方ボンネット下に配置される。エブリイやハイゼットなどは、フロントシート下などにエンジンがあり、後輪を駆動。このエンジン搭載位置が異なることにより、新型N-VANの荷室長は、ライバルより短い。これは、積載スペース的にもデメリットとなる。

新型N-VANでは、この荷室長の短さを補うために、色々な工夫がなされている。まず、全高を高くしてクラストップの荷室高を確保した。そして、乗車系FFベースの低床プラットフォームを使ったことで、より低くフラットな荷室を生み出している。

ホンダN-VAN なんと、助手席と後席はダイブダウン式となり、荷室から助手席までフラットで低床のフロアとすることができた。助手席は前後スライドができないものの、ダイブダウンしフラットなフロアになることで、より多くの荷物が効率よく積載できるようになった。

また、バンパー下部ギリギリから開く大きなバックドアをもつ。低床なので、荷物の出し入れも便利だ。

ホンダN-VAN
N-VAN +STYLE COOL

 

助手席ピラーレス構造による大開口スペースで、圧倒的な使い勝手の良さを誇る

ホンダN-VAN そして、ライバル車に比べ、圧倒的な使い勝手を誇るのが、助手席ピラーレス構造による大開口スペースだ。この助手席ピラーレス構造は、ダイハツ タントのミラクオープンドアと基本的に同じ構造をもつ。この大開口スペースの使い勝手抜群で、長尺物や大きな荷物なども楽々出し入れが可能となる。クラストップの使い勝手を誇る。

この助手席ピラーレス構造を採用することで、ボディ各部に補強が入った。より強度の高いハイテン材を広範囲に採用。シーム溶接や高粘度接着剤による連続接合も積極的に取り入れ、軽量・高剛性ボディーを実現した。

ホンダN-VAN こうした使い勝手の良さに加え、荷室をより自分流にアレンジできるようにユーティリティーナットが設置されている。ユーティリティナットは、荷室の両サイドにバーやボードを取り付けて空間を自在にカスタマイズできるようにしたボルトの穴。等間隔で設置され、左右で計28カ所(+STYLE COOLは計26カ所)にある。同じサイズのボードなどを好きな高さに設置できるなど、色々なアレンジが可能だ。

さらに、荷物の固定に便利なタイダウンフックを標準装備。助手席の足元や荷室の四隅など計8箇所に配置されている。その他、スマートフォンなどを充電できるUSBジャックや充電コードなどを収納できるポケットなども設置。車内でIT機器などの充電も可能。収納スペースなども豊富だ。

 

軽バンに新たなジャンルが誕生!?

ホンダN-VAN 新型ホンダN-VANは、仕事用に使う便利なクルマとしてでなく、優れた積載性を生かし、より便利に趣味を楽しむためのクルマとしての価値をを提案する

新型N-VANには、仕事仕様といえるグレードであるGとLの他に、仕事や趣味を楽しむためのグレードである+STYLEが設定されている。+STYLEには、FUNと呼ばれるハイルーフタイプと、ロールーフのCOOLが用意された。FUNには、LEDヘッドライトが装備されるなど、贅沢な仕様となっている。また、丸型のヘッドライトにより愛嬌のある顔になっており、働くクルマだが愛らしいキャラクターになっている。

すべてのグレードに共通するデザインは、ボディサイドに入ったジュラルミンのスーツケースをモチーフにした3本のビード。真横に通すことで、パネルを厚くすることなく強度を持たせながらボディーサイド面のフラット化を実現した。

 

 

まさかの6MTを設定! クラストップの低燃費エンジンを搭載

ホンダN-VAN 新型N-VANのGとLグレードには、660㏄自然吸気エンジンのみの設定。+STYLE(FUN / COOL)には、ターボエンジンも設定されている。

軽バンは、主に低車速域で使われるケースが多い。そのため、新型N-VANは2代目N-BOXで新開発した高効率エンジンを商用ユースに最適化。低速から高トルクを発生し、乗りやすさと優れた燃費性能を達成。軽バンは燃費が物足りないという顧客の声に応えている。新型N-VANの燃費性能は、JC08モードで23.8㎞/Lを達成。ターボ車は、自然吸気に匹敵する23.6㎞/Lという低燃費を誇る。

ホンダN-VAN ライバル車であるエブリイが20.2㎞/L、ハイゼットカーゴが18.8㎞/Lなので、いかに新型N-VANの燃費が良いか分かる。また、この新型N-VANのエンジンは、静粛性が高いのも特徴だ。

自然吸気エンジンの出力は53ps&64Nm、ターボエンジンは64ps&104Nmとなっている。

このエンジンと組み合わされるのはCVTとなる。自然吸気エンジンには、他になんとクラス唯一の6MTが設定された。6速ギヤは、やや高めの変速比となっており、高速クルージング時の静粛性や低燃費化に貢献している。このミッションは、スポーツカーであるS660の6MTをベースに開発された。

 

 

ホンダセンシング全車標準装備は高評価。しかし、レスオプションの設定は✖

ホンダN-VAN 新型N-VANの大きな特徴のひとつは、軽バンでありながら優れた安全装備が充実していること。歩行者検知式自動ブレーキを含む先進予防安全装備であるホンダセンシングが全車に標準装備されている。このクラスでは、ナンバー1の予防安全性能を誇る。ホンダセンシングには、誤発進抑制機能や車線維持支援、先行車追従クルーズコントロールなどが装備されている。

軽バンは毎日のように使われるクルマ。それだけに、予防安全装備は重要な装備だ。新型N-VANは、こうした予防安全装備を標準装備化したことは高く評価できる。

ホンダN-VAN しかし、残念なことに、せっかく充実させた予防安全装備のレスオプションが設定されている。クルマは扱い方を間違うと、人を殺す道具だ。この人を殺すことがある道具を売るメーカーは、安価な装備で人を殺すリスクを下げられる装備があるのなら、積極的に自ら標準装備化し交通死亡事故を減らす社会的責任がある。せっかく標準装備した予防安全装備を外す設定があること自体、交通死亡事故に対してどう向き合っているのか、企業の安全に対する本音が見え隠れする。

ホンダは、安全思想としてセーフティ フォー エブリワンを掲げている。レスオプションは、自ら決めた安全思想に合致していない。都合よく安全をウリにしてはならない。

 

 

新型ホンダN-VANのグレード選び

ホンダN-VAN 新型ホンダN-VANのグレード選びは、まず自らの使い方を考えることから始まる。とにかく、仕事オンリーというのであれば、グレードはGかLになる。ただし、Gはかなりシンプル仕様。充電用USBジャックくらいは欲しい装備なので、Lをベースに考えるといいだろう。GとLの価格差は、約7万円になる。

仕事に使うとはいえ、やはりオシャレな雰囲気は必要。仕事とプライベートも1台で共用。趣味をより楽しむために、積載能力の高いクルマが必要、というのであれば、+STYLEのFUNがお勧めだ。COOLも悪くは無いが、クラストップの荷室高が新型N-VANの魅力なので、あえて全高を低くしたCOOLは、よほどの理由が無い限り選びにくい。初期の受注では、+STYLEが約7割を占めるほど人気だという。

FUNで悩みどころは、自然吸気かターボかというエンジンの選択。価格差は約11万円になる。多くの荷物を積んでロングドライブということが多いのであれば、やはりパワフルなターボ車がお勧めだ。高速道路でも十分な力強さを誇る。ロングツーリングでも、余裕ある走りが楽しめる。

 

 

新型ホンダN-VAN価格

・N-VAN

G Honda SENSING FF 1,267,920円/4WD 1,377,000円

L Honda SENSING FF 1,341,360円/4WD 1,450,440円

・N-VAN +STYLE

・FUN Honda SENSING FF 1,560,600円/4WD 1,691,280円

・FUN ターボHonda SENSING FF 1,668,600円/4WD 1,799,280円

・COOL Honda SENSING FF 1,560,600円/4WD 1,691,280円

・COOL ターボHonda SENSING FF 1,668,600円/4WD 1,799,280円

 

ホンダN-VANの燃費、ボディサイズなどのスペック

■グレード N-VAN FUN・Honda SENSING FF

全長 3395×全幅 1475×全高 1945mm

ホイールベース 2520mm

車両重量 950kg

最大積載量 350kg(4名乗車時200kg)

エンジン  S07B型 直3 DOHC

排気量 658cc

最高出力 39kW(53PS)/6800rpm

最大トルク 64N・m(6.5kgf・m)/4800rpm

燃費(JC08モード) 23.8km/L

トランスミッション CVT

価格 1,560,600円

 

新型ホンダN-VAN(エヌバン)CM動画「はたらく人のために」篇

 

新型ホンダN-VAN(エヌバン)CM動画「宣言」篇

【関連記事】

【オススメ記事】