日産アリアB6動画・評価 日本の伝統美をモチーフにしたデザインに魅了!

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
2022/06/18

 

とにかく広いアリアの室内空間

 

こんにちは! みじゅです!

今回は、国産EVの先駆者日産から登場したクロスオーバーEV新型アリアB6(FF)を紹介させて頂きます!

新型アリアのボディサイズは、全長4,595×全幅1,850×全高1,655となっており、ミドルサイズSUVに属します。

まず、驚いたのは室内空間の広さ。まるで、1クラス以上上のLサイズSUVに匹敵するほどでした。それもそのはず、新型アリアは4,595mmの全長に対して、ホイールベースは2,775mmもあります。

これに対して、エクストレイルは全長4,690mmで、ホイールベースは2,705mmです。新型アリアは、エクストレイルに対して、全長が短いのにホイールベースがとても長いのが特徴です。ホイールベースの長さは、室内の広さに直結するので、新型アリアの室内はとても広いということになります。

こうしたメリットは、EV(電気自動車)ならではのものです。アリアのパワーユニットは、モーターを含めコンパクトにまとめられています。エンジンよりも小さいため、従来のエンジンルームのように大きなスペースが必要なく、よりコンパクトにできるのです。そのため、アリアのボンネットは非常に短くなるため、よりホイールベースを伸ばすことが可能となっています。その結果、広大な室内を得ているのです。

 

 

十分な航続距離470㎞!

 

さて、そんなアリアですが「EVは気になるけど、航続可能距離が心配・・・」と、不安を持たれている人も安心です! 今回試乗したアリア B6(FF)の航続距離は、なんと470㎞(WLTCモード)です! バッテリーは、66kWhという大容量を誇ります。

この航続距離が長い、短いは人それぞれだと思います。ただ、1日に400㎞以上、休み無しで走ることは少ないと思います。トイレ休憩や食事休憩などの時間に、急速充電器で継ぎ足し充電すれば、さらに長距離走行が可能になります。実際、ほとんどのシーンで不自由なく使えると思います。

また、アリアには、バッテリー容量を91kWhと大幅に増やしたB9も今後投入される予定です。それぞれ、後輪側に高出力モーターを設置したe-4ORCEもそれぞれ用意されます。

 

 

日産アリア動画 みじゅ

 

日本古来の伝統美を追求したデザイン

 

アリアのデザインは、シンプルで力強く、モダンなフォルムが特徴です。日本古来の伝統美に着想を得てデザインされました。

例えば、フロントグリルにあたるシールド部分は、なめらかな表面の下に日本の伝統的幾何学模様 「組子(クミコ)」を立体的に再現。内部に配置されたセンサー類を守る役割も果たし、デザイン性と機能性の両立に感動しました!

日本らしさを 車に落とし込むコンセプト、とても素敵で個人的にすごく惹かれました。車両紹介動画では、細部のデザインも紹介しているので、ご確認ください。

 

 

4WDのe-4ORCEにも注目!

 

今回試乗したのは、アリアB6のFF車です。アリアには、後輪に高出力モーターを搭載した4WDのe-4ORCEがあります。このe-4ORCEも注目です。

このe-4ORCEには「旋回時駆動力配分制御」という機能があります。スタンダードモードでは、直進時は前輪メインの駆動力配分で走行し、コーナリング時は操縦安 定性を重視し4輪に駆動力を最適に配分。旋回性を向上させながら、総駆動力は変化しないので、車速を維持したままスムースに走行できるというものです。

また、減速時には前後モーターによる回生ブレーキと4輪の油圧ブレーキを組み合わせて協調制御。高度な制御により、コーナリング性能を向上させています。

今回の試乗では叶いませんでしたが、ぜひワインディング ロードで試したい機能です。

 

温度管理を徹底した新バッテリーを搭載

 

新型アリアには、電磁石を用いた新開発モーターを搭載。電磁石タイプ(巻線界磁式)モーターは、アクセルを踏み込んだ時に電磁石へ多 くの電流を流して大きな力を発生させます。街中や高速道路を巡航するなど大きな力を必要としないシーン では電流を少なくすることで消費電力の低減に貢献。出力特性に優れ、消費電力も低減できるという一石二鳥のモーターです。

また、EVにとって重要なリチウムイオンバッテリーの温度管理も徹底されています。リチウムイオン電池の温度は、ベストな温度を維持していないと安定した性能が維持できないからです。

新型アリアでは、充電性能の低下を抑えるために、PTCヒーター付水冷式の温度制御装置を搭載。走行中や充電中にバッテリーを適温に保つことで、バッテリーの寿命を長持ちさせつつ、性能の低下を最小限に抑制。もちろん、季節の寒暖差によるバッテリー性能の低下も防ぎ、安心して使えます。

 

価格.com 自動車保険

 

半自動運転的な先進運転支援機能プロパイロット2.0がさらに進化

 

また、最新の運転支援として「プロパイロット 2.0」の進化バージョンがオプション設定されています。準天頂衛星システムなどからの高精度測位情報を受信しが可能となり、従来のプロパイロット2.0より自車位置をより高精度に把握することが可能となっています。

プロパイロット2.0は、ナビに目的地を設定後、自動車専用道路等での高速走行時に条件を満たすと、ステアリングから手を放して半自動運転状態で走行が可能。前方監視とすぐに運転が変われることが条件ですが、長距離移動では非常に疲労軽減に役立つ機能です。少し高価ではありますが、積極的に選びたいオプションのひとつです。

私のチャンネルでは、そんなアリアの車両紹介動画をアップしておりますので、ぜひご覧ください!

 

 

日産アリア価格

 

・アリアB6(FF) 5,390,000円

・アリアB6 limited e-4ORCE(4WD) 7,200,600円

・アリア B9 limited(FF) 7,400,800円

・アリア B9 e-4ORCE limited(4WD) 7,900,200円

 

日産アリアB6(FF)電費、充電時間、ボディサイズなどスペック

 

全長×全幅×全高 (mm) 4595×1850×1655

ホイールベース (mm) 2775

最低地上高(mm) 180

乗車定員 (名) 5

車両重量 (kg) 1920

タイヤサイズ 235/55R19

最小回転半径 (m) 5.4

サスペンション (フロント/リヤ) ストラット式/マルチリンク式

モーター最高出力 (kW<PS>/rpm) 160〈218〉/5950-13000

モーター最大トルク (N・m<kgf・m>/rpm) 300〈30.6〉/0-4392

駆動用バッテリー種類 リチウムイオン電池

総電力量(kWh) 66.0

WLTCモード 航続距離(km) 470

充電時間 急速充電器50kW(125A)/約65分 急速充電器90kW(200A)/約45分 6kW普通充電器 約12時間

日産アリア新車情報・試乗評価一覧

日産サクラ新車情報・試乗評価一覧

日産車新車情報・試乗評価一覧

電気自動車新車情報・試乗評価一覧

SUV動画・新車情報・試乗評価一覧

新車解説動画一覧

【関連記事】

【オススメ記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です