CORISMトップレビュー一覧VW > フォルクスワーゲン パサートG...

フォルクスワーゲン パサートGTE試乗記・評価
ドライバーに力強い安心感と優れた経済性を提供! 【19歳! F4レーサー金澤力也が試乗】

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【VW】2016/07/26

まずは自己紹介から・・・!F4レーサーの金澤力也です!

JAF-Formula4 金澤力也
photo by 『VSR Lamborghini S.C. junior formula team』
みなさん初めまして!現役F4レーサーの金澤力也です!!

え、誰々・・・? と、なっているかも知れないので、まずは自己紹介から始めましょう!笑

名前は金澤力也(かなざわ りきや)
1996年生まれで現在19歳!
亜細亜大学に通いながら現役レーサーを務める大学生 兼 レーシングドライバーなんです!今年からVSR Lamborghini(ランボルギーニのジュニアチーム)に所属してレース活動を行いながら、多くの方々に車の魅力やモータスポーツの楽しさを広めていきたいと思っています!

そんな僕が、現役レーサーとして、さらには若者目線から見た車の試乗レポートをさせて頂きたいと思いま~す(^^)/
JAF-Formula4 金澤力也
今年はJAF-Formula4東日本シリーズとSuper-FJ筑波シリーズの2カテゴリーでシリーズチャンピオンを狙っています。現在Super-FJクラスでは、2連勝を果たしました
フォルクスワーゲン パサートGTE

何かを得るために、何かを捨てるという二律背反的な技術はもう古い!?

フォルクスワーゲン パサートGTE
車の乗り心地やコント、ロール性、様々な走行モードを体験
さてさて・・・そろそろ『 パサートGTE 』の記事に入りましょう!笑

みなさんは、新しい車を購入する際に、何を重視していますか?

乗り心地の良さや機能の充実などの快適性? とにかく燃費が良い事? それとも運転していて楽しいかどうか?

僕は、フォルクスワーゲンパサートGTEに乗って自分の価値観が良い意味で変わってしまったような気がしました。

簡単に言うと、燃費が悪くても速ければよい。遅くても燃費が良ければよい。という、どちらかひとつを取るような考え方はもう古いってことなのです!

それは、ドライバー(運転手)の技術によって、クルマの性能を大きく向上させることが出来る非常に画期的なテクノロジーが詰められているということなのです!※ここで言う運転手の技術とはレーシングテクニックとは全く別の技術なのでご安心を!笑

例えば、ある1つの性能に特化すると、相反するものの性能が犠牲になってしまいます。例えば、コーナーリングスピードを上げようとすると、乗り心地が悪化したりなどすることがあります。パサートGTEには、これまでのこうした先入観が無くなっているんです。これは、本当に凄い技術です。

で、具体的に何が凄い技術なんだ。と思った方!今から説明していきます!!
フォルクスワーゲン パサートGTE
ステアリングから伝わる情報量の多さには納得。さらに多種多様な機能を使うことによってドライビングの幅が格段に向上
フォルクスワーゲン パサートGTE
見た目もスタイリッシュで重心も高くないところから、車の安定性の良さも分かる
フォルクスワーゲン パサートGTE
スッキリとしたリヤビュー。ワゴンモデルながら、スポーティ

優れた燃費性能とパワフルな走りを同時に手に入れたパサートPHV

フォルクスワーゲン パサートGTE
まず、パサートGTEというクルマはPHEV です。外部から電力を供給してもらい、内蔵のリチウムイオン電池を充電します。この電力で通常は、EV で走行し最長で50㎞ほど走れます。ちょっとした外出なら、ほとんどEVで十分に対応可能な航続距離といえます。また、さすがドイツのフォルクスワーゲンというべきか、130㎞/hまでEV走行が可能なのです。速度の遅い日本では、十分すぎる実力をもっています。

このバッテリー残量が無くなると、ハイブリッドモードに移行します。状況に合わせてEVやエンジンで、最も効率のよい方法を自動で選択して走ってくれます。

そして、ここからがポイントです。パサートGTEには、GTEモードという走行モードが用意されていて、これを選択すると、エンジンとトランスミッションはスポーツモードのマップに切り替わり、よりダイレクトでレスポンスの良いフィーリングを得ることができるんです。また、アクセルの踏み込み量により、EV走行用のモーターがプラスされ、よりダイナミックな走りが楽しめるんです!

つまり、ゆっくりもしくは通常走行時には、ガソリンを節約し低燃費走行。しかし、いざスポーツ走行がしたいときには、エンジン+モーターの力でよりパワフルに走れるのです。

今までのクルマのように、強大なパワーを得るためには、燃費性能が犠牲になるということがないのです。また、逆に燃費を重視なので、力強さに欠け走りが楽しくない、そんなこともなく、力強さと低燃費を両立したクルマがパサートGTEということになります。

その他にも、積極的に充電するバッテリーチャージモードというものもあります。深夜などに自宅に帰るときなどは、事前にバッテリーチャージモードで充電してからEVで帰宅すれば、エンジン音で近所の迷惑になることがないですよね。

さらに、走行モードの選択以外にも、コースティング(惰性走行)という乗り方も出来るのです!
60~70km/hでアクセルペダルから足を離すと・・・、動力を繋げるクラッチを自動で切り離すことで抵抗なくサーッと転がるようなコーナリングを実現しています。エンジンは停止しているので、低燃費化できるんです。

この走行方法は、燃費の向上にも大きく貢献します。ちょっとしたコツをつかめば、積極的にこースティングさせて、より低燃費化させることも可能です。単に気持ちよく走るだけでなく、新たな運転の楽しさにも繋がります!

このようにパサートGTEは、運転手の技術や車への理解によって、走行性能や燃費をコントロール出来るのが最大の魅力なのではないでしょうか。
フォルクスワーゲン パサートGTE
フォルクスワーゲン パサートGTE
フォルクスワーゲン パサートGTE

パサートGTEの真髄は、ドライバーの技量を問わず楽しめる懐の深さにある!

フォルクスワーゲン パサートGTE
そして、もう1つ・・・、レーシングドライバーの目線から見て、是非皆様にお伝えしたいことがあります。それはズバリ!!ハンドリング性能やフットワークの『良さ』です。

この『良さ』というのは、レーシングカーのようにキレが良いという意味ではなく、コントロールに幅があり、ドライバーに安心感を与えてくれるということです。

確かにハンドリングの反応力が良く、車が俊敏に動くことは悪いことではないです。むしろレーシングカーには、それが必要です。ですが、このキレの良さを求めてしまうと同時に、シビアなコントロールが必要になってくるのです。

これは、街をドライブしたり、長距離ドライブで旅行に行ったり・・・という場面では、ドライバーにかなりの気を使わせてしまうことになります。ただ単にスポーツカーの様な俊敏性を与えるのではなく、ドライバーの意図したままに車が動いてくれるように仕上げられているんです。

シッカリとしたハンドリング性能がパサートGTEの魅力でもあり、FF(前輪駆動)のモデルなのですが。フロントが重く曲がりにくいということもないのも特徴で、FFモデルであることを感じさせない走りが楽しさにつながっています。

こうしたハンドリング性能や、動力性能などパサートGTEは、運転手の意図によって車をコントロール出来る幅が広いんです。運転が下手な人でもそれなりに走れ、運転が上手い人は自分の操作でクルマを自在にコントロ―ルできる楽しみが味わえます。

僕は、まだ多くのクルマに乗った経験がありません。それでも、パサートGTEは良いクルマであることは分かります。

楽しそうに乗っていた編集長に、そんな話をしたら「5,399,000円もするんだから、当たり前だろう! この金額で良くなかったら、お客さん怒るって!」と一蹴・・・。まぁ、そりゃそうですけどね。
フォルクスワーゲン パサートGTE
フォルクスワーゲン パサートGTE
フォルクスワーゲン パサートGTE

フォルクスワーゲン パサートGTE価格

■セダン
・GTE 5,199,000円
・GTEアドバンス 5,799,000円

■ヴァリアント
・GTE 5,399,000円
・GTEアドバンス 5,999,000円

フォルクスワーゲン パサートGTE燃費、スペックなど

■フォルクスワーゲン パサートヴァリアントGTEアドバンス スペック
全長 4,775mm 全幅 1,830mm 全高 1,500mm
ホイールベース 2,790mm
トレッド 前/後1,580/1,560mm
最低地上高 120mm
車両重量 1,770kg
エンジン 直列4気筒 DOHC インタークーラー付ターボ(4バルブ)
総排気量 1,394cc
最高出力 115kW (156PS) / 5,000-6,000rpm
最大トルク 250Nm (25.5kgm) / 1,500-3,500rpm
電動機 定格出力 55kW 最高出力 85kW (116PS) 最大トルク 330Nm (33.6kgm)
駆動用バッテリー リチウムイオン電池
総電圧 352V
総電力量 9.9kWh
タイヤ 235/45 R18
ハイブリッド燃料消費率  21.4km/L
充電電力使用時走行距離  51.7km
価格 5,999,000円

【関連記事】

【オススメ記事】