速報!2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー決定! 電気自動車、日産リーフが受賞!! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【イベント・モーターショー】2011/12/03

日産リーフ、2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞

2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー
 2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤーの開票が、東京モーターショー会場で行われ、日産リーフが第32回日本カー・オブ・ザ・イヤーに決定した。日本カー・オブ・ザ・イヤーは、今年度に発売されたクルマの中で最も優秀なクルマ与えられる賞。日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴史の中で、電気自動車初の受賞となった。

 世界初となる量産電気自動車であることや、電気自動車を安心して走らせるためのIT技術や積極的なインフラ整備などが評価されている。
 
 日産のカルロス・ゴーン社長は「私たちはこれまでにグローバルで約2万台の日産リーフを販売し、誰もが買うことのできるゼロエミッションモビリティをグローバルにお届けする、という約束を果たすことができました。今回の受賞は日産の力だけでなく、お客さまのご支援があったからこそ受賞できたものです。皆さまに感謝申し上げます。」と述べている。

【日産 電気自動車 リーフ 新車試乗記】ついに街へ飛び出した話題の最新型EVは”使える”ヤツなのか

未来への夢を乗せて電気で走るレーシングカー【日産リーフ ニスモRC】

インポートカー・オブ・ザ・イヤーはメルセデス・ベンツCクラス

メルセデス・ベンツCクラス
 10ベストカーとして選ばれたクルマの中で、最も得点を集めたクルマに与えられるインポートカー・オブ・ザ・イヤーは、メルセデス・ベンツCクラスが選ばれた。

 2,000箇所以上に及ぶ変更を施され、クルマとして大幅に完成度を高めたことなどが、メルセデス・ベンツCクラスが評価された理由となっている。

長所はあっても欠点はない?【メルセデス・ベンツCクラス試乗記】

実行委員会特別賞は、マツダ デミオ スカイアクティブ

マツダ デミオ スカイアクティブ
 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会を構成する実行委員が選ぶ実行委員会特別賞は、マツダ デミオ スカイアクティブが選ばれた。

 ガソリンエンジンだけで、30km/Lという低燃費を実現したスカイアクティブ技術が評価されての受賞となる。

販売絶好調! デミオの秘密は燃費だけではない着実な進化にあり!!【マツダ デミオ試乗記】

マツダの意地はエンジンにあり! よくトマールi-STOPと豊かな低速トルクが魅力【マツダ デミオSKYACTIV試乗記】

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】