日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)新車試乗評価 安全装備と燃費向上に期待! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2014/07/11

 

 

日産のもつ販売網の優位性で人気モデルとなったデイズルークス

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

 日産 は最近、三菱自動車 との合弁会社であるNMKVでの商品企画や部品の調達に参画し、共同開発したクルマを三菱に生産してもらい、日産のディーラーで販売するようになった。その第一弾が2013年に発売されたデイズ で、2014年には第二弾となるデイズルークス が発売された。

デイズがハイト系 ワゴン であるのに対し、デイズルークスはスーパーハイト系 ワゴンである。スズキ でいえば、ワゴンRスペーシアダイハツ でいえばムーヴタント のような関係にある。

ちなみに、日産は従来、スズキのパレット をベースにしたクルマのOEM供給を受けてルークスとして販売していたが、今回のデイズルークスは自社(NMKV)開発のクルマになった。

販売台数の統計では、デイズとデイズルークスが合算されて集計されるため、2014年4月には軽自動車 販売でタントに次ぐ2位の座を占めている。これは統計上のまやかしともいえるものだが、デイズ&デイズルークスがそれなりに良く売れているのは間違いない。

日産の販売網やセールスマン数などを考えたら、月に1万数千台の売れ行きは当然といえば当然である。ダイハツやスズキが日産を恐れるのは、こうした販売網の強さがあるからだ。

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

 

元気よく快適に走れるクルマだが、燃費性能が物足りない

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

 日産デイズルークスには、外観デザインが標準系のものとエアロパーツを装着してスポーティな外観を持つハイウェースターが設定されている。さらに、ハイウェースターをベースに、オーテックジャパン が個性を際立たせたライダーもある。

標準車を走らせると、すぐに相当に柔らかめの足回りであることが感じられる。コーナーで横Gがかかると、大きなガラス面積を持つフロントウインドーが左右に傾くので、けっこう落ち着かない感じになる。

ハイウェイスターターボは、タイヤサイズが15インチになり、足回りが多少は硬めにチューニングされている。標準よりは落ち着いた感じになるものの、それでもまだ柔らかめの足回りという印象である。

日産デイズルークスの搭載エンジンは、自然吸気仕様もそれなりの元気の良さを見せる。デイズのときには発売時点での燃費トップにこだわり過ぎたためか、アクセルワークに対する反応の鈍さを感じさせる部分があったが、デイズルークスではそうした反応の鈍さ感じさせることはなく、普通に走る軽自動車になっていた。

ターボ車は、さらに元気が良く、動力性能の面では不満を感じない。数値的にも軽自動車の自主規制の上限値に張りついているので、ほかのメーカーのターボ車と変わらない感覚の走りである。

ただ、走りの良さと引き換えに、燃費性能が悪くなってしまった。デイズルークスの自然吸気車の燃費がスペーシアのターボ車と同じというのだから、完全に負けている。そして、ターボ車は、さらに燃費が悪くなる。これはアイドリングストップ機構や補助バッテリーが装備されないことも理由だ。

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

競合社に大きく後れをとる安全装備

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

 日産デイズルークスは、燃費だけでなく安全装備についても競合車に負けている。今では軽自動車でも自動ブレーキが当たり前の時代になりつつあるが、デイズルークスにはオプションでも設定がない。そればかりか、横滑り防止装置のVDCもターボにだけ標準で、ほかのグレードではオプションや設定がなかったりする。

横滑り防止装置は登録車(軽自動車ではないクルマ)では、すでに装着が義務付けられていて、軽自動車も2年半ほど先には義務付けが始まるというのに、対応が遅れている。

ほかのメーカーでは、ホンダ が2011年に発売したN BOX から全車に標準装備するなど、各社が積極的に採用している。さらにいえば、姉妹車である三菱のekスペース /ekスペースカスタム が、もっと積極的に装備しているというのに、デイズルークスの姿勢は話にならない。

ここ何年かの日産は、安全装備の軽視がはなはだしかった。それが最近のスカイラインやエクストレイルでは改善の方向に向かい始め、セレナノート もマイナーチェンジで安全装備を充実させていたが、ティアナ やこのデイズルークスでは、また安全軽視の日産に逆戻りしてしまった。

しかも、安全装備がないのに、安全装備を備えた競合車と似たような価格が設定されるなど、デイズルークスは価格的にも割高な印象が強い。拠点数やセールスマン数が多いので、当面はそこそこ売れるだろうが、長続きさせるには相当なテコ入れが必要だろう。

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

 

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)価格、燃費、スペック

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

■日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)価格
・2WD
S  1,275,480円
X  1,377,000円
ハイウェイスターS 1,499,040円
ハイウェイスターX 1,568,160円
Gパッケージ 1,640,520円
ハイウェイスター ターボ  1,784,160円
・4WD
S 1,396,440円
X 1,497,960円
ハイウェイスターS 1,622,160円
ハイウェイスターX 1,689,120円
Gパッケージ 1,761,480円
ハイウェイスター ターボ 1,905,120円

代表グレード 日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)ハイウェイスターX Gパッケージ
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3,395×1,475×1,775mm
ホイールベース[mm] 2,430mm
トレッド前/後[mm] 1,300/1,290mm
車両重量[kg] 950kg
総排気量[cc] 659cc
エンジン最高出力[ps(kw)/rpm] 49〔36〕/6,500rpm
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 59〔6.0〕/5,000rpm
ミッション CVT
タイヤサイズ 165/55R15
燃費 JC08モード 26.0km/L
定員[人] 4人
税込価格[円] 1,640,520円
燃料 レギュラーガソリン
レポート 松下 宏
写真 編集部
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】