【マツダ 新型 アクセラ 試乗記】ハイブリッドだけがエコじゃない! アイドリングストップ「i-stop」の実力を試す! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【マツダ】2009/08/08

マツダの主力車種アクセラが2代目へとフルモデルチェンジ!

マツダ アクセラ スポーツ フロント

従来同様、マツダ車らしい個性を感じさせるデザインを受け継いでいる。見た目にもスポーティで、走りの良さを想像させるフォルムだ。

 アクセラ は世界100カ国以上で累計200万台以上が販売されるマツダ の主力モデルだ。マツダがヨーロッパで高く評価されている理由のひとつがアクセラであるわけだし、輸出比率の高いマツダにとっては稼ぎ頭ともなる車種である。
 今回のモデルはヒットした従来のモデルを受け継ぎ、エモーショナルな外観デザイン、ドライバーが運転に集中できる室内環境、スポーティさを磨き上げたダイナミック性能などを基本コンセプトに開発が進められた。
 ボディタイプは4ドアセダン とスポーツと呼ぶ5ドアハッチバック の2種。搭載エンジンは直列4気筒の1.5リッターと2リッター、2.3リッターの3機種がラインナップされている。

マツダ アクセラ スポーツ リヤ

新型アクセラも5ドアハッチバックのスポーツ(写真上)と、4ドアセダンをラインアップする。日本車というよりは、ヨーロッパ車的な雰囲気を持っているのが特徴といえる。

マツダ アクセラ リヤ

スタイリッシュなデザインは個性的でスポーティな雰囲気

マツダ アクセラ スポーツ フロント
 外観デザインは、旧型のイメージを継承してマツダらしさを表現しながらも、より個性が際立つデザインとされた。大きく口を開けた感じの五角形のフロントグリルを始め、彫りを深めたボンネットフードやボディサイドのキャラクターラインなど、これまで以上に印象的な外観デザインを作っている。
 特に真っ正面から見たときの印象は、かなりインパクトがあるというか、ひと目見るとハッとするような個性的な表情が作られている。逆にいえば、好き嫌いが分かれるデザインということになるが、個性がはっきりしているのはとても良いことだと評価したい。
 ラインナップの中でもマツダスピードアクセラには、エアロパーツや18インチアルミホイールなどの採用によってより迫力ある外観が与えられている。

マツダ アクセラ フロントマスク

ツリ目のヘッドライトや五角形のバンパー開口部は、もはやマツダのアイデンティティともいえるデザイン。従来のイメージを残しつつ、新鮮さもプラスしている。2.3リッターのDISIターボを搭載するマツダスピード アクセラは、ボンネットにエアダクトを装備しているのが特徴だ。

マツダ アクセラ スポーツ リヤコンビランプ

クリアタイプのリヤコンビランプは、スポーティさと質感の高さを感じさせてくれる。

マツダ マツダスピード アクセラ フロント

2.3リッターDISIターボを搭載するマツダスピード アクセラは、ダクト付きの専用ボンネットなどを装備し、走りはもちろん見た目もスポーティに仕上げられている。


マツダ マツダスピード アクセラ リヤ

大きなルーフスポイラーを装備し、標準車との差別化が図られている。左右2本出しの大径マフラーは、サウンドもスポーティなもので好感が持てる。

マツダ マツダスピード アクセラ メーター

エクステリアだけでなく、インテリアもシートを始め、専用アイテムが奢られている。メーターはブースト計を装備しており、スペシャルモデルらしい演出がされている。

ゆったり広々とした室内空間が高評価

マツダ アクセラ インテリア

ボディサイズが拡大されたこともあり、より広々感の増したインテリア。エアコンやオーディオ類のスイッチも操作しやすく、小物の収納スペースも豊富に用意されている。

 室内空間の広さはまずまずというか十分なものがある。ボディサイズはわずかに拡大されて全幅が1755mmの3ナンバー車なので、十部な広さも当然といえる。後席に座っても足元には十分な余裕があるし、ヘッドクリアランスもまずまずだと評価したい。
 運転席に座るとやや適度な包まれ感のあるスポーティな雰囲気のコクピット感覚が表現されている。メーター類を配置した視認性のエリアとオーディオやエアコンなどの操作系のエリアとが明確に分けられていて、その中間の位置に両方が求められるカーナビを配置するような形だ。
マツダ アクセラ フロントシート

シートはサイドのサポートがしっかりした形状で、コーナーリング中もきちんと体を支えてくれる。

マツダ マツダスピード アクセラ フロントシート

マツダスピード アクセラは、専用のシート表皮が採用されている。

マツダ アクセラ リヤシート

リヤシートは足元のスペースも十分あり、頭上の空間も窮屈な印象はない。長距離ドライブでも快適に楽しむことができる。


マツダ アクセラ メーター

赤い文字盤のメーターはスポーティな雰囲気で、視認性にも優れている。

マツダ アクセラ インフォメーションディスプレー i-stop画面

インパネ中央の上部にはインフォメーションディスプレーを装備しておりi-stopのエンジン停止時間や燃費などの情報をカラーでわかりやすく表示してくれる。

マツダ アクセラ トランク

セダンのトランクも十分な広さが確保されている。通常の使用であればこれでも文句のないレベルの容量といえる。


マツダ アクセラ スポーツ ラゲッジ
マツダ アクセラ スポーツ ラゲッジ
マツダ アクセラ ラゲッジアンダーボックス

ハッチバックのアクセラ スポーツのラゲッジは開口部も大きく、ラゲッジアンダーボックスも装備するなど使い勝手はとてもいい。容量も十分以上に確保されている。

肝心の安全装備はグレードにより大きな差がある

マツダ アクセラ フロントシート
 インテリア回りの質感は、ダッシュパネルに手触りの良いソフトな素材を採用するなどしているが、エアコンのアウトレットやカーナビ回りなどは異なる素材が使われているのがやや残念なところ。このあたりは統一性を持たせたかった。
 快適装備は全車にオートエアコンやパワーステアリングが標準となるが、オーディオやカーナビは全車にオプション設定。また安全装備はグレードによって設定が異なるが、横滑り防止装置のDSCがマツダスピードアクセラと2 リッターのFF車には標準になるものの、1.5リッター車と2リッターの4WD車ではオプション装着もできないという設定は問題である。

2リッターFF車に搭載されるi-stopは市街地燃費のアップに貢献に評価

マツダ アクセラ 1.5リッターエンジン

アクセラに搭載されるエンジンは基本的には1.5リッターと2リッターの2種類。

 新型アクセラで注目されるのはi-stopと呼ぶアイドリングストップ機構だ。これは2リッターエンジンを搭載するFF車に設定されている。i- stopは直噴エンジンであることを前提に開発された機構であるため、2リッターの4WD車や1.5リッター車はエンジンが直噴仕様ではないためにi- stopが設定されない。
 i-stopのメカニズムは直噴エンジン特徴を利用したもので、素早い再始動を可能にしたのが特徴。一定の条件下で停車するとエンジンがストップし、ブレーキペダルから足を話すとほとんど同時にエンジンが始動する。停止時や再始動時には多少の振動があるが、それもあまり気になるほどではない。
 アクセラは電動ポンプ式の油圧パワーステアリングを採用しているため、エンジンが停止した状態では油圧が働かないのでパワーステアリングが効かなくなる(普通の力ではハンドルがほとんど回らなくなる)が、停止状態で据え切りというシーンはあまりないし、必要なら一瞬でもブレーキ力を緩めればエンジンが再始動してパワステが使える。
 インパネ中央にインジケーターがあり、今回のドライブでのアイドリングストップ時間や累計のストップ時間などが表示され、さらに木の成長する様子が表示されてどれくらい環境に貢献したかが示される。これはなかなか良いアイデアだ。ただ、インパネ内に表示されるi-stopのインジケーター(アイドリングストップが可能なかどうかを示すもの)の文字小さくて見えにくいのは難点だ。
  2リッターエンジンの動力性能そのものはクラスの平均かそれ以上にもので、アクセラのボディに対しては余裕十分といった印象。かなり元気良く走らせることができると評価しよう。
2.3リッターDISIターボエンジン

2.3リッターDISIターボエンジンは、マツダスピード アクセラ専用のスペシャルエンジンだ。

マツダ アクセラ シフトレバー(5速AT)

アクセラのミッションは1.5リッターがCVTで、2リッターは5速ATとなる。

マツダ マツダスピード アクセラ シフトレバー(6速MT)

スポーツモデルのマツダスピード アクセラは6速MTのみの設定だ。

マツダ車らしい味付けの足まわりで走りの質感も上々!

 1.5リッターエンジンは新しくCVTと組み合わされている。これもなかなか良く走る。1.5リッター車は2リッター+5速AT車に比べるとざっと 100kgも軽いので、走りのフィールが相当に良くなるのは当然のこと。結果燃費にも貢献してi-stop付きの2リッター車よりも1.5リッター車のほうが燃費が良い。当然ながら価格も安いので、アクセラを選ぶなら1.5リッター車のほうがお勧めだ、まさに高評価である。
 ただ、問題なのは1.5リッター車を選ぶと横滑り防止装置のDSCが装着できないこと。オプション設定もされていないので、肝心要の安全装備が装着できないことになる。i-stop装着車は、ヒルホルダーを装備する必要性からVDCが標準装備されている。1.5リッター車か2リッター車かを考えるのはなかなか悩ましい。
 このほか、2.3 リッターのDISIターボを搭載したマツダスピードアクセラは、豪快な走りのパフォーマンスを発揮する。硬めの足回りやダイレクトなステアリングフィールなど、いかにもスポーティな印象が強い。
 ほかのモデルも含め、足回りは全体に硬めの乗り味で、いかにもマツダ車らしいもの。世界で最も多くのスポーツカーを作っているマツダらしい味付けである。
マツダ アクセラ 15インチタイヤ&アルミホイール
マツダ アクセラ 16インチタイヤ&アルミホイール
マツダ マツダスピード アクセラ 18インチタイヤ&アルミホイール

標準車は15インチ、スポーティグレードの20Sは16インチのタイヤ&ホイールを装着する。どちらも静かで快適な乗り心地を味わえる。マツダスピード アクセラは18インチの大径タイヤ仕様となっており、優れたハンドリングを楽しめる。

マツダ アクセラ 走り

代表グレード マツダ アクセラ スポーツ 20S
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4490×1755×1465mm
車両重量[kg] 1340kg
総排気量[cc] 1998cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 150ps(110kw)/6200rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 19.0kg-m(186N・ m)/4500rpm
ミッション 5速AT
10・15モード燃焼[km/l] 16.4km/l
定員[人] 5人
税込価格[万円] 214.0万円
発売日 2009/6/11
レポート 松下宏
写真 佐藤靖彦

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】