【無限 アコード ツアラー 試乗記】オトナ向けユーロスタイルに仕立てられた無限版"アコード ユーロR"! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2009/08/15

ノーマルの長所を引き出した大人のチューニングカーが高評価

 新型アコード/アコード ツアラーでは残念ながらなくなってしまった、ユーロR。アコード版タイプRといったスポーティな内容で、じつにホンダらしい味付けだった。正確にはタイプ Rよりも大人が楽しめるのがユーロRの特徴だったのだが、それが無限の手によって復活した。
 フルで用意されたエアロは、無限らしく大胆なシルエットで、塊感を強調したモノ。とくにフロントまわりはホンダ顔をさらに引き立てており、グリルはお馴染みの"鉄仮面タイプ"となり、ノーマルの大人な感じとはまた違ったテイストに仕上がっている。
 そしてなによりもうれしいのは、機能部分にもしっかりと手が入れられているということ。マフラーは、テール径が100φと大ぶりかつ左右出しなので、迫力はかなりあり。ただし、見た目とは裏腹に排気音はあくまで上品で、回せば回すほどに低音を中心とした乾いたサウンドが響き渡って、じつに気持ちよかった、まさに高評価なのだ。
無限 アコード ツアラー リヤ

なにやら印象はドイツ車っぽい。それほどまでにエアロの完成度は高い。フロントまわりは好き嫌いが分れそうだが、単品をピンポイントで装着するのもいいだろう。

無限 アコード ツアラー フロントマスク

ガナドール状の盛り上がりなど、大胆かつ複雑な形状のフロントアンダースポイラー。またグリル一体のエアロバンパーが塊感を引き出している。

無限 アコード ツアラー マフラー

100φのツインといっても、大音量というわけでもなく、あくまでも控えめ。排気効率のアップも体感でき、アクセルワークが軽快になり、走るのが楽しくなる。

高速でも安定感を発揮するしなやかな足まわりを評価

無限 アコード ツアラー 18インチタイヤ&アルミホイール

繊細かつ、ヨーロピアンテイスト十分の 18インチホイール。ホイールハウスのクリアランスもちょうどいい感じ。またブレーキローターのスリットがやる気にさせる。

 足まわりもスポーツサスペンションが入れられ、車高は20ミリダウン。味付けはノーマルよりは硬いけど、それほどは硬くない、という絶妙な落としどころで仕上げられているので、街乗りで気を使うこともなく、高速になれば安定した走りを見せてくれるだろう。つまりアコード本来のコンセプトを外していないと評価していい。
 さらに驚いたのが、ブレーキパーツも用意されているということ。しかもパッド程度でお茶を濁すのではなく、5本スリットが入ったローターまで用意されているのだ。おかげで効きはカッチリ。そもそも効きに問題はなかっただけに、その分、安心感の倍増に振った形だ。
 新型アコードの持ち味である、ヨーロッパ流のグランドツアラーとしてじっくりと乗りたい人には正直向かないかもしれない(それでもブレーキはオススメ)が、いわゆるユーロ志向でドレスアップを楽しみたい人には無限のエアロなどはもってこいだろう。

無限 アコード ツアラー 走り

アコード本来の持ち味通り、高速走行が得意な印象を受けたが、緩いコーナーが続くワインディングでも姿勢がキッチリと決まり、駆け抜ける楽しさは十分だった。

無限 アコード ツアラー 走り

written by マッシュ近藤

【オススメ記事】