CORISMトップレビュー一覧日産 > 日産エクストレイル ハイブリッ...

日産エクストレイル ハイブリッド試乗記・評価
オフロード初体験なのに「20度の急坂を1人で登れ!?」エコラン&オフロード試乗!! (オフロード編)

はてなブックマークに追加Googleブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録
【日産】2015/09/12

またも、人生初のオフロード走行! オシャレで低燃費なエクストレイルなのですが、デコボコ道ではタフな一面も!

日産エクストレイル ハイブリッド
オフロードに佇むエクストレイルはどこか
色気があってドキドキします。
さて、人生初のエコラン を終え、高浦めぐみ 、少々お疲れモード中でございました・・・。

精根使い果たした髙浦に、間髪入れず次の指令が!

「オフロードコース、走ってきて!」って・・・。

わずか2周コースを説明してくれたあと「じゃぁ、あとは1人でよろしく!」って、オイオイ、髙浦、オフロードコース初めてなんですけど!

エコランの時は、燃費を考え2WDモード(FF)にして走りましたが、エクストレイルの4輪駆動システム であるALL MODE 4×4 - iをオートモードに。 一般的なオフロードなら、このオートモードでOK。フロントのトルク配分を0~100%、リヤを0~50%の間で自動的に配分して走ってくれるそうです。

恐る恐るエクストレイル のアクセルを踏み、まずはラフロード・・・。

さすが、ALL MODE 4×4 - i。何事も無く普通にクリア。そのままバンクへ。初体験の髙浦は、バンク上部へは行けず、なるべく下の方へ。でも、もの凄くクルマが傾いている感じが。横転するかも!? そんな恐怖を感じながら、ゆっくり進み、なんとかクリア。

大きな凹凸のある道も、ゆっくり行けばへっちゃら! 髙浦、早くもオフロード走行のコツをつかんだか?

しかし! ここからが本番、次に待ち受けていたのはロングヒルクライム! クルマから見ると、まるで「壁!」 約20度くらいの坂らしいのですが、これを登れと! 人が立つだけでも難しいってのに!

このロングヒルクライムを前に、一旦停止してALL MODE 4×4 - iをロックモードへ。ロックモードは、こうした急坂やスタックしたときの脱出用など、走破性を高めるモードだそうです。ロックモードにすると、前後のトルク配分は50:50に固定されるそうです。

ロングヒルクライムを前に、イベントの運営スタッフから「アクセル全開で登り切ってください!」と指示されました。「アクセル全開ですか?」それも、こんな急坂で・・・。

しかし、もはや退路は無し。半べそかいて、戻ってきたら、編集長に何を言われるか分かったもんじゃありません! 覚悟を決めて、

「髙浦、行きまーす!」

エクストレイルは、ガオォォーと加速。急坂上では、ブルブル左右にクルマを揺らしながら、グリグリ登ります。アレっ? あっけなく終了です。オフロード初体験の女子でも難なくクリア。やりますね、エクストレイル。

ホッとしたのもつかの間。山あれば谷ありです・・・。今度は下るんですか? この急坂・・・。

またまた、スタッフさんから「ヒルディセントコントロール」を試してくださいとのこと。

なんですか、それ?

滑りやすい路面を下る時、自動的に車速を制御。低速でゆっくりと降坂できるシステムなんだそうです。クルマが自動的に車速を制御して、車速を4km/h~15km/hにコントロール。ドライバーはハンドル操作に集中できて安心して下ることができるそうです。

と、言われましても。この急な下り坂、ブレーキかけずに降りろなんて。反射的にブレーキ踏んじゃいますって!

この坂を下らないと、元の場所へは帰れないので、覚悟を決めて急な下り坂へ突入。

すると、おっ? ゴゴッゴゴッと音をさせながらし、エクストレイルはゆっくり急坂を下っていきます。

「案ずるより産むが易し」

意外と簡単。というより、エクストレイルやるじゃん!

これで、髙浦初のオフロード走行体験終了!  まっ、ほとんどクルマ任せでしたけどね。それくらい、エクストレイルに任せておけば、初心者でもオフロードコースを苦にしないくらいの性能ということなのですね。
日産エクストレイル ハイブリッド
傾斜約20度の人も立っていられないくらいの心臓破りな坂を4WDロックに入れてベタ踏みで登っていくのです!! 登りきった時の感動はすごいです。正直、落ちるかと思いました(笑)さらに、途中で停止して体感する「ヒルスタートアシスト」はブレーキからアクセルに踏みかえる間の後退を2秒間キープしてくれる機能!本当に2秒間ピクリともしませんでした!
日産エクストレイル ハイブリッド
逆に、急な下り坂の場合は「ヒルディセント」を使用。設定した速度で下れるように自動ブレーキが効いて、4輪全てをバラバラにブレーキング。ゴゴゴゴっという音とともにゆっくり下っていけるのです!
日産エクストレイル ハイブリッド 髙浦めぐみ
みてください、このテカリ具合、引きつった情けない顔!!編集長にネタにされたのは言うまでもありません

素人女子的、エクストレイル ハイブリッドの評価は?

日産エクストレイル ハイブリッド 髙浦めぐみ
イベントが終了し、帰り道は日産本社のショールームに。ショールーム内にある日産グッズのショップで、スクラッチシールドの「nismo スマホケース」とフェアレディZがパッケージのお菓子を購入。ショールームで、はぁはぁして帰宅したのは内緒のお話ですw
さて、エコラン&オフロードとエクストレイルの魅力を堪能した髙浦。まず、感動したのは、エクストレイルハイブリッドの加速の良さ!!! アクセルを踏むと、瞬時に加速してくれるフィーリングは、モーターを使う ハイブリッド 車ならではのものでした。走りの良いハイブリッドです。

それでいて、燃費がいいのでお財布にも優しいですしね。

大きい体をしている割に、割とキュンキュンするような加速を見せてくれました。
轍の多い部分も安定感のある乗り心地!運転も安心です!

そうそう、高浦的クルマの見方って重要視するのはヘッドライトなんです!
今回のエクストレイルちゃんはSUV 独特の(個人意見)ごついイメージではなく、
クリスタルを連想させる形状と発光で結構タイプだったりします。

お顔も先代から比べてくると、すっきりツルっとしていていいですね。

しいて言えば『アゴ』が付いているエクストレイルは好きです。
世間で言う『アンダーカード』ってやつですかね(笑)

『アゴ』って言うと編集長に、
「この娘はアンダーガードも言えないのか」と突っ込まれるので、『アゴ』の発言はここで卒業します。

アンダーガード付きは、エクストレイル エクストリーマーXのことです。いい感じにゴツくて好きです。
特にあのカーキーカラーは、中間色大好き高浦にはたまらなくいいです。
(髙浦の愛車だったココアはベージュマイカ、現在の愛車ロードスターはカッパーレッドなり)
日産エクストレイル ハイブリッド
日産エクストレイル ハイブリッド
日産エクストレイル ハイブリッド

日産エクストレイル ハイブリッド価格

■日産エクストレイル ハイブリッド価格
●2WD
・20X HYBRID“エマージェンシーブレーキパッケージ” 2,804,760円
●4WD
・20X HYBRID“エマージェンシーブレーキパッケージ” 3,011,040円
・20X HYBRIDエクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ” 3,216,240円
・20X HYBRIDブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ” 3,240,000円

日産エクストレイルハイブリッド燃費、スペックなど

代表グレード 日産エクストレイル 20X HYBRIDエマージェンシーブレーキパッケージ 2WD
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,640×1,820×1,715mm
車両重量[kg] 1,570kg
総排気量[cc] 1,997cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm] 108(147) / 6000rpm
エンジン最大トルク[N・m(㎏-m)/rpm] 207(21.1) / 4400rpm
モーター最高出力 30kW(41PS)
システム全体[kw(ps)] 138kW(188PS)
ミッション CVT
JC08燃料消費率[km/L] 20.6km/L
定員[人] 5人
価格 2,804,760円
レポート 髙浦めぐみ
写真 編集部

【関連記事】

(レポート:高浦めぐみ

【オススメ記事】