【メルセデス・ベンツ C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 試乗記】EよりCクラス! お見事なCGIエンジンのマッチング! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【メルセデスベンツ】2010/01/06

燃費性能を追求したCGIエンジンを搭載する

メルセデス・ベンツ C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド エンブレム
 完全に出遅れていた輸入車勢のエコカー減税だけど、やっと最近になって対応できてきたし、なんとあのメルセデス・ベンツまで対象車を登場させて来たのには驚いた。それがE250 CGI ブルーエフィシェンシー/E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルドというのはご存じの通り。かなり話題になったし。で、もう1台CGIがあって、それがC250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド。で、話は複雑で、Eクラスはエコカー減税対象車なのに、Cクラスは対象外だったりするのだ。Cクラスのほうがもちろん小さくてEクラスよりもエコな感じはするだけに、正直驚いた。まぁ、車重が違うからなんだけど。
 この2台のCGI、肝心のエンジンは一緒で、1.8リッターのターボで204馬力。ミッションも5速ATと同じで、となると車載状態での味付けの違いは気になるところ。Eクラスはすでに乗っているし、さんざん紹介もされているので、あえて今回、Cクラスに乗ってみた。

メルセデス・ベンツ C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド 1.8リッター ターボ エンジン

メルセデス・ベンツ C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルドに搭載されるCGIエンジンは、燃費効率を最重視して開発された。フリクションロスを低減するため、あえて気筒数の少ない4気筒とし、さらに小排気量+直噴ターボで、燃費とパワフルな走りを両立させている。さらにエンジン自体の軽量&コンパクト設計なども低燃費に貢献している。

車重が軽い分Eクラスよりもスポーティさが味わえると高評価

メルセデス・ベンツ C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド エンブレム
 エンジン自体のフィーリング的にはまったく一緒で、ここぞというときのパンチはさすがターボで、低速でもしっかりとトルクがあるのも小排気量の直噴ならではといったところ。ミッションも5速ATならではの1速1速引っ張り気味に加速していく感じで、無理して7速AT化しなくてよかった典型だろう。と、かなりスポーティで、メルセデス本来の味わいとは違うかもしれないけど、これはこれでアリだと思う。とくに将来のことを考えるとなおさらだ。ちなみになかには気になるという人がいる音だが、Cクラスでもアクセルを強く踏むとヒューンという音が出るので悪しからず。
 で、トータルでのフィーリングを見ると、このエンジン、Cクラスのほうがマッチングは上だと思う。そもそも小排気量の直4をターボ過給すること自体、軽快なフィーリングなわけで、それに組み合わせるボディはやっぱり小さいほうがいいのは当然だ。CGI搭載車は価格も高めで、ベンツとてもエコカー減税が対象であれば買いやすくなるのかもしれないけど、ただ、車内の雰囲気などは、ほかのCクラスと同じなのはどう考えるかという部分ではある。純粋に走りを楽しみたい人。AMGみたいに過激じゃなくていいから、ここぞというときに鋭い加速力が欲しいというさり気ないスポーティを求める人なら、減税がないが、あえてCクラスを選ぶのもいいかもしれない。

メルセデス・ベンツ C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド&近藤暁史

小排気量のターボエンジンということで、軽快なフィーリングが味わえる。同じエンジンはEクラスにも搭載されているが、クルマとのマッチングはメルセデス・ベンツ C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルドが優れているように感じられる。

代表グレード メルセデス・ベンツ C250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4585×1770×1445mm
車両重量[kg] 1550kg
総排気量[cc] 1795cc(ターボ)
最高出力[ps(kw)/rpm] 204ps(150kw)/5500rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 31.6kg-m(310N・m)/2000〜4300rpm
ミッション 5速AT
10・15モード燃費[km/l] 11.2km/l
定員[人] 5人
税込価格[万円] 567.0万円
発売日 2009/8/25
レポート 近藤暁史
写真 佐藤靖彦

【オススメ記事】