プロトン サトリアネオ試乗評価 あなどれない!? 懐かしの日本車テイスト!? [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【その他】2013/03/07

 

 

今年で創立30周年! プロトンって、どこの国の自動車メーカーかご存知?

プロトン サトリアネオ

 日本に正規輸入されているけど乗れる機会がめったにないクルマって結構あるもの。

フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーや、ロールスロイスやベントレーといった超高級車なんかは乗ることはおろか、実物を拝む機会もそうそうありません。ディーラー(販売店)もあまり多くないし、もし近くにあっても試乗させてもらうのも気が引けちゃう。

お友達で乗っている人がいる、というような幸運でもない限り、なかなか運転させてもらえる機会がこないのですが、今回ご紹介する「プロトン・サトリアネオ」というクルマも、そんな超高級車たちに負けるとも劣らない、めったに運転できないクルマといえるのではないでしょうか?

そもそも「プロトン」って、どこの国の自動車メーカー? と思って調べてみると、1983年に設立されたマレーシアの会社でした。今年で30周年を迎える意外と歴史ある自動車メーカーで、マレーシア本国だけではなく、オーストラリアやイギリスなどでも販売しているそう。買収により、今ではイギリスのロータスの親会社でもあるそうですよ。

プロトン サトリアネオ

プロジェクタータイプのハロゲンヘッドライト(ロービーム)

プロトン サトリアネオ

真ん中に縦に3つ並ぶ大きなダイヤルはマニュアルエアコンの操作部

プロトン サトリアネオ

センター出しのマフラーはちょっと珍しい!?

 

3ドアハッチバック、5MT、1600ccDOHCエンジンと言えば?

プロトン サトリアネオ

 さて、そんなプロトンの「サトリアネオ」(サトリアという車のニューバージョン=ネオ、ということのようです)、日本では最近少なくなった3ドアハッチバックのマニュアル・ミッション車。

1600cc直列4気筒DOHCエンジンで前輪駆動という、昔ホンダ・シビックや三菱・ミラージュなどが元気だった頃盛んに使われた“ホットハッチ”と呼ばれるカテゴリーに入るような車です。

大きさも手頃で全長3,905mm、全幅1,715mm、全高1,420mm、ホイールベースは2,440mm。全幅の関係で3ナンバー登録となります。エンジンの最大出力は113ps(83kW)、最大トルクは15.1kgf・m(148N・m)で車重1,160kgの軽めのボディを引っ張ります。

現在、日本に輸入されている仕様は、ボディカラーが白(ソリッドホワイト)だけなこともあって、外観はプレーンで厭味を感じさせない清々しい印象。内装も同じくシンプルで使い勝手がよさそうな感じ。

ちょっとだけ異国を感じさせる部分といえば、縦に3つダイヤルが並んだエアコン操作部や文字部分が青く光るメーターといったところでしょうか。

プロトン サトリアネオ

キャラクターラインも控えめでサイドから見るとプレーンな印象

プロトン サトリアネオ

195/55R15のタイヤとスチールホイールの組合せが標準

プロトン サトリアネオ

ヘッドライトと意匠を合わせたリアランプ

 

かつての国産ホットハッチに通じる走り味!これはあなどれない!

プロトン サトリアネオ

 内外装より、エンジンや足回りにお金をかけていたのは、かつての国産ホットハッチも同じ。走りのテイストもまた、サトリアネオは国産ホットハッチを彷彿とさせるものでした。

「FF車のシフトってこんな感じだったよな!」と思い出させる少しふにゅっとしたストロークでギアを1速に入れ走りだすと、そこからはNAエンジンの気持ちよさを目一杯味わえます。

最近の車に多い、スタートダッシュをよく見せようとするような過剰な演出もなく、アクセルを踏めば踏んだだけ燃料を吹いてその分パワーが出てくる素直な感じ。すごく速いわけではないけど、自分の操作に車が忠実に反応し、思い通りに走らせていると思える運転感覚。

走っているうちにどんどん、免許取りたての頃味わった運転の楽しさというものを思い出して来ました。
結構あなどれないと思った車、プロトン・サトリアネオ。皆さんも機会があったら是非一度乗ってみて下さい。

プロトン サトリアネオ

ロータスの技術を使って開発されたDOHC1.6LのCAMPROエンジン

プロトン サトリアネオ

3本スポークステアリングと青く光るメーター

プロトン サトリアネオ

わりとゆったりめのスポーツシート。リアは6:4の分割可倒式。

 

プロトン サトリアネオ価格、スペック等

<プロトン サトリアネオtype A価格>
・1,596,000円(5MT)

代表グレード プロトン サトリアネオtype A
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 3,905×1,710×1,420mm
ホイールベース[mm] 2,440mm
トレッド前/後[mm] 1,470/1,470mm
車両重量[kg] 1,160kg
総排気量[cc] 1,597cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm] 83(113)/6,000
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 148(15.1)/4,000
ミッション 5速MT
タイヤサイズ 195/55R15
定員[人] 5人
税込価格[円] 1,596,000円
レポート 堂島 昭
写真 堂島 昭

プロトン サトリアネオ公式HP

(レポート:堂島 昭

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】