【無限 シビック タイプR 試乗記】これぞ究極のホンダイズム! NAエンジン界の純米大吟醸に酔いまくり! [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2009/08/15

チューニングの王道が随所に投入された仕上がりは高評価

 インサイトがメインとはいえ、ほかのモデルの無限仕様も用意されていただけに、これは乗らなきゃもったいない。ということで、選んでみましたシビック タイプR。ご存じの方も多いかと思うけど、シビック タイプRはノーマルからしてすでにチューニングカーレベルの味付け。キンキンと吹けるエンジンに、カチカチの足まわり。ボディ剛性も高くて微動だにしない。よくもまあ、市販化したものだというのが偽らざる感想だが、それをベースにさらに無限がどう仕上げているかが興味あるところ。
 試乗車の見どころをザッと紹介しておくと、エアロはバルジの入ったボンネットや大ぶりのパンパー。そしてリヤに目をやれば、大型のGTウイングやディフューザーなどを装備していて、かなりスポーティな仕上がりを見せる。迫力あるシルエットだけでも、車好きなら思わずウットリだ。
 そしてエンジンはマフラーだけでなく、ステンレス製のマニフォールドまで付く。ブレーキは高い冷却効率を誇る特殊な[逆ベンチ形状]を採用したアクティブゲートブレーキローターを採用しているのは無限らしいところだ。そしてシフトはクイックシフトが入れられ、ストロークが10ミリ短縮など、チューニングの王道(今では懐かしくもある) が随所に投入されている。

ノーマルとは別次元の走りは過激さ120%評価

 そしてその走りはというと、これが別次元。最初にズラリと手が加わった部分を列挙したのは、ひとつひとつがどうとかいう余裕がないから。サーキットなら、もっと余裕をもってチェックできるとは思うけど、公道では移りゆく景色からして速すぎ。方向性としてはノーマルの延長線上で、過激さ120%といったところか、まさに高評価さ。
 最初に紹介したように、もともとが市販車の枠を超えたクルマだけに、2割増しとはいえそのポテンシャルはメチャクチャ高い。とにかくエンジンは弾けるように、レッドゾーンまで吹ける。6000回転ちょいぐらいと思われるVTECの切り替えポイントからのさらなる伸びはまさに麻薬(やったことないけど)。サスペンションを含めた乗り心地は相変わらずのカチカチだけど、姿勢は一発で決まるし、そこからグイグイと巻き込むように曲がっていく。たとえアクセルを踏んでいようとも。
 もちろんブレーキも踏めばガツンと効いて、どこを取ってもスキはない。このままサーキットに持ち込んでも、なんの不安もなく、タイムアタックができるだろう。それほどまでに完成度は高くて、それを公道で乗れるなんて、よく考えたら今やとっても貴重な存在だと思う。これぞ、ピュアスポーツ。ホンダイズムとはなんぞや。やっぱりNAっていいですよね。
無限 シビック タイプR リヤ

どこから見てもまさにタイプR。独特の存在感があるし、チャンピオンホワイトのボディも含めて、どこを取ってもこれぞホンダイズム。

無限 シビック タイプR リヤスポイラー

GTウイングタイプのスポイラー。無限が作るだけに、ステーの処理などはしっかりとしているし、またウイング面は迎角可変式となっている。

無限 シビック タイプR マフラー

ディフューザー形状のアンダースポイラーから覗くのはステンレス製のマフラー。マニフォールドも含めて、トータルで排気効率を高めている。

無限 シビック タイプR 走り

さすがに段差があると、跳ねるけど、それ以外では路面に吸い付く感じ。硬いのに追従性が高いというのは、不思議なフィーリングではある。エンジンの軽快さはまるでバイクのようだ。

無限 シビック タイプR 走り

written by マッシュ近藤

(レポート:近藤暁史

【オススメ記事】