ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド新車試乗記・評価 超低燃費に高い安全装備、小さくても高級感あふれる新時代の低燃費コンパクトSUV [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2014/02/07

 

 

フィットベースのSUVながら、それをまったく感じさせないスタイル&パッケージング、クオリティに脱帽

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

 乗用車とSUVをクロスオーバーさせた新型車 ホンダヴェゼルが登場した。基本は都市型SUV とでもいうべきクルマだが、SUVをベースにミニバン 的な使い勝手の良さと、クーペ 感覚のパーソナル性を融合させて、1台のクルマに集約した。

このように、新型ホンダ ヴェゼル のように、いくつかの要素を兼ね備えた良いとこ取りのクルマを作ろうとすると、とかくいずれの要素も中途半端になりがちだったりするのだが、新型ヴェゼルはそれをうまくまとめている。

うまくまとまった要因は、外観デザインだ。フロント回りにSUVらしい力強さを表現すると同時に、緩やかに弧を描いたルーフラインはクーペを思わせるようなたたずまいを表現している。

新型ホンダ ヴェゼルのボディサイズは、全幅が1770mmの3ナンバー車だが、全長は4295mmで比較的コンパクトなサイズに収められた。フルモデルチェンジしたばかりのフィットと同じ基本プラットホームを採用することが、コンパクト なサイズに収まった理由である。

ヴェゼルのインテリアは、品質感にこだわった作り込みが注目される。ピアノブラック調のパネルを使ったコンソール、ステッチの入ったソフトバッドを使ったスライド式アームレスト、インパネ前面のソフトパッドなど、さまざまな要素がひとクラス上のSUVである雰囲気を演出している。

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

人気の中心はハイブリッドで、燃費とスポーティな走りは高評価。しかし、侮れないガソリン車の実力

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

 新型ホンダ ヴェゼルのパワートレーンは2種類で、1.5Lエンジンを基本に、1.5Lエンジン+電気モーターのハイブリッド車も用意される。しかし、実際の販売台数はハイブリッド車が圧倒的な比率で売れている。国内マーケットだけをみると、ハイブリッド車を作ると同時にガソリン車もとりあえず設定したという感じだ。

新型ヴェゼル ハイブリッド のハイブリッドシステムは、最新のフィット と同じi-DCDで、モーターを内蔵したデュアルクラッチを採用するのが特徴。ホンダが従来採用していたIMAに比べると、格段に高度なシステムになり、多くの走行シーンでEV走行も可能としている。

新型ヴェゼルでは、フィットに比べて車両重量が重くなるのに対応し、直噴化して動力性能を向上させたエンジンを搭載している。エンジンとモーターを合わせたシステムの出力は112kWだから、2000cc級のエンジンに匹敵する性能を持つ。

じんわりとアクセルを踏んで走り出すと、最初はモーターだけで動き出し、すぐにエンジンが始動する。振動や騒音でエンジンが始動したことがすぐに分かるが、このあたりはもっと静かでも良いように思う。

新型ヴェゼルの走り自体は、スムーズそのもので、デュアルクラッチにありがちな変速によるギクシャク感を感じさせない。これはモーター内蔵タイプであることが貢献している。

アクセルを踏み込んだときのパワーの盛り上がりは十分なものがあり、けっこう元気良く走らせることができる。SUVボディ対して、十分に見合った動力性能といえるだろう。

ガソリン車にも乗ってみたが、こちらも悪くなった。悪くないというより、相当に良かった。モーターのアシストがない分だけ動力性能は劣るのだが、ガソリン車は車両重量が軽いのでし、走りに遜色がない感じなのだ。

パワーウエイトレシオを比較すると、ハイブリッド車が11.6㎏/kWであるのに対し、ガソリン車は12.6㎏/kWだから、走りに遜色がない感じになるのも当然である。

新型ヴェゼルの初期受注では、ハイブリッド車が圧倒的に良く売れているというが、ガソリン車も案外捨てがたい魅力があるように思う。

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

やや硬めの足回りに納得ができれば買い! 高い安全装備にも注目!!

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

 今回は、他にハイブリッド車のグレード違いにも乗ってみたが、タイヤサイズの違いによって足回りの印象が大きく変わった。

最初に乗ったのが17インチタイヤの装着車で、後から乗ったガソリン車ともう1台のハイブリッドの4WD 車は16インチタイヤの装着車だった。

これらを乗り比べると、17インチタイヤを履いた仕様は乗り心地が硬すぎる印象で、ロードノイズも大きめに感じられた。それに対して、16インチタイヤを履いた仕様は乗り心地でも騒音レベルでも好感が持てた。乗り心地や静粛性、操縦安定性などがうまくバランスされていて、全体としてちょうど良い具合に仕上がっていたからだ。

17インチは、走り志向のダンロップSPスポーツMAXXで、16インチは燃費志向のエナセーブであったことも関係しているだろう。ヴェゼルにスペシャリティカー的な要素を加えるために、スポーツタイヤを選択したようだが、これは必ずしも成功していなかったと思う。

新型ヴェゼルには、オデッセイに続いて韓国で生産されたザックス製のダンパーを使っている。ショーワ製のダンパーに比べるとコストがかかっているとのことだが、その割に乗り心地が良くなかったのは、スポーツタイヤとのマッチングが十分ではなかったのだろう。

上級グレードを選ぶと、自動的に17インチタイヤになってしまうので選び方が難しいが、お勧めは16インチタイヤ装着車だ。

今回のヴェゼルには、アクセルの踏みすぎを抑えて燃費の貢献するリアクティブフォースブレーキを始め、電子制御パーキングブレーキなどの最新装備も用意されている。さらに、主要グレードには追突軽減ブレーキとSRSサイド&カーテンエアバッグをセットにしたあんしんパッケージも標準で付く。

そのために価格設定が、かなり高めになっている面もある。充実装備のクロスオーバーモデルとはいえ、2.0Lエンジンを搭載したスバル のXVハイブリッドと大差のない価格になっているからだ。このあたりは良く迷って選ぶと良い。

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

新型ホンダ ヴェゼル(VEZEL)価格

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

■ホンダ ヴェゼル価格
<ヴェゼル ガソリン車>
G FF 1,870,000円
X FF   2,010,000円
S FF 2,120,000円
G 4WD 2,080,000円
<ハイブリッド>
HYBRID  FF 2,190,000円
HYBRID X FF 2,350,000円
HYBRID Z FF 2,500,000円
HYBRID  4WD 2,400,000円
HYBRID X 4WD 2,560,000円
HYBRID X Lパッケージ 4WD 2,680,000円

ホンダ ヴェゼル燃費、ボディサイズなどスペック

代表グレード ホンダ ヴェゼルハイブリッドX FF
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,295×1,770×1,605mm
ホイールベース[mm] 2,610 mm
車両重量[kg] 1,280kg
総排気量[cc] 1,496cc
エンジン最高出力[kW(ps)/rpm] 97[132]/6,600rpm
エンジン最大トルク[N・m(㎏-m)/rpm] 156[15.9]/4,600rpm
モーター最高出力[kW(ps)] 22(29.5)
モーター最大トルク[N・m(㎏-m)] 160(16.3)
システム全体出力[kW(ps)] 112(152)
ミッション 7速DCT
JC08燃料消費率[km/l] 27.0km/l
バッテリー 種類/容量(Ah) リチウムイオン/5.0
価格 2,350,000円
レポート 松下宏
写真 ホンダ
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

 

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

ホンダ ヴェゼルガソリン車画像

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)/ヴェゼル ハイブリッド

【関連記事】

(レポート:松下 宏

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】