ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)新車試乗評価 驚きの積載性能を実現したミラクル軽自動車 [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【ホンダ】2012/09/12

 

ホンダN BOX+カスタム

積載性能クラスナンバー1の実力をもつN BOX+。しかし、巨大なバックドアが・・・、

 軽自動車の中で、飛び抜けたクルマとして人気を集めているホンダN BOXに続き、ホンダN BOX+がデビューした。N BOX自体が超ハイト系のボディの中に軽自動車でトップの広々とした居住空間を持ち、トップレベルの動力性能を持つエンジンを搭載するなどして人気を集めていると評価だ。

そのホンダN BOXに対し、さらに広い居住空間を持つクルマとして仕上げられたのがN BOX+だ。いろいろ積める、ラクラク乗せられる、伸び伸び泊まれるが基本コンセプト。

ベースのN BOXに対しての違いは、後席のシートを少し前に配置することで、後部に大きなラゲッジスペースを作ったほか、荷室の床面を斜めに傾斜させることで重量物を積みやすくした。さらに、後席のシートを倒すと190cmの人が横になれるほどの空間を作っている。

遊び道具を積んでアウトドアへ出かける人、あるいは出かけた先で車中泊をしたい人に絶好のクルマといえる。

この空間は、N BOXをベースにして車椅子仕様の福祉車両を作れないか、ということから発想され、実現されたものだという。実際、車椅子仕様車も設定される予定だ。

この後部空間の使い勝手を実現するために、N BOXよりも大きなバックドアが用意された。N BOXで48cmだった開口部の地上高がN BOX+では33cmとさらに15cmも低くなっている。その分だけ縦方向に大きなドアが設定された。

ただ、縦開きの大きなバックドアは必ずしも良いことばかりではない。N BOXでもそうした傾向があったが、後部に十分なスペースがないところではバックドアを開けられない。

また、開けるときには、レバーを操作した後で競り上がってくるドアから逃れる必要がある。そのためにドアもゆっくり開くようになっているが、大きなドアにはメリットと同時に一定のデメリットがあることも理解しておこう。

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

ホンダN BOX+カスタム 2トーンカラースタイル

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

 

多くの荷物を積載、ファストカーとして余裕の走りを望むなら、ターボモデルがオススメ

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

 N BOX+には、外観デザインの違いによって標準系とカスタム系があるのはN BOXと共通。N BOXでは標準車には、ターボ仕様のエンジンが搭載されなかったり、あるいはフロントに過度なクルマの傾きを抑制するスタビライザーが装着されないなどの違いが設定されていたが、N BOX+では標準系のモデルにもターボ仕様のエンジンが搭載され、全車にスタビライザーが装着されている。

試乗は自然吸気エンジンの搭載車と、ターボ仕様エンジンの搭載車の両方を試した。自然吸気エンジンの搭載車でも必要十分な動力性能を備えているものの、走り余裕ということになるとちょっと物足りない感じもある。

タウンユース限定で使うようなユーザーなら、自然吸気エンジンの搭載車でも良いが、このクルマをファーストカーとして使い、ときには高速道路を走る人や、あるいはいろいろな荷物を積んで出かけるような人には、ターボパッケージの装着車をお勧めしたい。

ターボパッケージの装着車になると、ボディの重さを苦にしない余裕の走りを見せる。高速道路での合流や追い越し加速なども余裕でこなすだけの力強い走りだ。

ターボ車も無段変速のCVTが組み合わされているが、同時に7速のマニュアルモードも設定されていて、これを選択すれば積極的な走りが楽しめる。静粛性が高いとまではいえないが、軽自動車としてはまずまずのレベルにあると評価したい。

足回りはスタビライザーの装着が貢献して、標準車も割としっかりした感じの走りを見せる。全高の高いクルマでアイポイントも高いので、それなりのロール感はあるものの、抑制の効いた緩やかなロールなので安定感がある。特にターボ仕様の足回りに落ち着きが感じられた。

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

 

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

 

徹底的にN BOX+のパフォーマンスを生かし切れないと、少々割高な軽自動車となる

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

 N BOX+は、N BOXに比べると車両重量が70kgほど重くなっている。これは走りに影響を与える要素だし、燃費もやや悪化している。また、価格設定もN BOXに比べて10万円以上高くなる。これらを考えると、N BOX+は後部のスペースを本当に必要とする人のためのクルマだ。普通のユーザーにはN BOXで十分だと思う。

N BOX+にはN BOXにない2トーンカラースタイルの設定がある。これはカスタム系ではなく標準系のみの設定。これは、ルーフ部分を黒または白に塗り替えるほか、インテリアの仕様にも違いが設けられている。5万2500円の価格差でこれだけの仕様の違いが手に入るなら、2トーンカラースタイルを選びたい。

ただ、標準系でG・ターボパッケージを選び、さらに2トーンカラースタイルにすると、FF車でも164万2500円という軽自動車とは思えないような価格になる。本当にN BOX+の機能が必要な人にだけお勧めというのは、この価格設定が理由。全車に横滑り防止装置のVSAが標準装備されるなど、充実した仕様が用意されているのだが、その分だけ価格が高いのも事実である。

N BOX+は、いろいろな意味で良くできたクルマなのだが、価格を考えると購入を迷ってしまう部分がある。車椅子仕様車を選択すると、さらに高くなるし、200kgの荷重に耐えるアルミ製のスロープは13万6500円もするオプションであるなど、気軽に買えるクルマではないのも事実である。

クラスナンバー1スペックで勝負するスパーハイト系軽自動車【ホンダN BOX試乗記】

<ホンダN BOX +価格>
・G FF 1,350,000円
4WD 1,470,000円
・G・Lパッケージ FF 1,460,000円
4WD 1,580,000円
・G・ターボパッケージ FF 1,590,000円
4WD 1,710,000円

<N BOX + 2トーンカラースタイル価格>
・G・Lパッケージ FF 1,512,500円
4WD 1,632,500円
・G・ターボパッケージ FF 1,642,500円
4WD 1,762,500円

<N BOX + カスタム価格>
・G FF 1,540,000円
4WD 1,660,000円
・G・Lパッケージ FF 1,650,000円
4WD 1,770,000円
・G・ターボパッケージ FF 1,750,000円
4WD 1,870,000円

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

 

ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)
ホンダN BOX+(エヌボックスプラス)

【関連記事】

(レポート:CORISM編集部

【オススメ記事】

【関連記事】

【オススメ記事】