【スバル フォレスターtS 試乗評価】SUVでここまでやるか!? [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【スバル】2011/03/29

チューニングカーにありがちな”子供っぽさ”は微塵もない

スバル フォレスターtS 走り 画像
 tS仕様といえば、スバルのスポーツグレードをベースに、STIがさらにスポーティに仕上げているスペシャルモデルだ。以前、登場時に試乗なしで紹介だけしたフォレスターtSに試乗する機会があったのでレポートしよう。
 STIが掲げるコンセプトはズバリ、「強靱でしなやかな走り」。SUVにそんなの……、と思いきや逆転的な発想で期待感が高まるのも事実だ。まず外観上の装備としては、17インチのSTI製ホイールやスポーツマフラー、フロントスポイラーを専用としている。加えて、STIチューニングのダンパーや15ミリローダウンのスプリングで足回りを引き締めている。ボディ剛性を高めるべく、フレキシブルタワーバー・フロント、フレキシブルサポート・リヤを組み込んだほか、新開発のフレキシブルドロースティフナー・リヤなども付く。ブッシュのセッティングするなど、かなりの本気度だ。
 となると、走りも異次元。下からモリモリとパワーが出る感じで、踏んだところからストレスなく、加速していく。アッという間に制限速度まで行ってしまうほどだ。ボディ剛性、そして足回りについてもガッチリとした頼もしさが出ていて、SUVにありがちな緩い感じはまったくなく、これはまるでスポーツカーといっていいほど。
 とはいえ、チューニングカーのようなガチガチで我慢して乗るというのではなく、スキがなくなって安心感が増したといったほうがよく、しっとりした感じもうまく出ているから子供っぽさもなし。じつはこのあたり、STIの狙い所らしく、走り好きの大人向きの味付けといっていいと評価できる。

スバル フォレスターtS 走り 画像

代表グレード スバル フォレスターtS
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4560×1780×1660mm
車両重量[kg] 1540kg
総排気量[cc] 2457cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 263ps(193kW)/6000rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 35.4kg-m(347N・m)/2800-4800rpm
トランスミッション 5速AT
定員[人] 5人
消費税込価格[万円] 362.25万円
発売日 2010/12/24
レポート 近藤 暁史
写真 オフィスマッシュルーム

【関連記事】

(レポート:近藤暁史

【オススメ記事】