【プジョー 207 試乗記】プジョーらしさアップ、価格はダウン![CORISM] [CORISM]

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
【プジョー】2009/12/28

マーナーチェンジで洗練されたデザインに高評価!

プジョー 207 リヤビュー
 プジョーのエントリーモデルでもあり、中核にも位置するのが207だろう。サイズ感も日本人にピッタリであり、プジョーのエッセンスが手頃に味わえる。その207がマイナーチェンジを行なって、装いも新たに登場した。
 まずはプジョー207の見た目だが、フロントまわりは従来2パターンだったのが、3パターンへと細分化。少々押し出しが強かったエンブレムまわりも少しソフトな感じに変えられている。一方、リヤに関してはランプをLED化するなど、細かく手が加わった。そのほかフォグランプの位置が変更されたり、メッキパーツが追加されたりと、全体的なイメージとしてはより洗練された感じで、いわゆる日本人が抱くプジョーに対するイメージに沿った進化と評価していい。
プジョー 207 フロントビュー

今回のマイナーチェンジで、グレードごとに3タイプのフロントマスクが与えられた。プジョーらしい演出も随所にちりばめられている。

プジョー 207 リヤビュー

リヤビューでは、リヤコンビランプを LED式の新デザインのものに変更。いかにもフランス車らしい、お洒落な雰囲気が感じられる。

プジョー 207 フロントマスク

攻撃的なイメージのあったフロントマスクは、エンブレムまわりを中心に、ソフトな印象が与えられた。一方、ツリ目のヘッドライトは健在。


プジョー 207 1.6リッター エンジン

プジョー 207に搭載されるエンジンは1.6リッター(写真)がメイン。スタイルには1.4リッターもあり、想像以上にキビキビ走れる。

プジョー 207 シフトレバー

ミッションはマニュアルモード付きの4速 ATを採用し、スポーティな走りも楽しめる。スタイルの1.4のみ2ペダルMTの5速RMTを搭載する。

プジョー 207 16インチタイヤ&アルミホイール

上級グレードのプレミアムとシエロ(写真)は、16インチタイヤが標準。スタイルは15インチとなるが、こちらもしっかりしたハンドリングを実現。

プジョー 207 走り

フランス車 プジョー 

代表グレード プジョー 207 スタイル1.4
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4045×1750×1480mm
車両重量[kg] 1170kg
総排気量[cc] 1360cc
最高出力[ps(kw)/rpm] 88ps(65kw)/5250rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm] 13.6kg-m(133N・m)/3250rpm
ミッション 5速RMT(2ペダルMT)
10・15モード燃費[km/l] 14.1km/l
定員[人] 5人
税込価格[万円] 189.0万円
発売日 2009/10/5
レポート 近藤暁史
写真 近藤暁史

約10%の値下げで200万円を切る戦略的価格設定!

プジョー 207 ステアリング
 内装に関しては、シート地が3タイプ。形状は2タイプなど細かい設定がされているが、結局のところ、この点がグレードの違いの大きなポイントといってよく、一見すると複雑に見えるが好みでそれぞれ選んでいくと、自然に自分にマッチしたグレードに出会えるはずだ。今回はシエロを試乗してみたのだが、インパネまわりの風景は毎度のプジョースタイルで、少々アバンギャルドも入っていて、フランス車らしさいっぱい。動力関係には手が加えられていないことになっているが、心なしかエンジン音がマイルドになっている気がした。気がしただけかもしれないが、「アナウンスなく確実に進化している」のもプジョーの企業姿勢というから、あながち気のせいではないかもしれない。
 そして今回のマイナーチェンジ最大の注目点といってもいいのが、価格設定。販売的なテコ入れに対して、為替が追い風になったといっていいのかもしれないけど、とにかく安くなった。全体的に約10%下げられていて、試乗したシエロは17万円も安くなって249万円。そして注目すべきはベーシックモデルのスタイルで、200万円を切るプライスとなったのには驚くばかり。5速の2ペダルMTをもつ 1.4は189万円(21万円ダウン)で、新たに追加された1.6でも199万円となっている。欧州のコンパクトハッチ。とくにベーシックグレードはこうでなくっちゃで、シンプルなのを気軽に足として使うにはもってこいだ。
プジョー 207 インテリア

アバンギャルドな雰囲気のプジョーらしいテイストのインテリア。実用車らしく、小物の収納なども充実している。

プジョー 207 フロントシート

シートの出来はとてもいい。しっかりと体を包み込んでくれるので、長時間乗っていても、疲労感は非常に少なく快適だ。

プジョー 207 リヤシート

リヤシートも十分なスペースが確保されている。足元や頭上のスペースにも余裕はあり、大きな不満は感じられない。


プジョー 207 メーター

メーターはシンプルなデザインながら、メッキリングを採用するなど、質感も高い。もちろん視認性にも優れている。

プジョー 207 ラゲッジ

ラゲッジスペースは実用十分なスペースがあり、使い勝手はいい。開口部も大きく、荷物の積み下ろしはしやすい。

プジョー 207 ラゲッジ

リヤシートを倒せば広いスペースが現われる。だが、フロアに段差ができてしまうのが残念な部分といえるだろう。

プジョー 207 走り

猫足と呼ばれるしなやかで快適な乗り味が207最大の魅力といえる。ハンドリングのしっかり感もあるので、ホットハッチ的な走りも楽しめる。スペック上、エンジンに変更はないが、細かい改良は施されているようで、サウンドが少しマイルドになった。

written by マッシュ近藤

【オススメ記事】